サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. Fate/Zero 4 散りゆく者たち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

Fate/Zero 4 散りゆく者たち(星海社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 36件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.4
  • 出版社: 星海社
  • レーベル: 星海社文庫
  • サイズ:15cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-138908-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

Fate/Zero 4 散りゆく者たち (星海社文庫)

著者 虚淵 玄 (著)

英霊・キャスターとして現界した聖なる怪物、ジル・ド・レェ伯爵が放つ狂気はこの世ならざる強大な魔物・“海魔”を召喚するに至る。冬木市に、そして世界に壊滅の危機が迫る中、聖杯...

もっと見る

Fate/Zero 4 散りゆく者たち (星海社文庫)

669(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「Fate/Zero 4 散りゆく者たち」が含まれるセット商品

Fate/Zero (星海社文庫) 全6巻完結セット(星海社文庫)

Fate/Zero (星海社文庫) 全6巻完結セット

商品説明

英霊・キャスターとして現界した聖なる怪物、ジル・ド・レェ伯爵が放つ狂気はこの世ならざる強大な魔物・“海魔”を召喚するに至る。冬木市に、そして世界に壊滅の危機が迫る中、聖杯戦争に集う英霊らは“海魔”の暴走を阻止すべく絶望的な共闘を開始するが…。左手の傷が癒えぬまま奮闘するセイバーに、“約束された勝利の剣”の一閃はあるのか—?これは始まりに至る物語—。怒涛の四巻。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔TYPE-MOON BOOKS 2006~2007年刊の改稿〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー36件

みんなの評価4.4

評価内訳

2011/11/20 12:44

投稿元:ブクログ

「神様は勇気とか希望とかいった人間賛歌が大好きだし、それと同じぐらいに血飛沫やら悲鳴やら絶望だって大好きなのさ。でなけりゃあ――生き物のハラワタが、あんなにも色鮮やかなわけがない。
 だから旦那、きっとこの世界は神様の愛に満ちてるよ」
(P.14)

 ああ、間違いなく――この光だ。
 今でもなお憶えていた。鬼畜に堕ち、総身を悪徳にまみれさせてなお、あの日の記憶は色褪せることなく、心に刻まれたままだった。
 たとえその結末が、屈辱と憎悪に染められ、どんなに貶められていったとしても――過ぎし日の栄光だけは、誰に否定されることも、覆されることもなく、この胸の内にあったのだ。
(P.154)

2017/03/07 18:10

投稿元:ブクログ

ライダーが本当にすきだ…!豪快で無茶苦茶だけどそれでも広い心を持ってて、ついていきたくなる器の大きさだなって思いました。ウェイバーに対しての言葉が本当にかっこよかった…!王とはこうあるものだなあと思いました。
セイバーとランサーの対決が楽しみだっただけに最後の展開はすごく悲しかったです…あと切嗣の考えていることが今までわからなかったけど、今回内面に少し触れて泣きそうでした。正義の味方はずるい…

2012/02/20 20:45

投稿元:ブクログ

狂気にかられたキャスターが召喚した脅威・海魔。冬木市を震撼させるこの凶悪な怪物にセイバー、ランサー、ライダーが立ち向かう。そしてついに、セイバーの宝具”約束された勝利の剣”が放たれる――
その余韻も冷めやらぬ中、ランサーとの決着を果たしに向かったセイバーとアイリスフィール。しかしそこで待っていたものは、切嗣の残忍たる殺人だった。初めて己のマスターの真意に触れたセイバーは、こう問う。
「若き日の本当の貴方は、『正義の味方』になりたかったはずだ。世界を救う英雄を、誰よりも信じて、求め欲していたはずだ。――違うか?」

キャスター戦の裏で時臣と雁夜の戦いとかギルとバーサーカーの戦いとかどこもかしこも戦ってる感じ。燃えますねー燃えますねー。龍之介は意外とアッサリやられましたね。まあ聖杯戦争について全然わかってなかったししょうがないか。そしてその戦いから間をおかずランサー戦ですが、ケイネスもソラウも殺されてこればっかりは切嗣ホント外道だと思いました。でもいちばん可哀想で報われないのはランサーもといディルムッドだろうな。怨霊になってしまったぜ、ありゃあ。泣き…(´;ω;`) 誰かディルムッド救ってやって…
でもそのあとの切嗣とセイバーの会話でズンと深く考え込むものがあって、Fate/Zero初めて☆5つけました。そして読んでて、これまでも何回もあったことだけど、切嗣の姿と英霊エミヤ、つまり第五次アーチャーが被って被ってしょうがなかった。UBWでアーチャーと剣を交えていた士郎はある意味、自分との戦いであると同時に、自分の父親(義父だし、士郎は切嗣がそういう考えを持ってたとは知らなかっただろうけど)とも戦っていたんじゃないかなと、そう思った。
その姿がどんなに道を踏み外していても、どんなに残忍で冷酷であろうとも、全ての戦いを終わらせることを願う、ただそれだけの為に戦う切嗣を責めることは出来ないなあ…切ないわ… 切嗣はどんな想いで士郎を育ててきたんだろう。はやくレアルタヌアやり直したい…って結局はここに帰結するんだな。五巻も楽しみです。

2013/06/13 00:07

投稿元:ブクログ

物語も後半戦に突入。ここからバタバタ倒れていきます。
アニメには無い細かい描写が意味深で痺れます。
読んでみて改めて思うのはライダー陣営の運の良さは、やはり半端じゃないということ。

2011/04/16 19:36

投稿元:ブクログ

・冒頭、リュウノスケの宗教観が非常に面白い。

・やっぱりライダーとウェイバーの関係が非常に心地良い。ウェイバーがどういう風に覚醒するのか本当に楽しみ。

・ランサー戦がマスター死亡で終わるだろうなぁってのは予想していた。けれどここまで悪辣にやるとは思ってなかった。なるほどサーヴァントが先に死なないと、そのサーヴァントがはぐれになっちまうんだな。それか、マスター死亡後、魔力供給が切れる前に殺ると。キャスターは復活しなさそうだし。となると、言峰の伏線からすると、マスターが先に殺される事例が今後出るな。ウェイバーあたり殺されそうだなぁ・・・

2013/05/06 16:37

投稿元:ブクログ

4巻は、キャスター討伐と、ランサー陣営敗退がハイライトでしょうか。
全体的に、Zeroはそれぞれの英霊たちの描写が良いですよね。
その英霊たちの矜持だったり、理想だったり、思想だったり、
そう云った物が凄く細やかに書かれていて、其々に感情移入してしまいます。

神童と謳われ、ロードエルメロイと呼ばれたケイネス先生の残念っぷりが…!
元はと云えばイスカンダルはケイネスに呼ばれるはずでしたが、
もしそうだったとしたら、こうまで酷く墜落する事も無かったでしょうし、
でも征服王としては窮屈でしょうね。
令呪でサーヴァントを自害させ、揚句自分の愛する婚約者も殺されるという、
嘗ての栄華とこの残念な末路とのギャップが、本当に容赦ない…!
龍之介は、無垢な悪…と云った印象でした。
キャスターも序盤に落ちたので、あまり目立った活躍は無かったですが、
神は人間を愛している…という所の話など、興味深い点もありました。
セイバーに対する好意の様なことを語るギルガメッシュを見ていると、
Stay nightの「手に入らないからこそ美しい物もある…」のシーンを思い起こします。
もう一度ゲームがやりたくなりました。

2012/08/08 17:31

投稿元:ブクログ

フェイトゼロ4読了。なんという熱く燃える展開!この共闘は熱い!燃え要素をこれでもかとばかり詰め込んだ共闘でした。そしてやっぱりライダーとウェイバーかっこいい。ウェイバーの、わかってる!わかってるんだよ!がこう…ぶわってきた…この二人がますます熱い

2012/05/13 16:22

投稿元:ブクログ

舞弥の存在を忘れていたのは私です(笑)

切嗣はどこからともなく現れて、物語的に良いとこを持っていくなぁ。

2012/01/19 11:19

投稿元:ブクログ

前半のサーヴァント、マスター達の群像劇から、一転してものすごいバトル展開。
話がどんどん展開していくので、ついつい夢中で一気に読んでしまいました。
それぐらい4巻は面白かったです。
戦闘シーン、滾るわ~(笑)

2011/10/17 21:38

投稿元:ブクログ

ついに聖杯戦争から脱落者が出て話が動く。

切嗣の立ち位置もはっきりし、セイバーとの亀裂が決定的に。
個人的には切嗣の行動に共感できるものの、やっぱりランサーの最後はつらいものがある。

2013/06/27 12:52

投稿元:ブクログ

彷徨う綺礼、遂に決着が付くキャスターとの戦い、そして切嗣の戦う意味。全てが交差し合い、絶妙な物語を生み出している。

2011/10/23 12:21

投稿元:ブクログ

キャスター脱落。
龍之介がマスターに選ばれた理由がわからない。単純に悪の象徴なのか。それとも目的を持って人を殺す切嗣に対し、殺しそのものが快楽という目的である龍之介という対比の構造なのか。

ランサー脱落。
英雄の怨霊化が書きたかったのかな。

切嗣の価値観が明らかに。
この価値観が、最終巻の聖杯との間の問答に対する伏線か。

F15切なすぎる。
出てきた瞬間に笑ってしまった。あー、やられ役。しかもそのことを登場人物であるパイロット自らに語らせているし。メルセデスとか、VMAXとかの現代の機械は、伝説の宝具との対比の意味で描かれているのか。それともただ単に戦闘シーン等を絵的に美しくするためなのか。

2011/10/13 09:58

投稿元:ブクログ

第四次聖杯戦争,今回の三つの出来事は!

キャスターが大怪獣を呼び出して
セイバー,ランサー,ライダーが協力して叩きのめした!

セイバーとランサーの戦いの横で切嗣が
ケイネスに令呪を使わせランサーに自害させた!

切嗣の最小限の被害で最大限の効果を得るためには
どんな悪辣な事でもするという姿勢にセイバーがぶち切れた!


そんな感じで.

あとはアーチャーとの問答によって綺麗が自分の欲望に気付いたり
監督役の神父が暗殺されたり
アイリの体調がどんどん悪くなっていったりと
まぁ他にもいろいろな出来事があったわけですけどねー.

いやー,いいよ切嗣君.
目的の為に手段を選ばない.
そして最大多数の最大幸福を求める姿勢がまさに「正義の味方」じゃないか.

5点あげちゃう.

2012/01/05 19:36

投稿元:ブクログ

こっそり征服王の伝記を立ち読みするウェイバーいいねw
何やかんやライダーに諭されていくことで着実に成長しているであろうウェイバー。
こういう、戦いを経て成長していく様は間違いなく主人公格。
…まあ、周りは年長者ばかりでこれ以上伸びなさそうな方々ばかりってのもあるけど。

英雄王との語りで何かが見えてきた綺礼。はてさてこの後2人はどう動くか気になるところ。

それにしても…ランサーというクラスは不運というか、自害してしまう運命なのか。
祈りも誇りも砕かれた分こっちの方が悲惨であるが。

この結果をもたらした切嗣はほんと外道過ぎる訳だが、彼の持つ信念もまた間違っていると一概に切り捨てる事もできない。
彼の長い長い「正義」感に関する語りは必見。

2011/08/20 14:09

投稿元:ブクログ

この巻の竜之介の「神様は人間大好きなんだ」のくだりが凄い好きです。今年は特に色んなことがあっただけに、凄く心に響きました。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む