サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. テルミー 2 きみをおもうきもち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

テルミー 2 きみをおもうきもち(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630624-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

テルミー 2 きみをおもうきもち (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 滝川 廉治 (著)

事故で亡くなった二十四人のクラスメイトの最期の想いを背負う少女・テルミー。事故を免れた少年・清隆と共に、テルミーはクラスメイトたちの願いを叶えるため、その身に宿った彼らの...

もっと見る

テルミー 2 きみをおもうきもち (集英社スーパーダッシュ文庫)

669(税込)

テルミー2 きみをおもうきもち

594(税込)

テルミー2 きみをおもうきもち

ポイント :5pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「テルミー 2 きみをおもうきもち」が含まれるセット商品

テルミー (集英社スーパーダッシュ文庫) 2巻セット(集英社スーパーダッシュ文庫)

テルミー (集英社スーパーダッシュ文庫) 2巻セット

商品説明

事故で亡くなった二十四人のクラスメイトの最期の想いを背負う少女・テルミー。事故を免れた少年・清隆と共に、テルミーはクラスメイトたちの願いを叶えるため、その身に宿った彼らの能力を支えに、走り出す。薔薇を育てていた少年が伝えられなかった想いを届けるために。主演女優と脚本家の二人を失った映研部にもう一度映画を作る喜びを思い出してもらうために。悲しみとやさしさが奏でる物語、第二章。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

生きている者には明日が続かなければならない

2011/12/27 20:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 修学旅行中、バスの転落事故で死んでしまった二年三組の24名の生徒たち。事故に巻き込まれてただひとり生き残った鬼塚輝美は、死んでしまった彼らの魂をその身に宿し、成仏してもらうために彼らの最後の瞬間の願いを叶え続ける。もうひとり、修学旅行に行かずに生き残った灰吹清隆と共に。
 柘植忠明は祖母との約束のために。園芸部部長の西川武夫は、三隅理沙に伝えたかった言葉を薔薇と共に伝えるために。夏来朱莉と渡瀬信弥は、女優と脚本家という夢に区切りをつけるために。輝美と清隆は、死者の想いを叶えると同時に、残された人々の心に区切りをつけ、新たな一歩を踏み出させる。

 これは死によって始まる物語。しかし、残された者には明日が続いていく。ゆえに、彼らは死者の望みをかなえるだけでなく、生きているものを絶望の淵からよみがえらせ、希望を与えなければならないのだ。そしてこの生きているものには、彼ら自身も含まれなければならない。

 ラノベのレーベルから出版されているからという理由でこれを読まないヤツは、本読みではないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死者の願い・生者の救い

2011/08/04 20:23

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても綺麗な物語です
死者の想いや願いが美しく描かれています
恨みや嫉妬、執着はなく、淡々と死を受け入れて残されたものへの愛だけが満ちている
前作「超人間・岩村」っぽい雰囲気もあり、人の輪が少しづつ広がっていく

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/07 13:27

投稿元:ブクログ

相変わらず、気持ちのいいジュヴナイル(鬱屈した部分も含めて)

ライトノベルとしては地味な作風だが、テーマをまっすぐ捉えて描き出している。
このままゆっくりと続けていって欲しいシリーズ。

2013/07/30 20:07

投稿元:ブクログ

25人の鬼塚テルミー,にさつめ.
死者の代弁者として
交通事故で亡くなった24人の心残りを解消していく.
今回も面白かったわー.
しかしアレだ
死者の代弁者だなんていうと
ドクペ大好きの某ニート探偵が出てきそうだな.
アレとは違って
コレはホントに死者の言葉を伝えているわけですが.
代弁していないクラスメイトがまだまだ居るし
続きも出るのでしょうか.

2011/07/29 18:05

投稿元:ブクログ

意外というと作者に失礼かもしれないが、大変面白かった。
既に死んだ生徒達が相手の話ではあるけれど、そこを上手く生きている人達の糧に変わるような展開になっている。
今後は鬼塚自身がどう変わっていくのか?全員の望みを果たした後彼女の身に何が起きるのか?というのが気になるし、やっぱ灰吹君とはどうなる?ってのも楽しみです。

2011/08/02 02:06

投稿元:ブクログ

あの時どうして言葉を伝えられなかったのか。どうして行動を起こせなかったのか。
生きてれば誰しも嫌というほど思うことですが、死んでしまうとその想いすら虚空へと霧散してしまうわけです。
本来であれば失われるはずであったその想いを背負い、クラスメイトの最期の願いを叶えるために行動する鬼塚輝美のお話です。当然、辛く悲しくもありますが、やさしさにあふれた物語です。

大きな喪失感や無力感を乗り越え、明日への一歩を踏み出す彼ら、彼女らを見ていると、自分が今できることは何だろうかと考えさせられます。
翻って、己の過去の行いを恥じたり悔いる羽目になったりもしますが、それでも生きている以上、自分のなすべきことを模索し行動しようという気持ちを奮い起させてくれます。

こんなにも読者の気持ちを揺り動かせる物語はなかなかないんじゃないでしょうか。
テルミーシリーズや、一作目の超人間・岩村を読んでも思ったことですが、滝川さんは「どうして、ではなく、どうする」というようなニュアンスのメッセージをとても誠実かつ押しつけがましくなく読み手に伝えてくれるなぁ、と感じます。あくまで個人的にですが。これらの物語は一読の価値がある小説だと確信しています。
願わくば、この作者の物語がもっと多くの人に読まれると良いなと思います。

2012/01/09 17:13

投稿元:ブクログ

物語は良い。良いお話だ。素晴らしい寓話だ。しかしまぁなんとも、地の文がひどいというか気持ち悪い部分がある。これはどうしようもないけどそれでも気に入らない。それがちょっと残念だ。

2011/09/16 14:29

投稿元:ブクログ

まさか次巻がこんなに早く出るとは!!
読み切りが並んでいる感じで読みやすい。
ただ感動するシーンが途中にあるけど、長く続かない。
あっさりと章が終わっていく。
でもこういったもの特有のモヤモヤした終わり方じゃなく、しっかり終わっているのでスッキリ感がいい!
このまま最後までいってほしい。

2013/12/16 12:44

投稿元:ブクログ

中途半端に終わってしまった前巻の続き。内容は前巻と同じく、死んでいった人たちの最後の願いを叶えるお話。
前巻と違い方向性が決まってきたのか、だいぶ話にまとまりができてきた。
ただ、仕方のないことだが一人一人に時間を割くので完結までの巻数が多くなりそう。10巻程度か。
全体的に内容に整理も付いてきて感動もできたので良かった。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む