サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼく、オタリーマン。 5
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.3
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-3991-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ぼく、オタリーマン。 5 やっぱりひとり、さっぱりひとり

著者 よしたに (著)

33歳。職業SE。独身、彼女ナシ、そしてちょっぴりオタク…。今日もギリギリ生きてます! オタクなサラリーマン=「オタリーマン」の生き様を綴る爆笑コミックエッセー第5弾。【...

もっと見る

ぼく、オタリーマン。 5 やっぱりひとり、さっぱりひとり

1,028(税込)

ぼく、オタリーマン5

1,028 (税込)

ぼく、オタリーマン5

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ぼく、オタリーマン。 5」が含まれるセット商品

ぼく、オタリーマン。 6巻セット

ぼく、オタリーマン。 6巻セット

商品説明

33歳。職業SE。独身、彼女ナシ、そしてちょっぴりオタク…。今日もギリギリ生きてます! オタクなサラリーマン=「オタリーマン」の生き様を綴る爆笑コミックエッセー第5弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

よしたに

略歴
〈よしたに〉1978年生まれ。長野県出身。システムエンジニア兼イラストレーター&漫画家。雑誌『ビジネスジャンプ』で「ぼくの体はツーアウト」を連載中。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/04/22 16:42

投稿元:ブクログ

相変わらずである。自虐的というかなんというか。どんどん悪くなって言っている気がするんですが、気のせい?

2011/05/29 22:02

投稿元:ブクログ

23ページの『ケンカじゃないから和解は無理です。』の一言が見に覚えがあって、笑ったけど笑えない。この一巻目から変わらぬ姿勢が大好きだ!

2015/07/01 11:15

投稿元:ブクログ

大学の理系科目の先生で、よしたに氏的なコミュ力の低さがある。低いというか無駄な言動でコミュニケーションをぶっ壊しているのが数人いましたなあ。
彼らは反感かうだけだったけど、自虐ギャグにできてしかも
商売にできるとは大したもの。

ところで手を握っただけで「ドラえもんの手」っていうギャグができるのはイラストより相当太っているってこと?

2011/04/11 15:03

投稿元:ブクログ

全ページカラーで最後まで楽しんで読める。
日常に沿った内容で面白い。
たまたま手にとって買った本なので、
そのうち1巻~4巻も集めたい。

2011/11/20 00:52

投稿元:ブクログ

いつもはブックオフの立ち読みですましてたのだけれども、図書館にあると分かったので借りて読んだ。
自分も初めて作ったサイトが黒歴史となりかけてる。
ここ3,4年ぐらい放置してるし、そもそも内容が・・・。

2011/05/07 22:43

投稿元:ブクログ

2011年の本、22冊目。
(マンガ、なんだけど、登録が本になるようなので、
本でカウントすることに。)

知っている人は知っている、
知らない人は多分知らなくていい、よしたにさんのマンガ。

「侍魂」ですっかりはまってしまい、
それ以来、今でも欠かさず見ている「ろじっくぱらだいす」を筆頭に、
いろんな「テキスト系サイト」を読み漁り、
そこから「絵日記系サイト」もあれこれ読むようになり、
その中で一番好きだった「ダンシング☆カンパニヰ」の、

あの、よしたにさん  ですよ!!!

(「」内の単語が一つもわからない人が、多分正常です。)


やっぱりこういうの好きだなーと思い、思わず購入。
今までは…まあ店頭で他者の購入意欲を高めていたわけですよ。
(一言でいうと、立ち読みです)

自虐性が強いというお声もあるでしょうが…

テキスト系サイトの管理人つーのはな!
自虐ネタが命なんだよ!
そもそも、リアルで良いことが全くないのに、
ネットの世界で多くの人に笑いを提供しようという、
崇高な理想と行動がなぜ理解できないんだ!
決して、ネットの中でくらい、良い思いしたいとか、
そんなやましい気持ちなんて!ない!!
ぜったい!きっと!たぶん!
そういや、俺だって昔は(以下略

あっぶねー、俺の偽男病院をばらすところだった…
(そんなこんなで、個人的には、偽男病院の話がめっちゃツボ。)

2011/11/20 22:14

投稿元:ブクログ

図書館で借りた

作者の日常を描いた作品
読み切りなので、5巻からでも十分読める

「オタク」という人種がどれだけ生かされているのかは
ちょっと疑問に感じるけれど、
あまり特殊性に期待をしないで読む分には良いのかもしれない

日常を描いているのだから当然かもしれないが、
ネガティブな感情も多いので、
(それが売りなのかもしれないが)
若干後味が悪く感じる人も、中にはいるかもしれないと思った

絵柄は嫌いではないので、
図書館にあったら他の本も読むと思う

2012/04/07 02:45

投稿元:ブクログ

相変わらずのコミュニケーション能力の低さと消したい過去(黒歴史)の5巻目。
ちょっと微笑ましいエピソードもあり、「あちゃあ・・・」な感じもあり。
同世代男子、ガンバレー!!!(*´ω`)

2014/01/26 19:35

投稿元:ブクログ

今作もいつも通り…という感じですかね。どこかのページで最近の著者のネタには著者の怨念を感じる…みたいな記述があったんですけれども、確かに…と思いました。なんというか、ネガティブなオーラといいますか、とにかくあまり触れたくない他人の邪気みたいなものを一身に引き受けたような感じ!

を読後味わいました…社畜死ね!!

ヽ(・ω・)/ズコー

まあ、でもいつものよしたにテイストだったとは思いますけれどもね。共感できるネタもあればそうでないネタもあったり…僕も同じ空間に居る他人の存在をよく忘れるので今回もまた、よしたに氏のエピには共感できたのでした…おしまい。

ヽ(・ω・)/ズコー

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む