サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤鬼はもう泣かない(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/294p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451276-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫)

著者 明坂 つづり (著)

女子の二の腕をなめてしまったヘンタイ中学生(?)・西遺大豪は単身、地方の学校へと転校させられる。奇妙な担任やクラスメイトたちに囲まれながらも転校生活を慎重に送ろうとするの...

もっと見る

赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫)

637(税込)

赤鬼はもう泣かない(イラスト簡略版)

324(税込)

赤鬼はもう泣かない(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より313おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

赤鬼はもう泣かない

637(税込)

赤鬼はもう泣かない

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

女子の二の腕をなめてしまったヘンタイ中学生(?)・西遺大豪は単身、地方の学校へと転校させられる。奇妙な担任やクラスメイトたちに囲まれながらも転校生活を慎重に送ろうとするのだが、いきなり隣の席の女生徒・喪庭ここめに指を吸われてしまってドキドキ。しかし村中の人々からは、なぜだか「垢嘗」という妖怪あつかいをうけてしまう大豪。対するここめは大豪の血を吸ったせいなのか、徐々に変化していくのだが…!?第5回小学館ライトノベル大賞、審査員特別賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【小学館ライトノベル大賞審査員特別賞(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ちょっと違う中学生の集う学校

2015/08/17 13:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生の西遺大豪はクラスメイトの女子の腕を衝動的に舐めてしまった結果、山奥の学校へ転校させられることになった。その村で彼はなぜか、垢嘗と呼ばれてしまう。
 そして、となりの席になった喪庭ここめは、いきなり彼に指先を出すことを要求し、血を吸い出す。クラスメイトの屍合没子は幸せな人を呪うし、欺波健司は水をかぶる。誰もが少し、いや、かなり変だ。
 やがて彼は、この村に隠された秘密、そして、ここめの秘密を知ることになる。

 半妖が集められた学校、彼らが住む村、そしてそれを囲む人間。極めてシリアスな環境ではあるはずなのだが、当の本人が自分を変態なだけの人間だと思いこんでいるので、なぜかコメディタッチになるという不思議がある。
 しかしそうすると逆に、何が描きたかったのかもよく分からない気がしてくる。単に昔話を現代版にしたかったのか、あるいは他に何か理由があるのか。ボクの理解力では中途半端な感が否めない。ホラーでもスリラーでも遠野物語でも水木しげるでもないし、ラブコメでも学園ものでも日常ものでもないというか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/11 22:26

投稿元:ブクログ

「垢舐め」って言われて手を出さないわけがない…!すげぇかわいかった。びっくりした。ガガガの癖に!ガガガだったけど!最後は「自分たちだけ幸せ系」に持ってってくれてもよかったなぁと思う。まぁでも主人公が主人公だからシリアスにはなれないな…。かわ…

2011/06/26 00:19

投稿元:ブクログ

ギャグとみせかけてシリアス
シリアスとみせかけてギャグ
個人的にはギャグというより萌え小説という印象だった

屍合さんかわいい
しね!

2011/12/21 19:16

投稿元:ブクログ

女子の二の腕をなめたことで田舎の学校に転校することとなった中学生・西遺大豪。転校先で隣になった女の子・喪庭ここめに突然指ちゅぱされ・・・

2011/10/10 21:49

投稿元:ブクログ

白身魚先生の絵に惹かれてのジャケ買い&1冊読みきりってスタイルに
好感を持ったのとでした。

序盤、無駄に下品な表現・発言が続き、うんざりしかけていたのですが、
中盤以降のシリアスな展開になると一気に惹きこまれました。
序盤の下品な言動が必要だったのか疑問なので★-2しましたが、
一気に読ませる内容&読みやすさでしたね。

同じく中盤までイラっときた屍合さんが、最後まで読むと
この子は単にこういう子なのね、と可愛くなりました(笑)。
あと何と言ってもヒロイン・ここめが可愛いので、
物語に説得力がありました。

まぁ、昔話がモチーフなだけに、結構エグさ・厳しさも
あるので、昔話風味と割り切れないと厳しいかもですね。

2011/07/16 15:02

投稿元:ブクログ

たいへん面白うございました。
日本の伝承物語をラノベ風にまとめた、と言えばいいのかな。しかも学園ものに。
さておき。妖怪と人間の関わりを描いたラノベは数あれど、古来からの共存問題のスタイルなのが独特な面白さを創りだしている。
文章についても、語りすぎないところが丁度いい塩梅でうまいと思う。読み手にイメージさせるような書き方がいい。そのせいか1冊のページ数の割には物語の密度があった。
この話の続編も当然読みたいけれど、もっとほかの物語も読んでみたいと思わせる作家さんでした。

2011/12/25 00:39

投稿元:ブクログ

実は垢舐めの子だった主人公の少年が、羅刹の守役になるお話。

意外と面白くはあったのだが、書き手が若いなあ、っていうのと、脈絡とか必然性がない展開が多くて、少し疲れた。
特に前半がね。やらなくても良い馬鹿をやってどんどん自分を追い込んでいくのが、ガキのやることとはいえ、見ていて辛かった。
その情けなさとのギャップで、最後の彼の覚悟が際立つというものではあろうが、その決意の上でやったようなことも、別にやらなくても話はすんだのでないかと思うと、読後に微妙なものが残ってしまった。
いや、生肝を食らうとかの話は、かなりインパクトのある描写を得られるシーンだとは思うのだけれど、前後の展開を考えると、なんとか避けたほうがむらに受け入れてもらうための手段としては良かったのでないかと思うのだ。
重いことなだけに、どうしてもそれをやらなければならない説得力を、もう少し突き詰めて欲しかったと思う。
そうできていなかったのが未熟さ若さだとは思うのだが、全てを振り捨てるかのように疾走する感覚は、これもまた若さ故のものであろうかと思うと、今書けるものを書くのは大切なのだろうと、思う。

2015/07/04 13:41

投稿元:ブクログ

妖怪の学校での日常生活系の話かと思って読んだら全然違った。
最初はギャグで終盤は結構シリアス。なかなかよかった。

ここめかわいい。指チュパされたい

2012/03/26 21:34

投稿元:ブクログ

おにゃのこペロペロ.
そういう話です.
違います?
クラスメイトの二の腕をペロペロしたことが原因で
転校させられることになった西遣大豪.
奇妙な担任やクラスメイトに囲まれながらも転校生活を慎重に送ろうとするが
隣の席の女の子・ここめに指を舐められ血を吸われる.
村人からは「垢嘗」という妖怪扱いをされたりなんだり戸惑う大豪.
対するここめは大豪の血を吸った影響なのか徐々に変化していくのだが….

というわけで第5回小学館ライトノベル大賞 審査員特別賞受賞作ですよ.
それなりに面白かった.
でも大人たちが嫌いだなぁ….
ピンクチラシの裏にメモを取る自称カウンセラーとか特に.

2011/09/04 00:04

投稿元:ブクログ

なんかもやもやするけど、最後の方は良かったんじゃないかな。面白いとは言えない。ヒロインが別段可愛いとも思えない。でも多分つまらなくは無いよね。そういう評価。

2011/07/31 06:04

投稿元:ブクログ

審査員特別賞受賞作。若干の麻枝カラー。
テンポいいし、笑えるポイントもあるし、感動のストーリー展開。基本に忠実なライトノベル。

2015/09/06 09:11

投稿元:ブクログ

審査員特別賞と知って納得。女子の二の腕を舐めて反省しない反省文を書いた主人公が強制的に転校させられた学校で、指をちゅうちゅうする可愛い女の子と仲良くなる話。こう書くとちょっと変な人たちのラブコメかと思うがとんでもない、ひぐらしとまでは行かないが、前半と後半で日常パートと真実パートがきっちり分かれる立派な妖怪ものでした。親しみのある、どこかジュヴナイルでもやっていけそうな語り口が馴染みやすく、ヒロインというより子供に懐かれた感じのここめが可愛い。白身魚さんのイラストとも相まって、一つの村の世界を書ききっている。埋もれた良作に出会えた気分。

2013/11/07 15:48

投稿元:ブクログ

閉鎖された村で鬼をめぐる話。
終わり方がなぜハッピーエンドになっているのかよくわからなかったが、恋愛ものとしては主人公の出番が少なかった。
伏線をいろいろとはっているので、二回読むとまた何か見えてくるのかもしれない。

2011/06/20 00:25

投稿元:ブクログ

 第5回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞受賞作。イラストが白身魚さん。買うには理由充分ですね。
 あとがきないのに早速面食らいます。

 ボケと突っ込みが読んでて心地いい前半戦。20Pぐらい読んだところで友人にメールするほど引きこまれた前半の雰囲気のまま/苦労性の先生含めた学園ラブコメで最後まで突っ切ってたら星5つ。

 一気にシリアス後半戦。シリアスすぎてちょっと引いた感はある。どこかで選択肢間違っちゃったような苦さがどうも…。
 ゲームのシナリオの数多あるルートのひとつって感じかな。
 そもそもあれだけの排他行動に走った人達を、なんの落とし前も無しに「許した」らしい。神さまかお前は。

2011/11/16 21:49

投稿元:ブクログ

麻枝さんが絶賛していたのと、イラストが白身魚ということで購入。恐るべし表紙効果。麻枝さんがそのギャグを押していたけれど、そんなにドッカン2来るところはなく、全体的にシリアス多めな感じでした。主人公が変態な設定は結構好きで、出だしも良かっただけに(クラスの雰囲気や壊れている先生など)その最初の設定をうまく使ってストーリー展開なされていたらハマっていたと思います。でもこれが処女作なんですよね。次の作品に期待。ちなみに一番好きだったキャラは先生でしたw。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む