サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 放課後あいどる 僕と生徒会長の××

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

放課後あいどる 僕と生徒会長の××(ガガガ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.6
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: ガガガ文庫
  • サイズ:15cm/327p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-09-451280-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

放課後あいどる 僕と生徒会長の×× (ガガガ文庫)

著者 鴨志田 一 (著),秋葉原ディアステージ (監修)

少悪魔な真帆、天然な悠里、勝ち気なつばさによるアイドルユニット・コスモスがステージに立ち、給仕するライブ&イベントスペース秋葉原ディアステージ。その店でアルバイトすること...

もっと見る

放課後あいどる 僕と生徒会長の×× (ガガガ文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少悪魔な真帆、天然な悠里、勝ち気なつばさによるアイドルユニット・コスモスがステージに立ち、給仕するライブ&イベントスペース秋葉原ディアステージ。その店でアルバイトすることになった僕だけが知る、生徒会長・真帆の秘密。学校では“氷の女王”と呼ばれるクールな真帆が、ステージの上ではあんな姿に!?『さくら荘のペットな彼女』の鴨志田一と、アキバからアイドルを発信する実在のお店“秋葉原ディアステージ”がコラボレーションした、笑いあり涙ありの青春学園×アイドルラブコメ、いよいよ開幕。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

夢に向かう熱意を笑うな!

2011/10/26 22:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バイト先がいつもつぶれてしまう不幸少年・成田佑介が新しくバイトをすることになったのは、秋葉原ディアステージ。所属アイドルがカウンターで接客をし、ライブも行う場所だ。そのお店で活躍する3人組のアイドル「コスモス」のセンター・石垣真帆に、佑介は呼びとめられてしまう。
 はじめは全く気付かなかった佑介だったが、彼女の名前を知り驚愕する。彼女は、彼の通う秋栄高等学校の生徒会長で、彼が氷の女王と名付けた人物だったのだ!

 図らずも氷の女王の秘密を知ることになってしまった佑介は、真帆から屋上に呼び出され、女の子にだけ使える最強最悪のネタを用いて彼を脅し、秘密をばらさないことを誓わされる。
 そんなわけで、あまり良い出会い方をしなかった二人ではあるが、同じグループの枕崎悠里や奄美つばさと共に、子どもの頃の夢に向かって真剣に努力する真帆の姿を見せられ、段々とほだされていく。

 そんなとき、秋葉原ディアステージの競合であり、真帆とも浅からぬ因縁のあるP@Iの釧路社長から持ちかけられ、P@Iに所属するメジャーアイドル「カラフルキス」と同じ舞台で、コスモスは勝負をすることになってしまう。
 圧倒的実力差にもかかわらず、自分こそ一番だと信じて頑張るコスモスだったが、真帆の思わぬ苦手がピンチを招くことになる。

 生徒会長のドSぶりと、それに対抗する男の子の、作者らしい掛け合いが見られる作品。逆にいえば、秋葉原ディアステージのバックアップを受けていることによる効果が見えにくい作品とも言えるかもしれない。
 最後は次巻への引きがあるので、次巻では取材ネタが生かせる要素もたっぷりと盛り込んで欲しいと思ったり思わなかったり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/29 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ガガガ文庫 ランキング

ガガガ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む