サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白薔薇の女王 下(MF文庫ダ・ヴィンチ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

白薔薇の女王 下 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

著者 フィリッパ・グレゴリー (著),江崎 リエ (訳)

1471年、夏。エドワード4世はウォリック伯を退け、平和が訪れる。エリザベスは王子を授かる。だが、幸せな日々は長く続かなかった。自分の弟を、息子を、陥れた男たちに対して、...

もっと見る

白薔薇の女王 下 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1471年、夏。エドワード4世はウォリック伯を退け、平和が訪れる。エリザベスは王子を授かる。だが、幸せな日々は長く続かなかった。自分の弟を、息子を、陥れた男たちに対して、エリザベスはひそかに呪いをかけるが…。英国王室史上最大の謎「ロンドン塔の悲劇」の真実を描いた、歴史エンタテインメント長編。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/08/23 11:38

投稿元:ブクログ

森川久美の「天の戴冠」を詳しく解説してもらったようでした。系図から省かれていますが、廃位されたリチャード?世から、エリザベス?世までの間のイギリス王家の歴史を彩る紅白の薔薇。そして残された薔薇の色は血よりも濃い色をしてましたとさ。薔薇戦争シリーズと「ブーリン家の姉妹」を読んでみたくなりました。

2014/01/22 21:22

投稿元:ブクログ

「ブーリン家の姉妹」の前夜を描く作品。
エドワード4世の時代の薔薇戦争の物語だが、身内同士で憎しみ戦う様子はすさまじく、英国王室の悲劇である。
英国の王室の歴史物語はフィリッパ・グレゴリーがおもしろい。

2015/05/17 15:02

投稿元:ブクログ

下巻はテュークスベリー以後の話。こちらの方が上巻より物語の背景で起こっている事件が策謀渦巻く感じで面白い。が、いかんせん主人公がどこかに隠れてばかりの王妃なので戦場や議会等の歴史の表舞台のことは伝聞レベルの描写になるので物足りない。原文がそうなのか訳出の段階か分からないが、エドワードとエドムンド兄弟の順番やグレイの兄弟の順番がところどころ間違っているのが気になった。
17世紀の歴史家サー・ジョージ・バックが発見したと主張したエリザベス・オブ・ヨークがノーフォーク公に宛てて書いたとされる手紙の文章がうまく使われていたところと、ロンドン塔の2王子の殺害犯はバッキンガム公とヘンリー・テューダーだと思うとエリザベス・ウッドヴィルに言わせたところは作中のお気に入りの場面。
伏線が未回収のままボスワースの戦いの前で本作は終わり。最後まで読んでもついに魅力を感じられなかった主人公のエリザベス・ウッドヴィルにに比べて娘のエリザベス・オブ・ヨークの方が良いキャラなのでシリーズの次作が気になるが邦訳が出ていない。