サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 七姫物語 第6章 ひとつの理想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

七姫物語 第6章 ひとつの理想(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/435p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-870552-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

七姫物語 第6章 ひとつの理想 (電撃文庫)

著者 高野 和 (著)

七つの宮都市が割拠する東和の地は、時代の変革期にあった。争う理由を探し出し、異なる未来図に戦いを仕掛ける一宮、二宮の大連合軍。双子都市に向けられた中央の大軍に、各地方都市...

もっと見る

七姫物語 第6章 ひとつの理想 (電撃文庫)

767(税込)

七姫物語 第六章 ひとつの理想【電子特別版】

767(税込)

七姫物語 第六章 ひとつの理想【電子特別版】

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

七つの宮都市が割拠する東和の地は、時代の変革期にあった。争う理由を探し出し、異なる未来図に戦いを仕掛ける一宮、二宮の大連合軍。双子都市に向けられた中央の大軍に、各地方都市の寄せ集め軍は結束を示す。動乱の最中で、各都市が掲げる平和の巫女姫達は、それぞれの意志を語る。定まらぬ世界のかたち、幾重にも交差する姫影、夏草が匂い立つ季節の中で、複雑に混じり合うのは東和の模様。向き合う七人の姫達、その中の一人、一番小さな最後の姫は東和七宮空澄姫。彼女が見る世界と人々、その眼差しと笑顔のための物語。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

祝!電子書籍版刊行

2016/05/15 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めげる - この投稿者のレビュー一覧を見る

七姫物語は私がライトノベルから遠ざかりつつあるときでしたが、独特の世界観が気に入って、6巻の完結まで追い続けた作品で非常に思い入れがあります。
このたび電子書籍版が刊行、しかも電子特別版】として過去「電撃hp SPECIAL 2004 SPRING」に掲載された『七姫物語 挿話 向日葵の光景』と「電撃hp SPECIAL 2004 AUTUMN」に掲載された『七姫物語 東和紀行 晩夏、そして早風』が収録されるということで、再読してみたいと思います。
番外編はこのほかに「電撃スマイル文庫 つなげよう!希望の絆!!」収録の短編がありますが、こちらは収録されなかったのは残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/27 14:00

投稿元:ブクログ

大好きなシリーズだったので終わってしまって残念。
カラとヒカゲの成長をもう少し見守っていたかったのですが…。

後日談でカラとヒカゲの大人になった話希望。

2012/02/04 10:24

投稿元:ブクログ

これで終わりかぁ。
正義であり続けるあるためには敵が必要だけれど、その相手を打ち負かしてしまうと悪である・・・。みたいな真都のパラドクスの中で努力する翡翠が面白かった。6巻という少ない巻数の中でもそれぞれの宮姫を印象的に描かれていたので読み飽きなかった。だからこそ彼女達のこれからが気になって仕方がない。もっと読みたかった。残念です。

2011/06/12 11:32

投稿元:ブクログ

待ちに待った七姫物語がついに完結。

7人の姫揃ってのお茶会が実現しそうな結末、そしてカラが笑って終わる最後はこの物語らしい透明で気持ちのいいラストでした。

完結してほっとしたけれど、まだまだ続きが読みたいなという気持ちもあったり。


今度は短編等で、この後の話や作中に語られなかった話なんかで出る事を期待してます。

2011/06/15 17:47

投稿元:ブクログ

完結。「七姫物語」だから全7巻の方がきりがよかった。
予想された終着点へどうやってたどり着くかとはらはらしました。

2011/06/13 11:25

投稿元:ブクログ

私が学生のときから刊行が始まった七姫物語も遂に完結。
本当ここまで長かったけれど、完結してくれた事それだけで嬉しい。

前巻からの各都市間の政治的なあれこれがどう収束するのかとハラハラしていたが、最後はやはり七姫らしい所に落ち着いた印象。
曖昧で完全に腑に落ちない部分はちらほらあれど、取りあえずはそれでいいじゃないか、と思えてしまうのがこのシリーズの良さだと思う。
そもそも宮姫そのものが色んな面倒事を曖昧にすませる為の存在だし。

勿論本編は完結したけれど短編集などで、今回曖昧に終わった事をいくつかはっきりさせて貰えたら、とは強く思う。

あとカバーイラストが予告などで公開されていたものより随分トリミングされていたけど、絶対トリミングされていない物のままが良かったと思う。そこは非常に不満。

2011/06/14 23:05

投稿元:ブクログ

読み終わったー

終わっちゃうのは寂しいな。
私はよい終わり方をしたと思う。
ただこれは見る人によってはもやもやしちゃいそうだわ。

あとがきを読んでなるほどなぁと思いました。
七姫物語だからなんとなく七巻で終わってほしかったけれども、
七巻目はたぶんカラとコクヨウさんの話になるというのをあとがきで読んで、たぶん二人の立ち位置が変わっちゃう、そんな話を私は望んでないんだろうなぁ。だから六巻が最終巻でも納得できる感じ。

ひとつの事柄をいろんな人の視点から見れるのが好きでした。

時間がかかってもいいから作者さんが納得できるような7巻も見てみたかったりします。(結局どっちなんだ自分・・・

2011/06/23 23:04

投稿元:ブクログ

だいぶ待ちました。七姫物語の最終巻です。
三国志ライクな群雄割拠なお話なので、視点を変えればとても血なまぐさい話になるわけですが、宮姫視点、特にカラさん視点で描かれているため少し優しい雰囲気になっていて、個人的には電撃文庫で最も好きなシリーズでした。
宮都市同士の対立は終結していないので、七都市の物語自体はまだまだ続きがあるのでしょうが、このシリーズらしい幕引きであると思います。ただ、魅力的なキャラは多いので、サイドストーリー的なものは期待してしまいます。

2011/06/17 23:42

投稿元:ブクログ

完結おめでとー!
そして、お疲れ様でした。
カラが、テンがトエがみんなが大好きで、
終わっちゃうんだなと思うとあまりに寂しいです。
もっと、ずっと見ていたかった。

2012/09/03 23:26

投稿元:ブクログ

独特の世界観と魅力的なキャラクターたちが素敵な作品でした。
ぐいぐい読ませるような作品ではないのですが、それでもちょっとずつ続きが読みたいと思える作品でした。
戦争もしているのに、そんなにハラハラする感じではなく、私的には落ち着いた気持ちで読めるのはとても良かったです。
ここで終わってしまうのは惜しい気がします。
トエ様とテン様、衣装役さんの過去の話も読んでみたかったです。

2011/07/10 00:50

投稿元:ブクログ

この人は田中芳樹と同じカテゴリの人だと思っていたので、完結巻が出るとは思わなかった……。話が終わったのかというと微妙だけど、戦記物である以上、こういう終わり方もありだとは思う。

2012/05/09 11:35

投稿元:ブクログ

最終巻です。
 終わり方はこれでよかった気がします。
  これから先の話も読んでみたい気がしますが。

 最後に向けて、いろいろ話を盛り込んで煩雑になっている所もありますが、何とか収束させた感じです。
 やはり、突然な終わり方の感もしますが、この世界ならこれでもいいのでしょう。

 全体的にふわふわした世界観は七姫さんが語ったところがいいですが、中での殺伐とした戦いも、オブラートに包まれて鋭さに欠けた感じです。
 みんな好い人にしすぎた弊害ですね。

2011/06/26 16:20

投稿元:ブクログ

完結。
非常に透明感のあるライトノベルだった。

あちがちな「敵の敗戦」でないところがラノベにしては珍しいところか。
現実の戦争ではよくある落とし所なんだけど、カタルシスを求める傾向の強いラノベでこれは珍しいな、と。

2011/11/09 19:34

投稿元:ブクログ

最終巻ですね~
なんとなく丸くおさまった気がします。
読み応えはあったけれど、最後に琥珀姫殿下が
出てきて欲しかったです。

2015/04/29 14:33

投稿元:ブクログ

まずは完結おめでとうございました。前巻から3年近く経っているのに、最初の2P読んだだけで世界に入り込めたし、新しい話が読める嬉しさと文体から伝わる変わらない清廉さに感動していました。ここで一区切りなのも終わり方も納得したのですが、世界観と透明な文体のファンとしては、もっとこの世界を堪能していたかったというのが正直な感想です。何年かかってもいい、自費出版でもいい、いつかこの続きを読める日が来るのを願ってやみません。せめて未収録の話を一冊にまとめて、七姫物語全七冊にしてみませんか、電撃文庫様……!

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む