サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

静寂に愛は降りつもる(B-PRINCE文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

静寂に愛は降りつもる (B-PRINCE文庫)

著者 牧山 とも (著),Asino (画)

三年前、ある事件によって両親を一度に喪い、心に深い傷を負ってしまった海聖は、姉の親友である青年実業家の藍原に保護されていた。傷ついた海聖の心を時間をかけて見守り、保護し、...

もっと見る

静寂に愛は降りつもる (B-PRINCE文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

静寂に愛は降りつもる

691 (税込)

静寂に愛は降りつもる

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

三年前、ある事件によって両親を一度に喪い、心に深い傷を負ってしまった海聖は、姉の親友である青年実業家の藍原に保護されていた。傷ついた海聖の心を時間をかけて見守り、保護し、慈しんでくれた藍原に、海聖は次第に惹かれていく。しかし、事件で負ったトラウマが恋心への恐怖心と嫌悪感を呼び起こし、ただ想うだけの日々が続いていた。そんなある日、ふとしたきっかけで海聖は藍原に抱かれてしまい…。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

切ない方の牧山さんでした

2017/01/31 19:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:沢田 - この投稿者のレビュー一覧を見る

あとがきに書いてありましたが、受けが傷心大学生。
といっても大学は休学中で、もっと言えば半引きこもり。
そしてこうなってしまった過去の出来事が、あまりに凄惨で、ラブよりもそちらの後遺症の方が印象に残ってしまいました…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/24 22:37

投稿元:ブクログ

主人公の過去の設定が、最後までうまく生かしきれなかったような…お姉さんが読者にはあまりいい印象は与えずに終わってしまう、身勝手なだけ、という感じでちょっと残念だった。

2011/12/23 23:11

投稿元:ブクログ

全体的な話は好きな感じで良かったんだけど
藍原サイドを途中に挟む構成と、回想が多くて入り込めず
残念だった。

2011/05/21 10:03

投稿元:ブクログ

結構暗い設定ですよね。受の海聖がPTSDがもっています。でも前向きでなんとか治そうと頑張りますが人に頼ることが苦手。
最も信頼できる藍原(攻)にすら頼り切ることができずに頑張る海聖が健気ですね。

2011/05/14 10:30

投稿元:ブクログ

牧山さんを昔の本から読んでいるけれど、これは誰が書いたの?と思ってしまった・・・。悪い意味ではなくいい意味です!普通?本も書けるんだ!!って思ってしまいました。内容もすごく良かったです。

2011/05/24 17:35

投稿元:ブクログ

出だし面白そうだったから買ったのですが、後半ダレました。ちょうど真ん中辺りまでは楽しんでたのですが。いきなり真ん中であらなし崩し的に唐突にやっちゃうんだなぁと拍子抜けしたら、そこはそこで気持ちが通じ合ってなかった。て事でならまぁいいか、巻き返すかなと思ったらすれ違い勘違いが同じ事の繰り返しで長くてダルかったです。話合えば解決する話なんだもん。話聞かないから。話聞かない理由は描かれてるし仕方ないとは思うけど長すぎた。
話自体は結構酷い設定です。ネタバレするけど、帰ってきたら仲睦まじかった両親が血塗れで死んでた、しかも真相が酷く、さらに追い討ちかける親戚の人達。とまぁ不幸受です。にしてもあんな親戚に弟頼もうとするのはやっぱり姉首傾げちゃった。
母と同じ道辿りそうで自分に歯止めをかけるとか、よいよいと読んでたら何かあっさり解決しちゃったような。せっかく重くシリアスに使ってきたんだからクライマックスもうちょいうまく料理して欲しかったですよ。クライマックスもだし、物語的に盛り上がる部分がどこもあとちょい!て感じであっさりしてて物足りなかったです。
あとシリアス雰囲気に合わせてなのか単語わざと日常用語から外れたとこ使ってる?違和感。周章、使いすぎ。前にこの作家さんで読んだのがあほあほだったからかなー。
イラストも残念だった。ラノベ絵だけどシリアス話には全く向いてないしそして下手だった。表紙詐欺。話の助けより邪魔してるー。誰と見たら見た事もない人で帯よくみたらイラスト部門で賞もらってこれがデビューだそうな。この程度で賞もらえるのか…。中高生が描いたようなんだったよ。ページ毎に顔違うし完全デジタル丸わかりのぬるっとして目が滑る。

2012/04/30 12:29

投稿元:ブクログ

 海聖は、三年前、自身の母親が父親を殺してしまうという凄惨な事件をきっかけに、心に深い傷を負った。
 唯一残った肉親である年の離れた姉は、そのまま海外で仕事を続けることを選び、姉の親友である青年実業家の藍原のところに預けられることになった。
 海聖はそれすらも、姉に裏切られたように感じられ、一切の人を信じられなくなってしまう。
 ところが、藍原はそんな海聖を時間をかけて見守り、保護し、どんな暴言を海聖が吐いても許してくれ、慈しんでくれていた。
 海聖とは、そんな藍原に少しずつ惹かれていったが、愛する男を独り占めするために殺してしまった母親のように、いつか自分もなってしまうのではないか、という恐怖心から、決して自分のこの想いを口にするまいと考えていた。
 一方の藍原は、無心でなついてくる海聖のことを、いつしか愛おしく思っていた。
 そんなある日、海聖が発作を起こし、藍原が人工呼吸を施したのに、海聖の身体が反応してしまう。
 必死に隠そうとした海聖であったが、その反応が藍原の隠していた想いに火をつけてしまい、海聖は藍原に抱かれてしまう。

 という話でした。
 本来であれば、ここでハッピーエンドでおしまいになるところだと思うんですが、行為が終わって、うとうとしている海聖が藍原がつぶやいた「こんなはずじゃなかった」という一言で、話がややこしくなってしまいます。
 藍原としては「成人してからきちんと告白しようと思っていたのに、こんなはずじゃなかった」という意味での一言だったんですが、海聖にはそうは聞こえなくて、「手を出すつもりじゃなかった」という意味だと受け止めてしまっていて、海聖は悶々とし、ますます眠れなくなって体調を崩して……
 でも、まさか藍原は自分の想いが通じてないとは思っていないから、そこで更にすれ違いが起きて……という話でした。

 なんというか、海聖が負った心の傷は重くて、とても大変で、最初はそのことに胸がぎゅっとしたんですが。
 最後は登場人物全員のちょっとずつの不器用さにちょっと切なくなりました。

 話としては書いたみたいに、割とベタな流れだと思います。
 薄幸系の受けが好きな方にはオススメです!