サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雨の日のアイリス(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.5
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/299p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870530-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

雨の日のアイリス (電撃文庫)

著者 松山 剛 (著)

ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士のもとにいた家政婦ロボットであった。主人か...

もっと見る

雨の日のアイリス (電撃文庫)

637(税込)

雨の日のアイリス

637(税込)

雨の日のアイリス

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士のもとにいた家政婦ロボットであった。主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路から取り出したデータを再構築した情報—彼女が見、聴き、感じたことの…そして願っていたことの、全てである。第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

生きる目的を知るために

2015/08/27 10:53

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

アイリス・レイン・アンヴレラは、ロボット工学の権威ウェンディ・フォウ・アンヴレラ博士に仕えるロボットだ。無くなった博士の妹に似せて作られたという。その事とは関係なく、アイリスは博士のことが大好きだ。博士のお世話をして、褒められて、個人講義を受けたり、一緒に遊びに行ったり、それだけで幸せだ。
 しかしその幸せは、ある日脆くも崩れ去る。暴走ロボットの解析中の不慮の事故で博士は亡くなり、アイリスはスクラップにされた。次にアイリスが目覚めたとき、彼女の精神回路は、継ぎ接ぎだらけの無機質なロボットに移植されていた。

 悲しくなるのでなるべく博士のことを思い出さない様にして、ただひたすら命令通りに工事作業を続ける毎日。そんな日々の中で、彼女は同じ作業をするロボットのリリス・サンライトとボルコフ・ガロッシュ・ウロボロスに興味をひかれる。彼女たちは他のロボットと違って、コミュニケーションをしているのだ。
 リリスに誘われ、監視の目を盗んで深夜の読書会を楽しみにする三体のロボット。読むのは童話「三流魔神ウェザー・ダーク」だ。全八巻の物語は、魔神ダークと彼に仕える魔法の指輪フラウ・スノウの交流を描くもので、城を抜け出して魔法のアイテムを拾ってくるダークを、生真面目なスノウがたしなめつつ、騒動に発展するという筋立てだ。だがそのささやかな楽しみも、突然、打ち切られることになってしまう。

 ロボットは人間に目的を与えられる。だがその目的が、ある日突然奪われてしまったらどうなるだろう。目的のために生み出されたのにそれが無くなれば、存在価値もなくなってしまう。この三体のロボットは、そういう境遇から抜け出し、生きるために必死に行動をするのだ。
 人間が生まれる時には、おそらくは特に目的はない。ただ生きること、それが生命の全てだ。何のために生きるのかという問いに対する答えは、死ぬ瞬間までを賭けて、見つけていくものだと思う。そしてアイリスたちも、そんな深遠なる問いに答えるため、必死に生き延びようとするのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/05/15 13:27

投稿元:ブクログ

初めてのラノベかも。ネットの紹介記事を見て興味を惹かれたので買ってみました。とてもいいお話でした。天空の城ラピュタが フッと頭に浮かんだ部分があり親しみを持てたりしました。同じ作者さんの本が2冊紹介されていて 両方とも 私の好きそうなお話だと思ったので 2冊買いました。次のも楽しみです。ラノベは意味も無く敬遠していたところがあったのですが 今回のこの記事を書いてくれたライターさんに感謝です。

2011/10/04 01:25

投稿元:ブクログ

うーん。何だろう。可もなく不可もなく…。
泣けるって聞いてたから泣く気満々で読みだしたのがいけなかったのだろうか。
うるっともしなかった…。

博士との幸せな日々→スクラップ→再起動→逃亡→復活
というシンプルな構成ながら、ここまで読ませてしまうのはすごいなあと思う。

思うのだが、何かこう、出来すぎなんだよなあ。
遺書準備してアイリスの新しい体作っておくくらい大事なら、アイリスが即スクラップ扱いにならないだけの布石を打っといても良さそうなものなのに。
主人公アイリス含めロボットがかなり感情豊かで思考力高く書かれているのもどーも違和感。
ここ深く考えたらいけないところだろうか。

アイリスやリリスみたいな高度なロボットが作られるほどに技術は高いのに、ジャンク屋が作る部品の寄せ集めのようなロボットもいる。
技術水準はこんな風に偏るもんだろうか。

あと、ロボットを実の家族のように思う人もいれば、感情のないただのロボットだと思って扱う人もいる。
ロボットの存在を人間たちがどういう風に捉えてるのかがイマイチ掴めず。
共存なら共存、従属なら従属で思想に統一性がないとどーにも読んでて気持ちが悪い。
何かちぐはぐなんだよな。上手く言えないけど。
小説の世界がしっくりこないまま読み終わってしまった感じです。

ただ、スクラップ後の体になった時に聴こえるノイズが雨の音に聞こえる、雨はやまない。っていう表現はああ上手いなあと思った。
あれはかなり好きだ。

2012/06/16 23:17

投稿元:ブクログ

ここにロボットの残骸がある。『彼女』の名は、アイリス。正式登録名称:アイリス・レイン・アンヴレラ。ロボット研究者・アンヴレラ博士のもとにいた家政婦ロボットであった。
主人から家族同然に愛され、不自由なく暮らしていたはずの彼女が、何故このような姿になってしまったのか。これは彼女の精神回路から取り出したデータを再構築した情報―彼女が見、聴き、感じたことの…そして願っていたことの、全てである。
第17回電撃小説大賞4次選考作。心に響く機械仕掛けの物語。

(読了:2012/06/14)

2011/09/12 22:38

投稿元:ブクログ

章のタイトルなどで、大体何が起きるのかわかってしまう。
登場するキャラクターが大体どういう役割を持っているのかわかってしまう。
・・・それでも先を読むのをやめられない。
この先、何が待っているのかわかっても先が読みたい。
アイリスが。リリスが。ボルコフが。みんなが一生懸命生きる話。

2013/01/16 16:16

投稿元:ブクログ

泣ける作品と聞いて読んでみたけど、後半は涙腺が緩みっぱなしでした。外面も内面もボロボロになっていく様は読んでてなかなかきついものはあったけど、最後の最後でしっかり締めてくれました。読了後に表紙を見返してあらためて意味のある表紙絵だったんだなぁと。作中作(ウェザーダーク)とのリンク具合がまた。切なく温かい物語でした。

2013/02/24 20:17

投稿元:ブクログ

ヒューマノイド?人間に近い、感情を持ったロボットが主人公。
前半は、博士との幸せな生活。
後半は、博士と死別したあとの、悲惨な生活から帰還まで。

前半は、ラノベにありがちな日常系で、特に面白味もなくフツーな感じで途中で読むの止めようかと思いましたが、
博士が死んだあたりから、物語が動き始めて読むのを止められなくなりました。
あとがきで筆者が言っていたことと併せて、書きたかったのは後半の部分だったのかなと勝手に想像。

後半部分、心身ともにずたずたに壊されたアイリスが、労働に従事する緩慢な日々の描写があるのですが、
幸せな生活があった分、酷さが際立って切なくなります。
そんな生活の中で、二人のロボットとの出会いが、絶望の淵に居たアイリスに救いを与え、結果的に元の生活に戻ることが出来るのですが、
ラストに向かっては少しご都合主義的で、うぬぬ…と思ってしまった面も。
でも、ハッピーエンドは嫌いじゃないし。
アイリスの心情描写、良かったと思います。

2011/11/03 11:31

投稿元:ブクログ

2011 11/3読了。Amazonで購入。
ヤバイ! すごい、すごい、なんだこれ!
折り返しのあらすじから、読むのに心をすり減らしそうだな、と思ってしばらく読まずにいたのが物凄く悔やまれる。
ロボットの悲哀を書いた話は多いけど、最後まで愛されたロボットが、予想された結末にいたって、それでもきっと幸せだって納得しかけて。
でもさらに先があって予想外でうわわわわ!
この話はもう続かせようがないし続かないだろうけど、作者の別作品とかずっとフォローしたい。最高に好きだ!

2011/07/04 00:44

投稿元:ブクログ

アイリスがとても愛されていて、それだけに悲しくて、最後は少しだけ前向きになる話。
よくあるといえばそうだが、ロボットであるアイリスだからこそのシーンと展開に、何度か胸が締め付けられた。
てか、辛い。

ある意味グロ描写なのでダメな人はダメなのかもしれないが、最後まで息つく暇を与えない展開で一気に読み終えた。

2012/11/25 21:53

投稿元:ブクログ

大好きだったご主人様に先立たれてしまったメイドロボットが更に運命の変転を受けて、思いを伝え合う絆を噛み締める話。

書評で絶賛されていたもので読んでみたのだけど、
往年のアシモフに傾倒した身には、なぜ人造物にそんなことをやらせるのかという掘り下げが足りなく思えて、そのロボットたちの扱いによる悲劇にまるで浸れなかった。
誤作動でなく、意図して作られた故の悲劇であったりすればまた違うのだろうが、高い金をかけて作ったはずの製品に対してああいう扱いはない。
結局、ロボットということでSF的考証をある程度期待してしまったのだけれど、妖精さんを捕まえて精神回路にしたとでもいうような理屈の通らなさに、勝手にがっかりしてしまった。
性格が決まるのは、量子的な確率に支配される、的な理屈がどこかに据えられていれば納得いったかもしれないのだが、残念、私が望むような理屈は、通らなかった。

2011/05/20 16:38

投稿元:ブクログ

 ロボットが人間のような精神を持つ時代。最後まで愛されたロボット、アイリスが経験した3ヶ月という短くも長い時間は彼女に様々なものを与えていた。

 アイリスが解体されていく場面はとても生々しく、思わず引き込まれた。そこからのあり合わせの体に押し込められ、労働を強いられ、逃亡するまでの場面は人の醜さが浮き彫りにされていた。

 文字で表現するのが難しいが、とても面白かった作品だ。

2013/10/20 23:52

投稿元:ブクログ

ここに描かれるロボットは人間のメタファーであって、児童書という括りでも良く、心のありようを説いた作品であった。作中に出てくる児童書はそのままこの作品を示していて、二重の構造で読み聞かせることで、世界観の正当性を強固にしている感じがあった。なかなかの良作。

2011/05/20 19:52

投稿元:ブクログ

面白かったよ!

主人公はメイドロボでご主人様大好きな僕っ娘ですよ.


というわけで,感情あるロボットと人間の暮らす世界の話でございます.

ロボットのアイリスとご主人のアンヴレラ博士の日常を描いた物語

だと思って読むととんでもない事になりますよ.


結構暗くて重い話でござるよ.

ロボットを解体したりスクラップにしたりと残酷表現があったり

理不尽な命令に従うしかないロボットとか

人間よりも人間味溢れるロボット同士の交流とか・・・.

いやー,良かった.

これで電撃小説大賞4次選考突破作ということで大賞じゃないのが不思議でならない.

こういう話は結構好みです.

2014/07/24 19:29

投稿元:ブクログ

感動もの。
一見するとロボットの話だけど人間のこと言ってる
物語中でアイリスが読む本がテーマを暗示している
描写がエグい
ロボットより人間のほうが残酷でひどい生き物として描かれている

2011/05/29 18:39

投稿元:ブクログ

産経ニュースの記事http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110516/ent11051611380007-n1.htmを見て購入に至る。
本作品は電撃文庫の新人発掘のコンテスト電撃ゲーム小説大賞の4次選考作品。入賞作品ではないけど、刊行に至ったのは編集者の意向だったみたい。それによって大幅に改稿したようだ(詳しくはあとがきを参照)。

さて、以下あらすじ。
ウェンディ・フォウ・アンヴレラ博士が所有する家政婦ロボットのアイリス(すでに死亡している博士の妹の名前と姿を模した少女)はオーヴァルで博士との生活を楽しんでいた。ところがある日、博士は帰らぬ人となってしまう。自殺も考えたアイリスだが結局彼女はロボット管理局に引き取られ、その身体が解体されてしまった。
やがてアイリスは中古のロボットパーツを組み合わせた作業用ロボットの姿に変えられ、廃材撤去に従事する(彼女のメモリーは少女の姿のときから続いている)。最初は何が何のことかさっぱり分からなかったアイリスも、現場で知り合ったリリスという少女型ロボットや、寡黙なボルコフ(元軍用ロボット)と交流を深めていく。
しかし彼らの目の前で、他の作業用ロボット—労力として使えないもの—が廃棄=解体される。他のロボットの「シニタクナイ!」という断末魔に恐怖するアイリス。アイリス、リリス、ボルコフはこれを契機に、廃材現場からの脱走を図る。ボルコフ、リリスの犠牲を経て、何とかオーヴァルに帰ってきたアイリスも、バッテリー残量がゼロとなり、オーヴァルの女神像の前で力尽きてしまう。
それから二週間後、アンヴレラ博士の教え子であるラルフが、アイリスの残骸から精神回路を取り出し、博士があらかじめ用意していたというアイリスのスペアの身体に取り付けたことで、アイリスは再び少女の身体を取り戻した。
アイリスは、博士の遺書(の草稿)を読み、自分の過去を知る。彼女はアンヴレラ博士が作ったのではなく、博士が拾ったロボットだった。その身体には多数の虐待の跡があった。
そして、アイリスの「以前の身体」から見つけたキャッシュカードと地図を見てリリスを救う。彼女たちは再び、家政婦ロボットとしてのびのび暮らしていく、というお話。

最初の産経の記事や表紙のイラストでは『イヴの時間』みたいなのかな、と思っていたが、内容はそれよりもかなりシビア。何たって日本を舞台にした物語ではない。なおかつ、人間よりも人間らしいロボットの物語だった(だって、ロボットが手首を切って自殺しようとするだなんてシュールすぎる)。おまけに廃材現場で監督している人間のほうがよっぽどロボットらしかったりする。そしてアイリスの解体シーンの描写はくどいな、とさえ思った。
途中、『真夜中の読書会』と称して、廃材現場にあった児童文学をアイリスがリリス、ボルコフに読み聞かせるシーンが続くが、何だかページ数を稼いでいるような気さえした。リリスも、ボルコフも、文字が読めないらしいのに、児童文学に興味が湧くという設定はいかがなものかと。最後の新聞記事やら博士の遺書(手紙)もページ数稼ぎのような。アイリスの語りでもよかったような気がする。
あとがきにも書かれているけど、本作品は「破壊と再生」がテーマ。ただ、この手のテーマは『攻殻機動隊』の頃からあるから新鮮さはさほど感じない。何というか、彼女のメモリーが傷つかないでいること、身体を変えてもメモリーは残っていることは、多少都合がよ過ぎないか、と思った(その他にもご都合主義的なところはあったが、それがアイリスにとっての救いでもある)。

久しぶりにラノベを買って思ったが、最近のラノベは挿絵の数減ったような気がする。気がするだけ。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む