サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. あやかしマニアックス! 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あやかしマニアックス! 1(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6694-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あやかしマニアックス! 1 (GA文庫)

著者 夏希のたね (著)

電話口の向こうから、あどけない少女の声が妖しく囁きかける。『私、メリーさん。今あなたの後ろで—スカートまくっているの』「何でそんな事してるの!?」都市伝説や不思議な怪異。...

もっと見る

あやかしマニアックス! 1 (GA文庫)

648(税込)

あやかしマニアックス!

648(税込)

あやかしマニアックス!

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「あやかしマニアックス! 1」が含まれるセット商品

商品説明

電話口の向こうから、あどけない少女の声が妖しく囁きかける。『私、メリーさん。今あなたの後ろで—スカートまくっているの』「何でそんな事してるの!?」都市伝説や不思議な怪異。それらを人知れず取り締まる高校生退魔士の影森和樹は、今日も色々な意味でアブナイ妖怪たちに立ち向かう。そんな彼の前に現れた不思議な少女、亜璃紗・K・サトクリフ。神々しいほど可愛くて、ちょっぴり無口な彼女が、なぜか和樹に急接近!?「だけど僕はきみの想いに応えられない!だって僕の能力はアレを経験したら消えてしまうのだからっ!」恋も変態たちも自重しない、ノンストップ悶絶ラブコメ、開幕。第3回GA文庫大賞奨励賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【GA文庫大賞奨励賞(第3回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

好かれる理由と彼女の正体

2015/08/24 10:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

霊力のない落ちこぼれの高校生退魔師たる影森和樹は、やる気のない師匠である払間火乃華から委託され、その妹のヒカリと共に、街に暮らす変態妖怪どもを取り締まっている。13歳から18歳までの少女の垢しか舐めない垢嘗めや、12歳以下の少女の写真しか撮らない赤マント、自分を磨くために裸体を晒す口裂け女など、変態がいっぱいだ。
 かくいう和樹は、家にメリーさんという居候を住まわせている。外見は小学生くらいの少女らしいのだが見たことはない。見れば彼を殺さなければならないのが怪異の宿命なのだ。だから姿は見たことがないけれど、かいがいしくお世話をして仲睦まじい。

 そんな状態を従妹である払間ヒカリは許せない。嫉妬と素直になれない気持ちのせめぎ合いで、それが暴力に変質して和樹を襲うのだが、更にここに、亜璃紗・K・サトクリフという美少女が現れ、和樹に異常なまでの好意を示してくる。
 学園中の人気をさらう美少女の存在は、羨ましいけれどどこか異常。そしてそれまで学園のアイドルの地位にいた絡屋咲八は、その地位を奪われ面白くない。変態妖怪どもをいなしつつ、やがて明らかになる彼女たちの正体とは…?

 変態妖怪たちに好かれる退魔師のボケとツッコミの日々を描く。途中から結末は大体見えていたけれど、その結論で大丈夫なのか?
 最近、妖怪とコメディを絡めた作品が多い気がするが、これもその一つ。そこに、妖怪と人間のハーレム系ラブコメが加わっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/21 19:52

投稿元:ブクログ

ゆるゆるっと読めて好感。内容はあやかしと言う名の変態成敗物語でオッケーですか?(笑)都市伝説扱ってる他作品を最近読んだお陰でメリーさんとかターボさんとか見覚えがある単語が並んでたけど、こっちはこっちで一捻りされてて面白かったです。最後ののオチは想定外のところからボールが飛んできた(笑)この物語のヒロインは2人。異論は認めますん。

2011/10/17 23:17

投稿元:ブクログ

真ヒロインのメリーさんの中の人が気になる。犬洞あんさんのイラストが素敵。次巻はぜひ修羅場も極めてほしい。

2012/09/29 11:59

投稿元:ブクログ

霊力のない退魔師の少年がメリーさんと同居しつつ
暴力的な幼馴染に殴られつつ,
妙な時期にやってきた転校生とイチャイチャしつつ
妖怪退治?をする話.

暴力的な幼馴染が不要だな.
理不尽に暴力的だというか….
まぁそれは少年が鈍すぎるというのもあるんだろうけど.
一番可愛いのはメリーさんだね.
次点で転校生ちゃん.

2011/11/07 01:48

投稿元:ブクログ

ひろいもの。これがあるからGA文庫は侮れない。
ボケツッコミ系(そんなカテゴリがあるかはおいといて)の中では
かなりハイレベル。ハイレベルという単語を使うこと自体に
違和感をおぼえなくもないが…
報われない幼馴染と美少女ワケあり転校生とのトライアングル、
という設定はありきたりというかスタンダードだが、
同居幼女(真ヒロイン認定)と、美少女ワケあり転校生の正体など
うまく料理しているため、素直に楽しめる。シリーズ化を願う。
設定はベタでもアレンジ次第でなんとでもなるということか?
テンポもよく、登場する妖怪達がいい感じの変化球というか
ネタ化されていて、気楽に楽しむにはもってこいの良作。
最近、こういうネタもののレベルが妙にあがっている気がする。
ラノベ読んでラノベ書きになる人種が増えているんだろうけど。

2013/01/23 21:18

投稿元:ブクログ

ボケと突込みがうすら寒すぎて読むのがつらい・・。発想が斜め上過ぎて脈絡がなく、前後の繋がりが把握しづらい。
これは文章センスが合わないなぁ、と思いつつパラパラ読んでみる。
やっぱり突っ込み主人公って苦手だ。ひたすら突っ込むだけの主人公ってラノベには掃いて捨てるほどいるけど、感嘆符が多すぎて引いてしまう。
都市伝説をテーマにしているようで、有名どころの怪異が多数登場するが、単に固有名詞を利用しているだけでそれぞれの掘り下げは浅い。
誰でも知ってる都市伝説の誰でも知ってる情報を並べただけの薄っぺらい内容なので興味を惹かれない。
結局、その場の思いつきとノリで展開するだけの、作者脳内どたばた劇場だね。
文章の隙間、行間の開いたスペースにちびキャラの挿絵を貼り付ける手法は始めてみるので、そこは面白いと思った。
もしそれがオリジナルなら、そこだけは評価したい。オリジナルならだが。
読了。少年退魔師ということで異能バトルっぽいものを期待したが、蓋を開けてみればノリ突っ込みだけのコメディでした。
はじめからそのつもりで読めば、それなりに楽しめるポイントもある。主人公の突っ込みは恐ろしくお寒いが、露出狂の口裂け女とかロリコン赤マントなど出落ち系変態キャラクターが次々と登場するのは面白い。
浮き沈みのない日常系コメディノベルと割り切って読めば、くすっと笑えるかもしれない・・・と思ったところで突然のマジバトル展開。えー、いまさらですか?しかもなにその主人公のいんちき高性能。おまけに童貞臭い設定まで盛り込んで・・・話の筋があっちへふらふらこっちへふらふら。
結局、この物語で何を柱にやりたかったのかがいまいち伝わってこなかったな。
あとがきを読むと、どうもこの作品、何度も改定を重ね、迷走の果てに出版にこぎつけたそうで。なるほど、迷走してるなぁと納得。
コメディならコメディで、シリアスならシリアスで、どっちつかずならどっちつかずでもう少しバランスを取れば、また印象が変わったかもしれない。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む