サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 東雲侑子は短編小説をあいしている

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

東雲侑子は短編小説をあいしている(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 46件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-727522-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

著者 森橋 ビンゴ (著)

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たも...

もっと見る

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

東雲侑子は短編小説をあいしている 電子DX版

648 (税込)

東雲侑子は短編小説をあいしている 電子DX版

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「東雲侑子は短編小説をあいしている」が含まれるセット商品

東雲侑子シリーズ (ファミ通文庫) 全3巻完結セット(ファミ通文庫)

東雲侑子シリーズ (ファミ通文庫) 全3巻完結セット

商品説明

何事にも無気力、無関心な毎日を過ごす高校生、三並英太。楽そうだからという理由だけで図書委員になった彼は、ともに委員を務める東雲侑子の熱のない静けさに、自分の空虚さに似たものを感じていた。しかし偶然彼女の秘密を知ってしまったことから、自分との違いを思い知らされる英太。だが、その秘密のために、彼女と距離を縮めることとなり、失ったはずの感情に胸を締めつけられていく…。早熟な少年少女に贈る、もどかしく苦いラブストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー46件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

緩やかに変わる心

2015/08/27 10:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

三並英太は高校生にして人生に熱を失っていた。その理由のひとつは彼の家にいる。兄・景介の彼女である有美だ。英太が小学生のころから家に出入りしていた彼女に密かに恋をし、そしてその時点から失恋をしていた。そんな経験が、彼から熱を奪ってしまったのだと思う。
 そんな英太が図書委員をやっている理由、それは図書委員が一番楽だからだ。クラブ活動が義務付けられている学校で、図書委員をやっていればクラブに入らなくてもよい。そして図書委員は、週二回の窓口業務をこなせば良かった。

 図書委員における彼のパートナーの東雲侑子は、いつも黙々と本を読んでいる。窓口でも、教室でも、帰宅時の路上でもだ。ある日、英太は彼女が西園幽子という名前で小説家デビューしていることを知る。
 英太があるお願いをしたことから、その見返りに、彼女の取材活動の一環として付き合っているふりをすることになった。一緒に帰ったり、デートに行ったり、家に遊びに呼んだりしているうちに、彼は自分の心が変化していることに気づく。これまで無意識に避けていた有美に、普通に接しられる様になったのだ。

 激しく何かが変化するのではなく、静かに、密やかに、自分でも気づかない間に変化していく心が物語の中心にある。その変化を、章ごとに差し込まれる西園幽子の短編「ロミエマリガナの開かれた世界」が表現している。
 英太が侑子に魅かれるのは分からなくもないが、一方で侑子が英太に魅かれる理由が今のところ明らかになっていない気がする。そのあたりをフォローしつつ、次巻を楽しみにしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/01 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/12 09:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/25 00:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/11 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/25 14:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/22 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/13 10:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/11 20:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/15 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/07 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/08 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/01 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/24 12:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/10 22:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む