サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. とんでもなく役に立つ数学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

とんでもなく役に立つ数学

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 45件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00575-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

とんでもなく役に立つ数学

著者 西成 活裕 (著)

未来予測から人間関係のトラブル、イライラする大渋滞、そして新しい経済のかたちまで、数学を使えば解決策が見えてくる。“渋滞学者”がまったく新しい数学との付き合い方を高校生に...

もっと見る

とんでもなく役に立つ数学

1,512(税込)

とんでもなく役に立つ数学

1,058 (税込)

とんでもなく役に立つ数学

ポイント :9pt / 紙の本より454おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

未来予測から人間関係のトラブル、イライラする大渋滞、そして新しい経済のかたちまで、数学を使えば解決策が見えてくる。“渋滞学者”がまったく新しい数学との付き合い方を高校生に語った特別授業をベースに書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西成 活裕

略歴
〈西成活裕〉1967年生まれ。東京大学工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。同大学先端科学技術研究センター教授。専門は数理物理学、渋滞学。「渋滞学」で講談社科学出版賞などを受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー45件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

生活に活用できる

2016/12/27 11:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミスターマーケット - この投稿者のレビュー一覧を見る

数学は、計算や公式というイメージだったが、
日々のアイデア出しや問題解決などのヒント
となる学問と感じた点は、新しい発見だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

数学から社会に連なるいくつかの溝

2011/08/14 14:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうどう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「渋滞学者」西成活裕先生による、数学の授業。生徒は、東京都立三田高校の1年生12名。そういえば、新進気鋭の脳学者、池谷裕二による『進化しすぎた脳』(2004年)という本があった。ニューヨークの高校生に大脳生理学の最前線を講義する、という内容だ。本書と同様、こちらも朝日出版社である。同社お得意の企画のようだ。手軽な企画のようありながら、授業を受けてくれる学校と生徒を見つけるのは結構手間がかかりそうだ。もっとも、プラトンやアリストテレスに遡るまでもなく、もともと学問的な著述というのは講義録の類であった。すなわち、そもそも著述(本)とは、学校での講義が原点なのである。

 本書のテーマはタイトルどおり数学で、あまり数式を使わずに、微分や三角関数の概念的な部分を講義している。微分は、スローモーションのように現実の動きを分解して考えることであり、三角関数とは、円を転がした時の円周上のある一点の動き方である、といった具合である。カオスとか複雑系につながるセルオートマトンの話も出てくる。

 さらに発展して、数学をいかにして社会に生かすか、という点について説く。数学者が象牙の塔に籠ることなく、研究し、明らかになったことをいかに社会で役立てるか、ということである。その最適な例が著者の研究分野である渋滞学なのである。

 また、実社会への還元の道筋として、数学から物理学、物理学から工学、工学から実社会という段階を示している。しかし、それぞれの間には溝がある。まず、数学者は理想的な世界を規定して思考するのに対し、物理学者は生の現実を相手にする。物理と工学の間の溝は、Why(なぜこうなるのか)ということに関心が向く理系的な志向性と、How(どうすれば解決するか)ということに興味を示す工学的な志向性の違いである。最後の溝は、研究の成果が社会のニーズにマッチするか、という点である。いくら優れた研究や技術も、社会で必要とされなければ日の目を見ないのである。

 西成教授は、社会でいかに役に立つかということを常に念頭において、数理物理学を研究しているのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/01 20:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/17 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/02 12:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/18 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/14 16:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/06/04 11:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/25 12:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/31 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/26 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/30 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 15:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/18 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/29 16:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

数学 ランキング

数学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む