サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銀砂糖師と緑の工房(角川ビーンズ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川ビーンズ文庫
  • サイズ:15cm/254p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-455044-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫 シュガーアップル・フェアリーテイル)

著者 三川 みり (著)

王家が認めた砂糖菓子の作り手・銀砂糖師の称号を手に入れたアン。けれどその陰には、アンのために、ペイジ工房の娘・ブリジットに自らを売ったシャルの犠牲があった。シャルを取り戻...

もっと見る

銀砂糖師と緑の工房 (角川ビーンズ文庫 シュガーアップル・フェアリーテイル)

562(税込)

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と緑の工房

540 (税込)

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と緑の工房

ポイント :5pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「銀砂糖師と緑の工房」が含まれるセット商品

銀砂糖師と黒の妖精 (角川ビーンズ文庫) 15巻セット(角川ビーンズ文庫)

銀砂糖師と黒の妖精 (角川ビーンズ文庫) 15巻セット

商品説明

王家が認めた砂糖菓子の作り手・銀砂糖師の称号を手に入れたアン。けれどその陰には、アンのために、ペイジ工房の娘・ブリジットに自らを売ったシャルの犠牲があった。シャルを取り戻すため、アンは工房へ乗り込むが、砂糖菓子職人の大派閥であるはずのペイジ工房は、なんと没落寸前。工房を立て直せたら、シャルを返すと言われたアンは!?個性的なペイジ工房の職人たちと、アンの新たな挑戦スタート!!待望の第四弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.3

評価内訳

2011/05/30 14:21

投稿元:ブクログ

前巻でアンは念願だった銀砂糖師になったから、この巻でシャルを取り戻して完結しちゃったら淋しいなぁ…とか思ってたけど、銀砂糖師を探す(?)戦士妖精に、部屋に引きこもるブリジットの前に現れた美しい妖精。
謎の妖精が2体も現れて、まだまだ話が続いてくれそうでちょっとひと安心^^

今回はブリジット以外、アンに敵意や悪意を向ける人がいなかったし、何より、ペイジ工房の職人たちは個性的だけど、皆、良い人ばかりだったから、いつもより心穏やかに読めた気がする。
でも、次巻への布石になっている2体の妖精がもし同一人物だったら、次はちょっと荒れそうな予感…(-"-;)

2011/04/25 18:34

投稿元:ブクログ

久しぶりにライトノベル読んだ気がする。このシリーズで今作は一番安心して読めた。この作者は人の悪意の描写がとてもリアルだ。こっちが気分が悪くなるくらいの悪党を描くのがうまい。それでもこの本を読むと主人公のひたむきさに誇りに胸を打たれる。世界の全貌は明らかになっていない。続きを楽しみに待ちます。

2013/04/07 01:10

投稿元:ブクログ

http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-361.html

2011/08/19 16:50

投稿元:ブクログ

“アンは驚いた。
「そうか……。ほんとうに、そうよね……誰が?ていうか、どうやって……?」
――銀砂糖は最初に誰が作ったの?妖精が作ったって言われてるけど、妖精の誰が作ったの?どうやって!?
見慣れた風景の前に突然、未知の扉が開いたようだった。
銀砂糖は、最初の一握りの銀砂糖がなければ精製できない。けれど最初の一握りの銀砂糖も、銀砂糖がないとこの世に出現しない。銀砂糖は一体どうやってこの世に現れたのか。
それはいいようもなく不可思議な事実だ。なにかの魔法か、奇跡か。人間が知らない、妖精の神秘の技法か。想像するだけで、心が躍った。
「だから最初の銀砂糖には、得体が知れないものって意味もある。あなたは、ただ物珍しいから、期待されているだけよ。実力を買われたわけじゃない。そんな人に、なにができるの?」
最後のブリジットの言葉は、嫌味だろう。くどくどしくて攻撃力に欠けるので、嫌味としては不出来だ。だが嫌味には違いない。
けれどアンは、それどころではなかった。知らされた事実に興奮していた。
「気がつかなかった、今まで!」
「そうよ、だから」
「よく考えればわかったことなのに。わたし今まで、考えた事なかった。ブリジットさん、最初に銀砂糖を精製した人は、ほんとうにどうやって精製したの!?」
問うと、ブリジットは一瞬、なにを問われたのかわからないようにきょとんとした。しかしすぐに、かっとしたように怒鳴った。
「わたしが知るわけないじゃない!?」
彼女の怒声で、はっとする。
――あ…………。怒ってる。
当然だろう。馬鹿にされたと思ったに違いない。
「ご、ごめんなさい。つい」
あせって謝ると、ブリジットの背後で、シャルがくっくと笑いだした。”

どうしようアンがめちゃくちゃ格好いい。
アンがシャルを助けるその言い分とか。キャットの親切を断った理由とか。
彼女は本当真っ直ぐで折れることもあるけれど強いなぁ。
シャルの心境の変化も楽しい。動揺とか葛藤とか。
エリオットは結局、んー、良い人なのかな。中身が読めないけどそこまで悪人でもない。
ブリジットと、幸せになってくれたらとても嬉しいのだけど。

“「ほんとうに、無事でよかった。ありがとうシャル。いつも、守ってくれてる」
力の弱いアンは、シャルと一緒にいれば常に守ってもらうしかない。それはわかっているし、甘えてはいけないと思う。でもシャルが嫌だと言わない限りは、自分からシャルのそばを離れることはできない。もし離れてしまったら、恋しくて恋しくて、どうにかなってしまう。
ずっとシャルの優しさに甘えて、そばにいる自分の身勝手さを感じる。だからできるだけ、彼に負担をかけないようにするしかない。そしてただ感謝して、シャルがアンのそばにいてもいいと思ってくれる気まぐれが、ずっと続くように祈るしかない。
シャルの羽を握ってひきとめるようなことは、アンにはできない。
「待っててくれて、ありがとう。やっと羽を返すことができるね。シャル。あなたのもの」
���の入った袋を、アンは手を伸ばしてシャルの首にかけた。シャルは微笑んだ。すこしかがみこむと、両掌でアンの頬を包む。そしてゆっくりと顔を近づけた。
「助けられたな」
彼の吐息が、アンの唇に触れた。落ちかかる髪が、さらりとアンの頬に触れる。背すじがしびれるような艶がシャルの瞳にやどり、それに射すくめられて、体の自由がきかなくなる。
「これでおまえは、自分の力で銀砂糖師になったと言える。胸を張って名乗れ。銀砂糖師と」
しばらくなにかを迷うように、シャルは動かなかった。それから思いなおしたように、彼の唇はわずかに位置を変えてアンの額に口づけた。
「銀砂糖師となったおまえに、祝福を」
囁きは優しく、甘かった。
アンは銀砂糖師になった。
飾り蠟燭の炎が揺らめき、聖堂はやわらかな光に満たされている。この世にいるのはたった二人だけだと錯覚しそうなほどに、静かだった。”

2011/06/02 10:54

投稿元:ブクログ

シュガーアップルシリーズ第四巻。

ついに念願の銀砂糖師の称号を手に入れたアン。しかしその受章の影には、シャルに恋するブリジットに自ら羽を渡し、自由を失ったシャルの犠牲があった。
シャルの羽を取り戻すべく、アンはブリジットの居る砂糖菓子職人界の大三派閥のひとつとされるペイジ工房へ乗り込んでいく。
しかし、そこには病床の長とたった五人の職人がいるだけの、とても歴史ある工房とは思えない姿が広がっていた。
工房の長の一人娘、ブリジットからシャルの羽を返してもらうために、ペイジ工房で働くことになるアン。
没落寸前の工房を、銀砂糖師になりたてのアンは立ち直すことができるのか…?

前回の終わり方があんまりだっただけに、読み終わってすぐに四巻を開きました。
CMを挟んで再開したみたいに違和感なくストーリーが続き、すぐにまたハラハラドキドキの連続。
ペイジ工房の個性豊かな職人たちや、三派閥のしがらみ、アンとシャルの関係や、ブリジットの恋心など、なだれ込んでくることがもう盛りだくさんで、本を閉じてもこの世界観から抜け出せない。
どの巻にも増して夢中で読みました。誰もかれもの心情がほんのりと伝わってくるだけに、切なかった…。
特にアンとブリジットの譲れない恋心とか、エリオットの本心とか。
一部の誤植にはちょっと吹き出しましたが…(笑)
いろいろとぶつかりながらも最後にはペイジ工房の職人として、一丸となって砂糖菓子を作り上げていく皆の姿に、今回の登場人物全員が好きになりました。
教会に並んだ砂糖菓子、きれいなんだろうなぁ…。

しかし、最後の最後でそう簡単にハッピーエンドといかないのがシュガーアップル。
これは続きが気になりますね…五巻発売は八月ということで。この夏は、アンの居ない夏になってしまうのか(´;ω;)猛暑を乗り切る糧が…。
それでも待ち続けます。アンが作る砂糖菓子が、皆に幸せを与えてくれることを願って。

2013/07/21 02:59

投稿元:ブクログ

砂糖林檎4巻、3巻からの続きです。
なんかもうあの、シャルがデッレデレなんですけど、あの。

アンはシャルを助けるためにペイジ工房で働くことになります。
同じ場所にいるのに、会えないってのはつらいよね。まあデレデレなシャルが会いに行っちゃうんですけど。

ブリジットを見ていると、よくも悪くも人間と妖精の関係性ってのが見えてくるように思えます。
人間から見て、妖精はやっぱり使役されるもの。なのかなあ。

2014/02/07 06:50

投稿元:ブクログ

思った程悪い展開にはならなかったから、そこはほっとした
伯妖みたいな展開にはそうそうならないか

ミスリルが言うところのアンのかかし頭が発揮されて、向こう見ず具合が若さゆえなところだと分かっていても、馬鹿だなぁと思わずには居られなかった
工房の人達が優しい人達ばっかりでよかったよね、ほんと

それにしても緑どこいったってくらい白のイメージしか残らなかったんだけど・・・ブリジットの目とアンの砂糖菓子だけだよね、緑色だったの
あと、雪の塔が予想と大分違った 挿絵のは、あれじゃぁクリスマスツリーだよ?
挿絵とイメージがなかなか合わないから困る キャットも彼の性格からうけるイメージと挿絵のイメージが全然合わないし 残念ながら挿絵と相性がよくないようだ
一方で、シャンがアンの元に戻ってきて泣いちゃうミスリルとか可愛い
それからナディールと、あとヴァレンタインも結構好き、ってかペイジ工房の職人さん達のキャラ結構好き 
エリオットの好感度は少し上がったよ アンの呼び込み方はやっぱ卑怯だけど

そして、作者さん、次に引っ張るという技を身に付けましたね
でも前作より区切りいいし、もう眠いし、続きはおきてからにしよう

2011/05/30 12:37

投稿元:ブクログ

アンを追い返すつもりで来たシャルが、アン自身が銀砂糖師を名乗るためにシャルを助けたいって聞いて、ならとめられない、待ってるって言いだすあの流れが好きだー!

ペイジ工房の人みんないい人だし次も楽しみ

2011/04/03 22:21

投稿元:ブクログ

そしてあの衝撃的な状態からの続き。
本当にその続きでした。
何やら、次の週にドラマの続きを見ている気分で…w

この1冊で『自由』を取り戻せるのか否か。
もう急ぎながら、見落としがないよう読みながら
可能な限りのスピードで読み続けました。
あぁよかった、と思いつつ、また妙な所で…。

最後のは何でしょう?
道にいたのの仲間、のようなものでしょうか?
それとも別の工房か何か?
それとも…??

続きが地味に気になります。
そして仲が進展するのかも気になります(笑)
そしてぬるま湯彼女も気になります。
また、波乱万丈状態、ですね。

2011/05/01 19:54

投稿元:ブクログ

ついに念願の銀砂糖師の称号を手に入れたアン。
しかしその陰には、アンのペイジ工房の娘・ブリジットと取引したシャルの犠牲があった。
シャルを取り戻すため、ペイジ工房へと乗り込んだアンだったが、砂糖菓子職人の大派閥であるはずのペイジ工房は、なんと没落寸前だった――。

面白かった!
アンとシャル、主にシャル→アンの気持ちがぐっと深まったのが分かったし、アンがペイジ工房のメンバーと新聖祭に向けて協力して砂糖菓子を作っていく過程がとってもワクワクして良かった。
今までの中で一番好きな巻かも。

新たな妖精の登場がちょっと不安なとこだけど、アンにはもうしばらくペイジ工房で頑張って欲しいなぁと思いました。

2011/04/03 00:28

投稿元:ブクログ

シャル奪還話。面白かった!
職人としての力量で取り戻したい、取り戻すっていうのがいいなぁ。
今回の話読むとブリジットもなんだか可哀相な子だな…ちょっとづつ歯車がずれている様な感じ、と思いつつもやっぱり駄々っ子なお子様だなブリジットww
赤いのといい最後の妖精といい、また次の巻に持越しで続きが気になる。

2012/09/09 01:30

投稿元:ブクログ

今回はシャルのために、ペイジ工房のために、と奮闘するアンでした。前巻と比べて嫌な性格のキャラも居なかったし、大変なのは変わってないがほのぼのとしていた。
相変わらず砂糖菓子の描写は繊細で、作中に職人によって様々な砂糖菓子が登場したが、どれもきれいに伝わってきた。
新たな戦闘妖精の登場、ブリッジットは誰と出会ったのか、次巻も楽しみ。

ブリジットとエリオットは・・・・仲良くならないんでしょうか・・・。

2011/04/04 08:20

投稿元:ブクログ

この本は面白かった。

砂糖菓子師として誇りを持って働くアンが良かったです。

今後に期待。

2014/06/13 21:59

投稿元:ブクログ

第四巻。本当に面白くて今まで出たシリーズをセットで買っちゃった。今回のシャルにも惚れちゃった。「待ってる。」だだこの一言だけでもう愛しくてどうしようもないよ><第四巻を読み終わっても、やっぱりブリジットは好きになれないな。彼女もかわいそうだけど。残念。

2011/05/16 07:42

投稿元:ブクログ

前巻で銀砂糖師となったアン。
シャルを取り戻すためにペイジ工房へ。

今回は社会人の方が身に染みるかも。
顧客が本当に求めるものとは。チームワークとは。

素敵なお話でした。

角川ビーンズ文庫 ランキング

角川ビーンズ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む