サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

六花の勇者 1(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 85件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2011.8
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/322p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630633-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

六花の勇者 1 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 山形 石雄 (著)

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻...

もっと見る

六花の勇者 1 (集英社スーパーダッシュ文庫)

689(税込)

六花の勇者

540(税込)

六花の勇者

ポイント :5pt / 紙の本より149おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「六花の勇者 1」が含まれるセット商品

商品説明

闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気づいた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで—。伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー85件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

料理の仕方が一風変わっている

2012/01/23 21:51

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 このシリーズ、もしこの巻で終わったら、ちょっとしたホラーになってしまうかも。

 千年前、人間は存亡の危機に瀕していた。大陸に突然現れた一体の魔物、魔神が数多くの凶魔を生み出し、永世帝国ロハネを滅亡させたのだ。そこに現れたのは、一輪の花を武器として戦う聖者だ。彼女は魔神大陸の端まで追い詰め打倒し、封印することに成功した。しかしいずれ魔神は復活する。その時には、一輪の聖者の力を受け継ぐ六人の勇者が運命の神により選ばれ、魔神と戦うことになる。そんな彼らは六花の勇者と称された。
 そんな勇者を選ぶ舞台となる神前武闘会に乱入したアドレット・マイアは、騎士たちが使わない様な秘密武器を使い、勝つためにはあらゆる手段を厭わない戦い方で勝利をおさめる。当然、乱入した罪で捕えられてしまうのだが、首尾よく六花の紋章を手に入れて解放され、同じ六花の紋章を持つピエナ王女、ナッシェタニア・ルーイ・ピエナ・アウグストラと共に、魔神の眠る魔哭領を目指す。

 しかし事態は思わぬ方向に向かう。アドレットが旅の途中で出会った六花の勇者のひとりフレミー・スピッドロウは、聖者を殺害した六花殺しだという。そして、ようやく集合した六花の勇者、チャモ・ロッソ、モーラ・チェスター、ハンス・ハンプティ、ゴルドフ・アウオーラも含め、彼らは魔物を封じるための結界に逆に閉じ込められてしまうことになった。しかも、六人しかいないはずの勇者が七人いる!
 誰が魔物の回し者である七人目か。互いに信じたり、疑ったりしながらも、事態は七人目が計画する通りに進み、アドレットがその命を狙われることになる。しかし彼は本物の六花の勇者、何とかそのピンチを切り抜けることが出来るのか?

 魔神を倒しに選ばれた勇者が向かうというよくある筋書きなのに、味付けはぜんぜん違う。クローズドサークルの中で犯人を見つけ出すという、ミステリー風味の作品になっている。犯人として疑われた立場から、少しずつ自分を信じて来る仲間を生み出し、本当の犯人を暴いていくのだ。
 だがもちろん、本来の筋である魔神退治もなくならない。今回の事件の背景にあるのはそれなのだから。そこに、魔物と人間のハーフやら、異端の思想やら、天才を凡人が努力で越えるやら、様々な視点を加えつつ盛り上げていく。

 そして謎が解き明かされた最後に投下される爆弾は、本当にホラーの趣がある。ロロニア・マンチェッタとは何者か?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1巻

2016/06/23 17:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり強い主人公なのに同時に頭も切れるアドレッドのキャラクターも魅力の一つだと思います。7人の中に混ざっている偽者が誰なのか推理しながら読むと面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待はずれ

2011/08/30 21:23

13人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

七人の勇者の中から、偽物を探し出すミステリ風味ファンタジー
正直、結構期待はずれ
かなり意図的に「され竜」に印象を近づけており、又「プラネテス」の名セリフを無意味に使用
あまりに安い使い方にイラッとした
ミスリードのためかキャラクターが無駄に歪に出来ており、逆にミステリ性を損ねている
謎解きも曖昧
バトルとミステリと恋愛要素とが中途半端に混ざっていてストーリーに核がなく、中心となる面白さがなかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/10/03 01:10

投稿元:ブクログ

勇者が集まって魔王を倒しに行くという王道パターンから、集まった勇者が一人偽者というミステリへの変化球は良いですね。しかも、1冊で終わらずに、まだまだ続くという嬉しさ。唯一の欠点は、主人公の地上最強の男と繰り返しすぎるところですね。

2015/08/16 20:33

投稿元:ブクログ

アニメで興味を持って読み始めました。(アニメではまだ7人目がだれかは分かってない状態)
で、アニメの先入観があったので「まさか、ナッシェタニアが!?」とビックリしました。
ヒロインじゃなかったんですか!?
途中から、フレミーがアドレットとすごいいい雰囲気で、本当のヒロインはフレミー?? と不思議に思っていたのですがまさかこういうことになるとは……。恐ろしい。
私としては、アドレット本人かモーラが7人目だと思ってたんですけど……。そうか、そうきたか……。
確かに、よく見れば表紙絵がフレミーなんですよねぇ(笑) アドレットでもなく、フレミー。完全にフレミーが主人公ぽいですよね。(今後も重要そうだし)
人物紹介も、2番目にフレミーが書いてあったし、そう考えればナッシェタニアはビジュアルはヒロインだったけど、最初からそうじゃない扱いだったんですね……。
シリーズはまだ未完のようなので、続きも読みたいと思います。

2012/09/22 21:49

投稿元:ブクログ

ラノベ版「11人いる!」(笑) 魔王を倒す選ばれし6人の勇者、のはずが集まったのはなぜか7人。ファンタジーなので本格推理とはいきませんが、犯人が気になって一気読み。そしてオチはハリウッド(笑)。ちゃんと解決できるのかな?

2011/08/26 01:05

投稿元:ブクログ

前作の戦う司書シリーズは4巻あたりまで読んだんだっけかな…
魔神の復活に合わせて選ばれる6人の勇者、っていう定番の設定を逆手にとった系のサスペンス?なんですが うーん、どうだろう。
続き、出るんだろうか。買うかどうかは保留。
正直イラストが宮城さんでなかったら手に取らなかったかも。

2011/10/27 00:47

投稿元:ブクログ

ハンスが可愛くて仕方がない。アドレットはいい子。
ファンタジーだけじゃなくミステリ要素もあるのが好み。

しかしこれで終わりとか!
ここでおわりとか!(笑)

2012/11/25 23:40

投稿元:ブクログ

このミス2013の3位になっていたのと、あらすじに興味を惹かれた(ファンタジー版「11人いる!」っぽい)だったので読んでみましたが、大後悔。基本的にラノベが苦手なんですが、その典型的だった。これなら読めそうと思った分がっかりが半端ない。

よかったところは、惚れたときの描写とあらすじ(しかしこれも「11人いる!」のパクリと言ってしまえばそれまで)。あとは主人公の“がんばる凡人”と、ラストの終わり方。

基本的に、お話全体が浅いと思う。
設定だけじゃなくて、街の描写であったり生活の描写であったり、そういう生々しさや現実味がまったく感じられない。聖者が普段どうしているのとかそういう基礎的な部分を全部すっとばして書いている。「魔神がいて凶魔がいて勇者がいて。え? 理由? こまけぇこたぁいいんだよ! これはファンタジーで推理でラノベだから!」精神が合わない。

主人公の行動理由やヒロインの行動理由もテンプレすぎて「ああはいはい、どうせ家族殺されたんでしょう」と思っていたらその通りだった。王道は大好きだけど、それを納得させられるだけの描き方や筆力がない。説得力が足りない。

あと、人物がとにかく受け付けなかった。「にゃあ」とかの意味のわからない語尾もそうだし、兎耳の冠に何の意味が込められているのかわからない。そしてモーラとか、偉い人のはずなのに本当に思慮が浅く頭が悪い。ハンスは(武術の)天才なのに、チャモを前にしてあっさり逃げだすの? 「これは手ごわい敵だぜ」とかもっと中二病発揮して戦うところじゃないの? フレミーとかたかだかあんな台詞でいきなり発狂して正直こじらせているとしか思えない。

推理物はあんまり読まないんですが、「一番疑わしくない奴を疑え」と思って読んでいたら犯人ドンピシャリだった。

あー毒吐きまくりですみません。期待が大きかっただけにがっかりした。

2014/12/21 11:40

投稿元:ブクログ

薦められて読んでみたー。最初のイメージよりも面白かった!聖者の設定とか、戦える女性が複数いるチームものは好きです。しかもミステリ要素もあったりするし楽しい。主人公はあんまりすきではないけど、それは別にいいや。笑
ナッシェタニアとゴルドフがどうなっていくのか、次巻以降楽しみ。

2015/09/16 22:18

投稿元:ブクログ

「勇者は六人なのに七人いる」という斬新な(?)設定で、7人目の偽勇者を捜すストーリー。
ファンタジーと犯人探しの要素で、読み進めやすい話でした。

2011/08/28 22:14

投稿元:ブクログ

山形石雄(戦う司書シリーズ)の新作。
魔神を倒すべく集まった伝説の『六人』が七人だったことに端を発する疑心暗鬼ファンタジー。
閉ざされた結界の中、暗躍する『七人目』を暴き出し結界を抜け出すことはできるのか?

七人がそれぞれ魅力的でそれぞれ胡散臭く、最後までじりじりしながら読んだ。ファンタジーとしてもミステリとしても楽しめるのは、前シリーズ同様か。

2011/12/07 16:16

投稿元:ブクログ

「七人いる!」なコンゲーム。
続編待望の感想を聞いて「続編ができるような内容なんだろうか」と思って最期まで読んだら、こりゃ続編待望するわー

2011/08/01 10:44

投稿元:ブクログ

2011/08/25
⇒中古待ち
⇒まんだらけ 367円

され竜ではない宮城さんは久々。
とりあえずゲームのは無かった事に…

作家さんの方は昔途中で読むのを断念した
数少ない作家さんの一人なので、最後まで読めることを期待。
好みの問題なんだけどなぁ、どうなるんだろうなぁ。

読んでみた感想としては、
出だしの部分から、中盤の展開、
最後の謎解きと続きを匂わすエピローグまで
楽しんで読めたので、個人的にとても良かった。

よく書レビューにかれてるトリック部分も、まぁ、わざとらしくワードが
散らばってたので、主人公の言動にのっかって読み進めれば
謎解決ページよりも前に気付けて、 ”謎とけた” 感を味わえる
くらいの難度に設定されてたので、謎解きベタの俺でも楽しめた。

まぁ、主人公の地上最強云々の口癖がちょっとウザく感じることもあるけどw
2巻でることだろうし、期待してます。
今回はキャラ紹介も兼ねたような章初めのイラスト絵のみだったので
次回からはキャラ同士の絡みのある挿絵が入ることいいな。

2014/01/02 11:15

投稿元:ブクログ

ファンタジー+ミステリ。両方の要素がよくできてて、世間的にはミステリ部分が評価されてるみたいだけど自分としてはファンタジーを楽しんだ。最近の作品にしては珍しく正統派、というかメタ要素がないので。
勇者は六人だけなのに七人いる!っていう内容で、一巻で話がある程度まとまっているのに二巻以降どう話を続けるんだろう、って思ってたら予想以上なラストで笑いが。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む