サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

サユリ 2

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

サユリ 2 (バーズコミックス)

著者 押切 蓮介 (著)

サユリ 2 (バーズコミックス)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

サユリ(2)

600(税込)

サユリ(2)

ポイント :5pt / 紙の本より37おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「サユリ 2」が含まれるセット商品

サユリ(バーズコミックス) 2巻セット(バーズコミックス)

サユリ(バーズコミックス) 2巻セット

  • 押切蓮介
  • 税込価格:1,27411pt
  • 発送可能日:1~3日

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/08/22 00:12

投稿元:ブクログ

作者がJホラーに投げ込んだ爆弾。なぜか普遍的な人間力のイメージのある「おばあちゃん」という存在に色々託してもう言いたいいことやりたいこと全部やってくれた。最高だゼ! 表紙の押切美少女がサユリだろうか、とても美しく儚げだがそれがどうしたと言わんばかりじゃないか。しかしこれ二巻同時か合本で出すべきではあったと思う。

2011/06/01 14:21

投稿元:ブクログ

1巻の絶望感からの巻き返しがすげえ!ばーちゃん無双。絶望とかすかな希望を繰り返す構成も上手いし、最後のばーちゃんの言葉で泣けた。突如消えた弟くらいは無事かとも期待していたんだけど、一番悲惨な末路になっててこれはショック。
とにかく常軌を逸したばーちゃんの行動力と暴力に励まされ、爽快感と安心感を覚えた。ヒロインは間違いなくばーちゃん。ホラーだけど、ただ怖いだけじゃなくて家族の物語だったのも面白かった。

2011/05/29 17:42

投稿元:ブクログ

 1巻の絶望からの2巻のこの展開、すごいカタルシス感じました。ばあちゃんの生きる強さには圧倒されっぱなしで作品を大きく動かしているところをみてただただ驚かされました。ホラーとしても怖かったし作品のたたみ方も良かったです。
 ばあちゃんがラーメンにこしょうぶっかけてむせるところは最高でしたw

2011/05/24 02:27

投稿元:ブクログ

一巻の時点では可もなく不可もなくという感じのホラー。しかしこの二巻でまさかの化け方。超面白い。
ギャグかホラーか少年マンガか、いずれにせよ幽霊に対しての「人間」の強さをこういう風に描いたマンガは初めて読んだ。


押切蓮介の引き出しはいくつあるんだ……

2011/06/04 19:02

投稿元:ブクログ

あの絶望的な状況から意外とあっさり・・・って感じ。
でもこっちの路線もミスミソウっぽくなくていいかなと思った。
悲惨じゃなくて爽快感があってよかった。

2015/02/18 16:56

投稿元:ブクログ

これで完結。死への恐怖と生への希求って、表裏一体のはずなのに、両方を描けている作品は意外と少ない。どちらかで充分価値あるものができるからだと思うけど。この作品は両方が描けている稀有な例。一気読み。

2013/07/10 13:15

投稿元:ブクログ

一軒家に越したとある家族が、その家での悲劇の呪いによって、次々と変死を遂げていくというホラー作品。一見すると可愛らしくもみえる絵柄が、胸糞の悪さを倍増させます。

しかし、一般的な作品と同様にただ不条理な死を受け入れるだけかと思いきや、この作品は2巻がすごい!
ボケ始めていたおばあちゃんが覚醒し、主人公の則雄を諭し、勇気づける。そしてなんと、生命力を強くすることで霊に対抗しようとします。最後には霊に対して揺すりまで(´д`)

「許さん 甘えは聞かんぞ 食べて命を濃くせんとワシャ許さん」
「家はなるたけ綺麗にしろ則雄 内である事は外でもある 内を良くすりゃ外も良くなるこった」
「奴がワシらに手が出せんのは命の濃さに気圧されてるからじゃ」

おばあちゃんが吐くなんと力強い言葉の数々に、後味もスッキリの怪作です。

2011/06/09 22:35

投稿元:ブクログ

押切蓮介の真骨頂!
「人間が悪霊を圧倒する」という初期から変わらない基本姿勢に、最近のシリアスなエグさや絶望感、そして「燃え」が加わった、まさにこれだよこれ的なあれ。読んで損なし。

2011/11/17 01:55

投稿元:ブクログ

悪霊に祟られ、引っ越したばかりの家で家族を殺され、残ったのはボケたばあちゃんと主人公。
戦うという事の本質にある、激怒、人間の怒りの力を描いた良作。
人間は悪霊なんかに負けない。

2012/02/09 21:48

投稿元:ブクログ

ホラー漫画。
呪いで次々と死んでいく家族とそれに立ち向かう主人公とボケ婆さんの話。
2巻からのすごい展開が面白い。
わりかしすっきりと綺麗に終わるのも良い。

2012/10/01 14:11

投稿元:ブクログ

死んでるように生きている。それは活きてるんじゃ無い、生命力を強く持ち命の濃さを保つ。それが活きるという事。
内容は1巻に変わらず怖いですが、転結が非常に素晴らしい。結局おばあちゃん無双、周りの空気感すら威圧で変える程の活き活きした生気を持ってます。
考えさせられると言うか、人生とはかくありたいものだと思わされます。
はい余談。やっぱり住田さんが好きです。はい

2014/03/14 20:59

投稿元:ブクログ

一巻とは打って変って生きるパワーに溢れている。
ばーちゃんが……ばーちゃんが格好いい!!!
年玉くれた人の前で開けるなコラァってのが個人的にめちゃめちゃ共感ww

命を濃くするっていい言葉だなぁと思います。
このばーちゃんほどじゃないけど、心と体を健康に強く持って生きていける人間になりたいですね。

2016/05/07 21:00

投稿元:ブクログ

5読目くらい。
モヤッとしてる時とかに読むとモチベーションが上がる。
下手な自己啓発書なんかよりずっと、ばあちゃんの言葉が心に響くぜ。

2013/07/19 00:00

投稿元:ブクログ

昨今のホラー映画だと、遺体見つけて供養したぐらいじゃ問題解決しないこと多いしなぁ。こういう手段になるのも頷ける。それにしても恐ろしいなこのババァ。よりにもよってそんな手を使うか……怨霊より生きてる人間の方が怖い。ふと思ったが怨霊に殺された連中は自分たちを殺した怨霊恨んだりしないのかな?則雄みたいに怨霊に対して怨み抱く場合も当然あるだろうし……。怨霊側としては対象を自分と同じフィールドに立たせる行為は自分を追い詰めるだけなような。怨霊同志は喧嘩出来ないのかね

2015/03/13 14:27

投稿元:ブクログ

抗えない悪意に対して気合いで乗り切るって言う展開はなかなか見ごたえがある
人間の最後の武器は気合いと根性であるってのがよくわかる
凄く人が簡単に死ぬ様は何とも言えない虚無感に襲われる
毒度:★★★

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む