サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. オブザデッド・マニアックス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オブザデッド・マニアックス(ガガガ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451277-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫)

著者 大樹 連司 (著)

授業中、いつも妄想していた。もしも今、この学校をゾンビたちが襲ってくれたら—。恐怖の叫び声を上げ逃げ惑うクラスメイトたち、何もできずおろおろする先生…。ざまあ見ろ、最高だ...

もっと見る

オブザデッド・マニアックス (ガガガ文庫)

648(税込)

オブザデッド・マニアックス(イラスト簡略版)

324 (税込)

オブザデッド・マニアックス(イラスト簡略版)

ポイント :3pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オブザデッド・マニアックス

648 (税込)

オブザデッド・マニアックス

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

授業中、いつも妄想していた。もしも今、この学校をゾンビたちが襲ってくれたら—。恐怖の叫び声を上げ逃げ惑うクラスメイトたち、何もできずおろおろする先生…。ざまあ見ろ、最高だ!ゾンビ映画ばかり観て現実と向き合えない高校生・丈二。しかし、嫌々参加したクラスメイトとの夏の合宿で、本物のゾンビハザードが丈二とクラスメイトを襲う!ボンクラでオタクな僕が、みんなを救ってヒーローになる!?さらに学校一の美少女も思いのままに!?怨念じみた妄想が現実になったとき、待ち受けるのは天国か、それとも地獄か!?—。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

後ろに「オブザデッド...

ジュンク堂書店千日前店さん

後ろに「オブザデッド」と付けると、何でもゾンビ物っぽくなると思いませんか?
「よつばとオブザデッド」
「水戸黄門オブザデッド」
「ひだまりスケッチオブザデッド」は要するに「まどか☆マギカ」のことで「徹子の部屋オブザデッド」は司会者が既にゾンビを超越している気がしますね。

さておき。

非日常の訪れを願ったことのある人は、さほど少なくはないのではないかと思います。
けれども、それが本当に起こってしまったら?

クラスカースト最下層、ゾンビ映画オタクの丈二は、ゾンビが学校を襲い、自分が持つ知識で戦って英雄になることを妄想していた。
そんな彼の前に本物のゾンビが現れ、合宿中のクラスメートを襲い始める……。

章題やストーリーのそこかしこに配置された小ネタから、定番の/有り得ないほどの御都合主義展開に至るまで、ゾンビ物へのオマージュや蘊蓄を散りばめつつも、スクールカースト下層の人間が持つ心のほの暗い部分や、非日常下における人間の嫌な部分も丁寧に描いてたこの作品。

ゾンビ映画好きはもちろん、そうでない方にも楽しんでいただけるのではないかと思います。

(卯)

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゾンビ映画愛に溺れそう

2011/10/26 22:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ゾンビ映画オタクの安東丈二が担任の佐武来実に参加させられた夏季合宿で訪れた孤島。みんなは外で思い思いに夏を満喫している中、彼は丹咲いずなと共に補習を受けさせられていた。もっとも彼はクーラーの効いた部屋にいたくて、わざとテストを白紙で出したのだが…。
 そんなどこにでもある様な夏の学校風景は、突然一変する。彼らを大量のゾンビたちが襲い始めたのだ。原因は不明。でも噛まれると感染してゾンビになる。そんな恐怖の状況に、安東は歓喜に打ちふるえていた。ついに自分が主人公になる時が来たのだ、と。

 しかしなかなか映画の主人公の様には活躍できず、それどころか逆に、委員長の城ヶ根莉桜に助けられてしまう始末。なかなか妄想の様に、格好良く美少女を助けて惚れられるなんてことは起こり得ない。
 それでも、他のクラスメイトを助けに行った委員長に託され、クラスでも虐げられる側の江戸川明広や小伏鈴を連れ、合宿所を脱出する。しかしその過程でも、自動車を運転できる江戸川や、サバイバルに長けた小伏に活躍の場を取られ、ゾンビ知識の活かし所がない。
 そこで、自分の活躍の場を求めて、ショッピングモールへ移動することを提案するのだが、そこは、委員長の帝国と化していた!

 ゾンビ映画愛にあふれた作品で、簡単なゾンビ映画の歴史は読めば分かってしまうかもしれない。学校で虐げられる側だったら、一度は、事件・事故が起きてクラスメイトが危機に瀕し、それを自分がヒーローとなって救うという状況は妄想したことがあるかもしれない。この作品ではまさにそれが起きるのだ。
 しかしこのとき起きる革命は、単に立場が逆転してしまうだけのもの。それを肯定してしまえば、元の世界も肯定しなければならないという、精神の矛盾が起きてしまうのだ。素直に受け入れればもしかするとヒーロー。でもそれをやれば、かつて自分がやられていたことも認めなければならない。そんな葛藤がここにはある。

 だが、それゆえにフィクションは存在する。フィクションの中でならば、何をやっても許される。現実が辛くなったら、現実逃避をしても良いじゃないか。そこで活力を得て、また現実に立ち向かえば良いのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/21 22:26

投稿元:ブクログ

普段教室では虐げられている一芸に秀でた非リアが、特殊な状況下でリア充に下克上する話がメイン。ゾンビはその象徴というか、舞台装置です。
非リアのための物語、最近多い気がするなあ。
たしかにホラー映画なんかだと特にとりえもなくチャラチャラしてるだけの奴が真っ先に死ぬよな。

2013/03/20 15:02

投稿元:ブクログ

サクサク読めるし、この後の展開はどうなるのか、っていう引きもあって面白かった。エンディングも青春的なハッピーエンドで読後感もとても爽やか。

ただ、ゾンビ物として見ると、ちょっとイメージとは違うかもしれない。主人公たちは普段学校ではしいたげられている立場だったりと、クラス内階級が話の中心にあって、それに対する主人公と莉桜の意見の相違が面白い。そういった点でもゾンビ物というよりかは青春物のイメージが強い。
そんなこんなで、ゾンビ自体は話の本筋から離れてしまうこともあって印象は薄い。
昔ながらのノロノロゾンビで、あっさりやられてくので、正直緊迫感にはかける。
まあ、作者としてはゾンビに対する恐怖を描きたいワケではなく、上述の様な、クラス内階級とそれに対するそれぞれの思いに関して描きたかったのかなとも思うので仕方ないか。

他のレビュアーの方々の意見にもあったが、ルミ姉の存在が邪魔だったなぁ…そもそも強すぎだし、ぶっとび過ぎていて、ある程度リアル感のある物語の中で完全に浮いてしまっている。ラストも、ルミ姉抜きで、仲間たち五人で力を集めて切り抜けるって展開の方が燃えたかなと。

ラノベらしく、主人公と莉桜、いずなの3人はしっかりキャラがたっていたし、莉桜といずなの二人はキャラとしてとても魅力的だった。物語途中からのいずなのデレは破壊力抜群だったし、莉桜のぶっとんだ考え方もそれはそれで過去にあまりないキャラだと思うので良かった。イラストもよかった。
若干ハーレムに近い展開になるので、自分の様にそういうのも好きな人にはすごいハマると思う。

2011/09/28 21:46

投稿元:ブクログ

 ライトノベルというものを読んだことがないくせに、「ゾンビ」ものだということで読んでみましたが、怖くない。ゾンビオタクの少年の妄想がたまたま現実化しするという話。高校の勉強合宿の舞台となった離島がバイオハザードに見舞われて、主人公たちがショッピングモールに集まるという話なのですが、悲壮感はありません。軽い萌えアニメ調なのはライトノベルのお約束なのでしょうか。とはいえ主人公たちは類型的ではありますが、魅力的。これも偏にイラストレーターの力なのでしょうか。

2011/07/02 21:55

投稿元:ブクログ

作者のゾンビ映画への愛情が溢れ出た作品。
普段はオタクで鬱屈した毎日を送っていたのだが、ゾンビ映画の大のマニアだったので、その知識を活かして一躍ヒーロー!女の子にモテモテ!
的なきちんとラノベ文法を守った童貞の妄想大炸裂の非常に良い作品です。
途中、クラスのヒエラルキー下位を経験したことがある人なら誰でも一度は抱いたであろう暗い願望的なものが前面に出すぎていて、一体どうなってしまうのだろうと色んな意味ではらはらしましたが、爽やかな結末を迎えることになります。このあたりもきちんとラノベをしていて大変好感が持てます。話的に次回作は難しいかもしれませんが、もし出るのであれば読みたいと思う一冊でした。

2011/10/09 22:39

投稿元:ブクログ

 学園ゾンビなラノベ。しかし、なんとも素晴らしい傑作でありました。
 オーソドックスなゾンビ映画をなぞるような展開でスタートするが、中盤以降はスクールカースト問題を巡る内容が中心に据えられていく。
 ロメロがゾンビ映画で風刺した消費社会が、学校内の風景に置き換えられる。そのストーリー展開がいかに幼稚であっても、妙に説得力を感じてしまうのだ。
 「非常時にあってはLPレコードさえも兵器となる。」とか、ゾンビ映画ファンをいちいち微笑ませる細やかな描写も好し。そして、青春物語に終結していくラストもまた好し。

2013/06/18 20:47

投稿元:ブクログ

孤島でゾンビ騒動.
途中まで面白かったんだけど
厨二病をこじらせた委員長が独裁政治をやりだしてから
面白くなくなったな.
ああでもエロゲ的な「お背中お流しします」とか
「ご主人様,お願いします,あたしを,抱いてください」とか.
ゾンビモノなのにサービスシーンがあったわ.

エロシーン突入かと思った?残念!ガガガ文庫でしたー!

というわけですね.

2014/12/31 01:35

投稿元:ブクログ

1冊完結の青春ゾンビ小説。
この作品が気に入った方は同じ作者の『ほうかごのロケッティア』もどうぞ。

2011/09/04 15:51

投稿元:ブクログ

HOTDの焼き直しみたいなもんか?と思ったらそういうテーマの作品だったか.なんというか発想が面白かった.

2011/06/20 23:30

投稿元:ブクログ

スクールカーストの話が中心でゾンビ映画はその添え物といった印象。
HOTDのデッドコピーかと予想してたけど全然そんなことは無かった。たぶん目指してる方向性は間逆。
しかし、先生は、あれはもうちょっと何とかならなかったのだろうか・・

2011/06/22 01:34

投稿元:ブクログ

エログロバイオレンスがいつの間にかスクールカーストになってて青春小説に昇華した。大変おもしろかったです

2011/09/07 01:28

投稿元:ブクログ

タイトルから察せると思うけどいわゆるゾンビものの作品。後書きにもあった通りJ.A.ロメロ監督作品等を研究している内容だった。ただ主役はゾンビではなくむしろそういう極限状態に置かれた人間模様。文字ではスプラッタは表現しにくいですからね。残念だったのはこれを読んだのがH.O.T.D以降だったということなので読んでいて既視感があったということくらいかな。H.O.T.Dを読んでない人は読んでみてもいいと思います。

2011/09/25 17:34

投稿元:ブクログ

ゾンビマニア+スクールカースト。テーマそのままの本。「下らない日常に戻ったってゾンビ映画(=好きなもの)があるから生きていける」という主張は平凡じゃないか?
章タイトルがツボった。一章「これはゾンビですか?」、二章「アイアムアヒーロー」、三章「LEFT 4DEAD」……と十章「DAWN OF THE DEAD」と続く。ゾンビ好きにはたまらないでしょう。

2011/07/06 23:29

投稿元:ブクログ

もっとめちゃくちゃな話なのかと思ったらそうでもなかった。どうせならもっとゾンビを殺すところをリアルに表現してほしかった。そっちのほうが自分は好きww

2012/02/09 15:00

投稿元:ブクログ

 ゾンビマニアの主人公の目の前で本物のゾンビハザードが起こってしまうという話。テーマとかライバルの描き方がすごく丁寧で巧いし、過去のゾンビものへのリスペクトもある。でもなんか喰い足りない。個人的な理由のせいで冷静に読めてないからかも。

 ゾンビがぜんぜん出てきてないとか、全体的に早足気味だとか、細かい理由はあるかもしんないけど、このモヤモヤの理由にはなってない気がする。

 ショーン・オブ・ザ・デッド的な、ただのパロディじゃ済まさない感じが欲しかったのかな。ゾンビランドみたいな明るさが足らんかったのかな。world war zみたいに新しい切り口が欲しかったのかなー。うーん。


 ビューティフルドリーマーへのリスペクトとパロディもあったなー。衣食住が保障されたサバイバルって憧れるよね。

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む