サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

図説英国メイドの日常
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:22cm/143p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-76164-0
  • 国内送料無料

紙の本

図説英国メイドの日常 (ふくろうの本)

著者 村上 リコ (著)

19世紀後半から20世紀初めまで、当時の英国における働く女子の最大多数派「メイド」たちの素顔に迫る。絵画・挿絵・広告・絵葉書や、プライベート写真など、メイドの日常を描いた...

もっと見る

図説英国メイドの日常 (ふくろうの本)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀後半から20世紀初めまで、当時の英国における働く女子の最大多数派「メイド」たちの素顔に迫る。絵画・挿絵・広告・絵葉書や、プライベート写真など、メイドの日常を描いた貴重な図版を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

村上 リコ

略歴
〈村上リコ〉千葉県生まれ。東京外国語大学卒業。フリーライター。19〜20世紀初頭の女性・子ども・家事使用人の生活についてリサーチ。ヴィクトリア時代の英国をモデルにしたアニメの考証も担当。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店福岡店

イギリスの時代物の映...

ジュンク堂書店福岡店さん

イギリスの時代物の映画や、ドラマ、小説に必ず登場するメイド。
実際メイドは、どんな女性が就く仕事だったのでしょうか。
この本は、ヴィクトリア時代から、第一次世界大戦あたりまでの時代のメイドたちの素顔や、
仕事内容、衣食住、恋愛や結婚について、当時の雑誌の挿絵や写真を交えて紹介しています。
彼女たちの制服って自前だったそうですよ…。
小説を読んでて、「モスリン」という布ってどんなものだったのか、
コミック「エマ」のような身分違いの恋はあったのか。
気になる人はぜひ。
                       実用書 伏

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (9件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

図版も多く説明も具体的で、想像が広がる。英国メイドのリアルな日常。

2011/12/09 10:15

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アヴォカド - この投稿者のレビュー一覧を見る

イギリスの小説やお話やコミックの中でしか知らない「メイド」。
その姿はなんとなくイメージするけれど、実際はどうだったのだろう。

メイドにならざるを得ない境遇、その準備に始まって、1日のタイムスケジュールや、仕事の分担、服装、お給料、生活、恋愛や結婚などが具体的に記されている。
資料を集めるのも読み込むのも大変だったろうと思うけれど、そこに現れる彼女たちのなんとリアルなこと。
図版が多く、そのキャプションも細部に渡っているので、読んでいると想像が広がる。

「モスリン」って「タフタ」って、そういうものだったのか。
雇用主階級と使用人との身分違いの恋も、時にはあったのだと知って、少しときめく。
また、故郷の貧しい暮らしでは触れることの出来なかった裕福な暮しや文化に触れたり、つらい労働の合間に隙を見つけ出してたまには語らったり夜遊びをしたり、楽しみもあったのだ、と知ると少しほっとする。

とはいえ、後に役所で働くようになった女性が、かつて自分が働いていたのと同じような建物で働き、もうメイドではないので正面玄関や応接間を出入りして地下の書類庫に行く時、「かつて、この暗い地下牢で、(略)私や私に似た誰かが、文字どおり汗水流して働いたのだ。『おのれの身の程』を受け入れながらー」「そう、幽霊はここにいたー私はそのひとりだったのだ」と感じるのを読むと、きらびやかな生活に紛れてはいてもやはり「幽霊」には違いなかったことは、しっかり受け止めておかなくては、と思う。

現代ニッポンのメイドカフェのメイドと、ここに登場するメイドとの間には、どうやら大きな溝があるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

メイドとはなんぞや

2017/03/05 14:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

メイドさんたちも役割によって名称がそれぞれ違うとか 今まで知らなかった事がわかり易く書いてあります。ここ迄職種を細分化して使用人を雇っていたら人件費が凄い事になっていたでしょうに。それをなんとかできる富があったという事か。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/20 03:21

投稿元:ブクログ

 ふらっと入った本屋で目についたので、ジャケ買い。

 まだまだ男女格差が大きかった19c英国において「普通の女の子がつける仕事」であった「ハウスメイド」について、豊富な写真と資料をもとにして解説をつけた本。一言でいうと「あたり」の一冊だった。「エマ」や、この時代の風俗・習慣に興味があるのだったら、買っておいてソンはない。

2012/02/17 23:48

投稿元:ブクログ

「図説」と銘打ってあるだけあって図版がいっぱい。ちゃんと説明がつけられていて、それを見てるだけでもおもしろい。

2013/01/21 15:21

投稿元:ブクログ

今まで映画や本などで何気なく思っていたメイドさんの存在。この本を読んで、日常・しきたり・服・背景などを知ることができた。写真や図、表など興味深い資料もたくさんあり、とても読みやすいわかりやすい本☆今後本などを読むときに、この知識があるとより内容を楽しめそう。

2016/09/11 23:46

投稿元:ブクログ

情報量がすごい。一口にメイドと言っても時代や雇用主によって色々な生き方をしてたんだなと思いました。
中を読むと、ものすごく泥臭くて肉体労働で拘束時間もひどくて理不尽で大変な仕事だったことばかり伝わってくるのに、表紙だけは優雅なのがなんだか面白い。

2011/11/11 15:25

投稿元:ブクログ

メイドと貴族の恋愛を描いたマンガ『エマ』(森薫 著)の副読本で、作者と共にメイド文化について熱く語ってみえた村上リコさんが書いた、英国メイド大好き本。
内容は浮ついた物ばかりじゃなくて、当時の女性の置かれていた立場、生活、日常や社会問題なども知ることができて、英国文化の一端を知ることができます。
庶民にはメイドのいる生活なんて想像もできませんが、疲れて居眠りしているメイドの絵とかは面白かった♪

2011/05/31 15:34

投稿元:ブクログ

メイドと言っても実態は様々。当事者たちの自伝や当時の風刺漫画などから、その生活や人生を紐解いていく。メイド服、と言っても様々であることに驚き。

2011/08/23 12:30

投稿元:ブクログ

19世紀〜20世紀初頭のリアルな女性使用人の仕事内容、置かれた境遇を解説している本。メイドも普通の女の子たちだったんだなと身近に感じます。

2013/04/23 21:40

投稿元:ブクログ

「台所でうさぎの下ごしらえするメイドが、きれいに穴を開けずに剥いだ皮は自分のものにできた」等々、臨場感のあるメイドライフのトリビアが面白かった。うさぎの皮を売ると結構な収入になったそう。

2011/12/14 19:52

投稿元:ブクログ

図書館でなんとなく目に留まったので読んだ本。日本ではメイドっていうとオタクの人が好きなイメージしかないけど、当たり前なんだけどちゃんとした文化で、女性の自立と虐げられた歴史のひとつでもあるんだなあと思った。
そんな小難しいことだけじゃなくて、こんな恋してたとか、こういう本読んでたとか、本当の英国メイドさんのいろいろが知れて面白かった。ちらっと見るだけのつもりが全部読んでしまいました。

2013/07/20 23:35

投稿元:ブクログ

この図説シリーズは中身がスカスカのことが多いのだが、これは当たり。メイドのトリビアがわかりやすくて、図版も豊富でとてもよかった。

2011/09/19 20:24

投稿元:ブクログ

まんが「エマ」のガイドブックを書かれた方の本。
相変わらず、メイドへの愛があふれているというか。

こういう研究をしてみたいなー。

メイドの就職、恋愛など、よくも調べたと思う労作。
また書いてほしい。

2015/10/25 14:41

投稿元:ブクログ

当時のメイドの服装、役割や、屋敷の構造、雇い主との関係性に至るまで多岐に亘って解説されていて興味深かったです。この本を読んだ後、たまたまポワロのドラマを見たのですが、時代考証がしっかりなされているのが分かり、二倍愉しめました!

2011/08/24 08:36

投稿元:ブクログ

アニメ版『エマ』で時代考証をつとめた村上リコさんによる、英国メイド図説。
扱う時代背景は現在より百年前から近代までと幅広く、ボリュームたっぷり。
当時の写真やポストカードの他に、メイド自身が残した日記や自伝など、限りなく生の声に近い資料が多く、この時代が好きな人にはたまらない一冊であることだろう。
メイドである前に「普通の女の子」であるメイドたちの、ファッションや恋愛へのこだわりも垣間見えるのが楽しい。
雇い主である奥様に手厳しく言い返す従順とはいえないメイドもいたようで、各屋敷ごとに労働環境や関係性も違うところも興味深い。
個人的には、メイドだけでなく家庭教師(ガヴァネス)のことにも言及されていたのが嬉しかった。
英国メイドの奥深さが堪能できる一冊。

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む