サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 僕はやっぱり気づかない 2

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

僕はやっぱり気づかない 2(HJ文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.10
  • 出版社: ホビージャパン
  • レーベル: HJ文庫
  • サイズ:15cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7986-0296-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

僕はやっぱり気づかない 2 (HJ文庫)

著者 望 公太 (著)

今日も全く押し並べて相変わらず平和な日常を送る篭島諦の前に現れたのは、詐欺師みたいな僧服の男&陰陽師みたいな女子転校生&九尾の狐の娘みたいな金髪少女だった。神楽井、織野、...

もっと見る

僕はやっぱり気づかない 2 (HJ文庫)

669(税込)

僕はやっぱり気づかない2

535 (税込)

僕はやっぱり気づかない2

ポイント :4pt / 紙の本より134おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「僕はやっぱり気づかない 2」が含まれるセット商品

僕はやっぱり気づかない (HJ文庫) 6巻セット(HJ文庫)

僕はやっぱり気づかない (HJ文庫) 6巻セット

商品説明

今日も全く押し並べて相変わらず平和な日常を送る篭島諦の前に現れたのは、詐欺師みたいな僧服の男&陰陽師みたいな女子転校生&九尾の狐の娘みたいな金髪少女だった。神楽井、織野、栗栖の3人に新たなヒロインを迎え、諦の最鈍感っぷりも絶好調。しかし謎の幼なじみの登場により、諦の気持ちと周囲に微妙な変化が…果たして起こり得るのか。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

蛇蝎のごとく嫌われる主人公

2015/08/21 14:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

安達太良高校に通う籠島諦は、何も気づかない。彼の周りには、機関の超能力者・織野栞というクラスメイトがいたり、未来から来たエージェント・神楽井もにゅ美という先輩がいたり、異世界から来た魔法使いの栗栖・クリムゾン・紅莉亜ことクリエステリア・クリムゾン・クリードエンデ・クリストゥフーア・栗栖という後輩がいたりして、彼は彼女たちの物語に巻き込まれるわけだが、どんな異常な事態もスルーしてしまう。だから彼にとって、彼女たちは普通のどこにでもいる友だちだ。それが何より心地よい。

 今回転校生としてやってくるのは、陰陽師の桔梗院柚希だ。彼女が使役する玉藻前の娘・玉音を妹として紹介したことから、籠島諦に妹とオムツプレイをする変態と誤解されてしまった彼女は、徹底的に彼のことを嫌って遠ざける。しかし彼自身、彼女の本家筋である土御門仙三に10万円を詐欺られてしまったため、自然と事態に巻き込まれることになるのだが、霊力が0の彼には妖怪大戦争も全く見えない。
 一方、突如、籠島諦の幼なじみとして登場した男・篠瀬戒は、いつも神社の参道にいて、なにやら彼の周囲の異常事態について、思わせ振りな言動を取る。なぜ、全てを華麗にスルーする籠島諦の周りでだけ、不思議な人々が集まるのか?

 前回のヒロインたちはほとんど日常パートに顔を出すだけで、今回の事件には関わってこない。彼女たちの物語とは筋が違うし、日常に幸せを感じたいのが彼女たちの願望なのだから、それはそれで良いのだろう。
 そして新たに参加したヒロインは、蛇蝎のごとく主人公のことを嫌う。何も知らない知らないで通してきた彼もようやく、彼の回りに異常なことが集中しているのに気づくのだが、そのとき、彼の前に現れるのは、何でも知っている幼なじみだった。

 本来、相手の異常な言動をスルーするということは、相手のことに全く興味を抱いていないことを表明するのに等しい行為だと思う。だが作者は、相手の言動をスルーしても相手のことを思いやってさえいればALL OKだという考えのようだ。要するに、自分で抱えきれないことならば、スルーした方が相手のためになるのだ、という思想なのだろう。個人的には全く賛同できないが。
 今回、知らないということが事件を解決する上で有利に働いたこともあった。相手の理の外にいるから、その影響を受けないという論理だ。だが知らないまま放置するするならば、相手にとって彼は、理想の夢世界の住人という枠を超えることはない気がする。生身のままで共に歩むという、時には相手の重荷になるような、しかしそれで自分の気持ちが軽くなるような、そんな体験は決して起こりえないということだ。それは何か寂しい関係なのではないだろうか?相手が本当に大切であれば大切であるほど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/03 22:28

投稿元:ブクログ

今回のヒロインは、金髪転校生。

毒吐かれてますが、ツンデレやもしれません。
そして気が疲れないが故に、ものすごい誤解が…。
前回とはレベルが違う勘違い。
これはあの3人よりも、全力で訂正したい勘違いです。
己がこれ勘違いされていたら、と思うと
涙が出てきそうなほどに…w

最終的には『妹』と感動的な感じになっていますが
『幼馴染』は一体何がしたいのか、するつもりなのか。
そして次は『言わない幼馴染のまま』の世界なのか。
さらにヒロインは増えてしまうのか(笑)

10万円の壷、引っかからないよう気をつけます。

2012/05/02 10:08

投稿元:ブクログ

これまでに無かったものに挑む著者,望公太氏.
氏の今回の挑戦は「主人公を嫌う転校生」と「男の幼馴染み」.
実際にはある話だけど
ラノベでは全くと言っていいほど出てこないキャラたちである.

で,なんだかアレだ.
陰謀めいてきましたよ.
このラノベにそういうのは望んでないんだけどなぁ….
しかもこのネタ引っ張るっぽい?
ぐぬぬぬぬ・・・.

2014/01/21 17:15

投稿元:ブクログ

今回は一人の新キャラに絞って話を進めていたので読みやすかった。主人公が必要以上に鈍感な理由も明かされたが、あまりにも設定が突飛すぎて納得できなかった。
あれじゃあ、強制的に平和な日常を送らされているようなものなのでは・・・

主人公のフラグ無視な行動には笑わせてもらったが、最後の種明かしで台無しである。

2013/01/27 09:14

投稿元:ブクログ

壺買いはベタだけど面白かった。
全体的に、一巻からの流れで楽しめた。
けど、
後半の、アキラの存在が何かイヤ。
基本、この作品は、おバカ路線、ドジ路線でいいと思うので、ちょっとなぁ…と思った。
次の巻で、また、雰囲気を元に戻して欲しい。