サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

うたかたの日々(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/388p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75220-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫)

著者 ヴィアン (著),野崎 歓 (訳)

青年コランは美しいクロエと恋に落ち、結婚する。しかしクロエは肺の中に睡蓮が生長する奇妙な病気にかかってしまう…。愉快な青春の季節の果てに訪れる、荒廃と喪失の光景を前にして...

もっと見る

うたかたの日々 (光文社古典新訳文庫)

987(税込)

うたかたの日々

929 (税込)

うたかたの日々

ポイント :8pt / 紙の本より58おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

青年コランは美しいクロエと恋に落ち、結婚する。しかしクロエは肺の中に睡蓮が生長する奇妙な病気にかかってしまう…。愉快な青春の季節の果てに訪れる、荒廃と喪失の光景を前にして立ち尽くす者の姿を、このうえなく悲痛に、美しく描き切ったラブストーリー。決定訳ついに登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

おすすめ

2015/08/31 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽこ仮面 - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画化された「ムード・インディゴ」もよかったけど原作のこちらもとてもよかったです。シュールな世界観の中に狂おしいまでのラヴストーリーがしっかりとあって、他に類を見ない独特の小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

栄枯盛衰

2016/07/05 00:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書ではコランとクロエ、シックとアリーゼ、ニコラとイジスの三者三様の恋愛が描かれていますが、華やかな享楽の日々から一転してクロエが肺を患った瞬間から世界が一変します。

結婚と経済力の関係や、趣味に打ち込むあまり妻を愛せない夫など、現代にも通ずることが強烈にファンタジックな世界観の中で表現されており、かなりパンチの強い作品でした。

ただの恋愛小説ではありません。栄枯盛衰を地で行く転落っぷりと、それをファンタジックにまとめあげる作者の力量に驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/20 15:01

投稿元:ブクログ

猫町課題図書を例によって読書会当日に読了。Boris Vian の最高傑作との誉れ高い一冊で、最近はミシェル・ゴンドリー監督による映画も話題。前半のファンタジックな物語世界が徐々に陰を帯び、同じ幻想世界の雰囲気を保ったまま、しかし、破滅へと収束していく。

コランとクロエの恋物語ばかりに注目が集まることが多いが、個人的にはシックとアリーズの破局と破滅の方が印象的。作中にもある通り、コランとアリーズが結ばれていたとしたら、この世界が狂いはじめることはなかったのだろうか。それとも、いずれにしても若さと幸せは朽ち果てる運命なのだろうか。料理人ニコラがときおり見せる不気味さが、ふわふわとした前半に苦みのアクセントを添えていて印象的だった。

摩訶不思議な Vian の世界はふんだんなパロディと言葉遊びに満ちており、訳者の苦労はいかばかりかと思うが、野崎歓の訳文は非常に読み易く、訳注も適切。現代的な訳文をめぐって賛否両論噴出することのある光文社「古典新訳文庫」にしては大成功例。訳者による解説も良い。

2011/10/26 14:31

投稿元:ブクログ

日々の泡を高校生のときに読んで、いつかまた読み直したいと思っていた時にたまたま新訳を見つけて衝動買い。私の理解力が上がったこともあるかもしれないけど、日々の泡よりも読みやすかったし楽しかった。そしてやっぱりすごかった。ボリス・ヴィアンの才能を感じた。こんなに切なくて辛い話だったかと、読み直してみて驚きました。解説も訳者あとがきみたいなのも良かった。

2012/08/10 15:31

投稿元:ブクログ

僕たちの生きる世界とはちょっと違い、まるで夢の中での出来事のような非現実的な世界設定に最初はちょっと戸惑うが、物語全体に漂う、青春とその喪失感を描くのにはこれしかないという世界が素晴らしくも悲しい。物語は(お金とか仕事とか)どんどん現実の重みに潰されていくのだが、それでも非現実感は最後の最後まで強調される。そしてそれはあまりにリアルな現実の僕たちみたいだ。

2017/02/21 10:19

投稿元:ブクログ

NHKの松尾堂で知った本。もう3年くらい前。番組の最後しか耳にせず、オススメされた方がどういう方かもしらず。
なんの前知識もなく読み始めたので(あらすじも知らず)冒頭の幻想的な詩のような物語が進まないカンジにフランスの貴族に憧れる思想が顕れているのかと想像し、これは大人向け不思議の国のアリス的物語なのかと気持ちを固めるまで、この本のどこが良いのか途方に暮れた。

恋に憧れた青年がドロドロした三角関係を描くわけでもなく、簡単な恋愛・・・と思いきや労働を醜いものとする示唆的な部分が出てきて物語はようやく先に読み進めるべき「何か」を感じさせる。
恋も愛も結婚も家族も、どこの家庭にもキレイなだけでは済まされない。
そんな中にあって、主人公は最後まで清らかなままで誰も奪い合ったり裏切ったりの恋愛劇はない。不毛な労働にあっても心が汚れたりしない。
うん、イギリスでもアメリカでもない。フランスの文学ってこんなカンジ、

サルトルなぞ全然未知の世界だし、読めるとも思えないけど、なんとなくわかるような気がしてくる。

「泡」が方丈記のよどみに浮かぶうたかた・・・の一文を諳んじさせる。

2012/08/02 01:06

投稿元:ブクログ

「さあ行こう、猫ちゃん」
「これ、猫の毛皮じゃないわよ、オオヤマネコよ」
「オオヤマネコちゃんっていいにくいな」

ひたすらにハッピーで太陽の真下にいるような前半から物語が終わりに近づくにつれて状況がどんどん悪くなっていくのは読んでいて辛かった。儚い。ところどころに散りばめられているファンタジーも魅力的。

2012/02/20 20:53

投稿元:ブクログ

幻想的でありながらも淡々の物語が進んでいく。
お伽話のような感覚でありながら、音楽描写も表現豊かに描かれており、
すごく切ない大人の童話。

肺の中に睡蓮が育つ病気に侵されてしまうヒロイン。
それを献身的に見守る主人公。

にしても、悲しい物語であり、純愛。

そして、最初のまえがきから、印象的。

「大切なことは2つだけ。どんな流儀であれ、きれいな女の子相手の恋愛。そしてニューオーリンズの音楽、つまり、デューク・エリントンの音楽。ほかのものは消えていい。なぜなら醜いから。」

本当にそんなストーリー。こんな物語も憎いほど好きです。僕は。

2012/06/17 01:01

投稿元:ブクログ

ヴィアンはルイス・キャロルを読んでいたのだろうか。
ふつうのラブストーリーを想像すると出鼻をくじかれる。
原語も流行ったころのフランスの世相もわからないから理解できない。という考え方もあるけど。夢のように突拍子なく展開する物語を楽しんでしまえばいいとも思う。子どもの時に不思議の国のアリスを読んでいるような心持ちで。

2013/11/03 11:25

投稿元:ブクログ

マスターピースにはマスターピースとして語り継がれる理由があるとあると思うのですが、解説を読んで納得しました。きちんと時代背景とヴィアンの生涯を作品に昇華させていますね。

解説ではこのポップで独特な筆致を「言葉遊び」と「記号表現の遊び」と文学的な論理で詳しく解説していますが、要はファンタジックで絵本のような世界観を受け入れられるかどうかだと思います。僕も読み始めはどうかと思ったけど、意外と面白かった。

古典作品は難しい翻訳がつきものですが、これは訳者が頑張ったのか、結構サクサクと読めますね。一度目は予備知識なしで読んで、二度目は時代背景やヴィアンの生涯を理解した上で読みたくなります。

読むきっかけは映画化ですが、ポップでファンタジックな切り口監督のはミシェル・ゴンドリーと非常に相性が良かったと思います。コランとクロエの出会いのシーンなどは、原作と違って、映画的な別の味わいがありました。ただ一点不満点を言うとすると、コランとクロエの配役…ロマン・デュリスとオドレイ・トトゥはさすがにないかと。もうちょっと若くてカッコいい俳優いなかったんですかね?ってまぁ、この辺りは制作側のジャッジで色々あるんでしょうけど…。

2013/12/06 13:51

投稿元:ブクログ

ミシェル・ゴンドリー「ムード・インディゴ」を受けて
本書に関しては言葉遊び・造語など原書で読んだらおもしろいのだろうなというところと視覚的な表現が多いといった意味ではムード・インディゴが原作に忠実であることがわかった
ゴンドリー作品なのでだいぶ変更があると思っていたからその点意外 原作の素晴らしさあってのムード・インディゴだなと思った
インターナショナル版を観たのでこれはぜひともディレクターズカット版が観たい
利重剛のクロエをこれから観てみるけどどうだろうか

2011/10/16 14:51

投稿元:ブクログ

愛に全てを注ぎ込む二人の男のその行く末。
一人は一人の女を愛した。女が元気な時には彼女を楽しませる為に、病気を得てからは治療の為に持てるものを全てを注ぎ込んだ。
もう一人は思想を愛した。そしてその思想を生み出す思想家を絶対視するあまり、彼に関するもの全てを蒐集せずにいられなくなり、自分を愛してくれる女も捨て、破滅へと向かって一直線に進んでいく。
淡々と進行していく物語。美しい黄昏のような小説。

2011/10/19 14:40

投稿元:ブクログ

表題どおり、この小説はなによりも美しく、なによりも儚いもの、つまり「きれいな女の子との恋愛」と「デューク・エリントンの音楽」に捧げられている。

ひさしぶりに読み直して感じたのは、精緻に描かれたコントラストの妙。物語は、街から色彩の消える冬に始まり生命が躍動する新緑の季節に終わるのだが、登場人物たちの世界はそれとは反対に、徐々に色を、そして音楽を失ってゆく。彼らはいってみれば、彼らの住む世界との「同期」に失敗したのだ。その残酷さと不条理さ……。

破天荒なファンタジーのような顔をもつこの小説をはたして「読める」かどうかは、ボリス・ヴィアンの「感性」にどこまで肉薄できるかにかかっているような気もするが、そのいちばんの方策はまず、解説で訳者が言うように「奇天烈さをごくりと飲み込」んで、そこに繰り広げられる「いっさいを受け入れる素直さ」をもつことだろう。

2013/10/30 02:08

投稿元:ブクログ

面白かった・・・。

以前に別訳で「日々の泡」のタイトルの文庫本を買ったことがありました。もう10年以上前だったか。そのときは申し訳ありませんが、何が何だか訳のせいかのめりこめず、早々に脱落。
今回は、ほぼ盲目的に信じている光文社の新訳であることと、野崎歓氏の訳ということで再購入。読破。
いやあ、これはすごい小説ですね。

以下、ネタバレ。ただこの本は、ネタバレがどうこうという本じゃないですけど。
よほどの好みを持った人以外は、むしろ情報を色々仕入れてから読んだ方が良いと思います。

主人公はまあ、コランという青年ですね。この人はお金持ちで働く必要がない。ニコラという料理人を雇っています。友人でもある。
他に、シックという友人がいます。この三人は男性です。
シックの恋人が、アリーズ。ニコラの姪がイジス。そして、コランが出会い結婚するのがクロエ。この三人が女性です。みんな若くて美女です。どうやら。
コランがクロエと出会う。恋をする。ふたりは愛し合う。結婚する。
コランは労働者であるシックにお金をボンとあげる。コランはクロエと幸せに過ごす。
だんだんお金がなくなってくる。困った困った。
その上、クロエが病気になる。肺に睡蓮が生えてきてしまうのです。花が必要なんです。お金がかかります。
コランにお金を貰ったシックは、パルトルという思想家/文化人に夢中になっていて、その人の希少本を買ったりなんだりで、やっぱり無一文になります。
シックはお金がなくて、アリーズと別れます。もうアリーズを愛するより、パルトルが大事なんです。
コランはクロエのために労働してぼろぼろになります。
シックは税金未納で破滅していきます。
クロエは病気で死にます。

というお話ですね。

で、この本は、普通で言うところのリアリズムじゃないんですね。
なんていうか、サージャント・ペッパーの世界なんです(笑)。

お金の単位から人体の構造から建物まで、全部とにかくラリっちゃってるんです。
ぶっこわれてアッパラパーなんですね。
なんだけど、それは無茶苦茶なだけではなくて、物語になっている。
というのは、コランを筆頭にヒトの感情は、ものすごくわかる。切ない。
そしてとにかく、社会的じゃないんですね。一見。その奥は社会に背を向けているけれど社会に飲み込まれていってしまうので、コレホド社会的な小説もないんですけど。
ワケワカンナイことが、その内に読書的快感になっちゃいました。
後半は止まりませんでした。

解説に詳しいですが、これが書かれた時代背景とか作者のボリス・ヴィアンの生涯とか、
パルトルがサルトルとか、その辺を知ってから読むというのもありですね。
なんていうか、理解して解釈して読むとすると。
ただ、そういうのじゃないのかもしれませんね。解読してもねえ。味わうなら先入観なしで読むのも、楽しいですね。

色彩が豊かで音楽があふれて、機知と愛と憎悪と暴力と虚無と享楽が怒涛に押し寄せる快感ですね。
村��春樹さんのシュールな小説とかありますが、あれが突き抜けるとこういう風景があるんですね。

小説という地平線でとにかくラディカルであるということと、
作家そのものにポップ・スター性があったということ。
それが、ポップ・カルチャー、規制価値破壊流行とでも言うべき風俗や経済が降臨しはじめた60年代にこの本の流行を生んだことは、
僕の生前の話ですが現代史の気分的解釈では納得がいくことです。
言ってみれば小説界のセルジュ・ゲンズブールですね。
たった一冊の本で、それも60年前に外国で書かれた本の翻訳で、こんなに陶酔できるというのは素敵なことですね。

ま、それに、その非社会的というか反社会的というか刹那的というか美しい虚無というか、
そのあたりの感じがカッコイイんですよね。
ゴダールの映画に出てきそうな女の子がカフェで読んでるなら、「うたかたの日々」が似合うんだろうなあ、という発想が陳腐ですが(笑)。

2013/02/20 21:49

投稿元:ブクログ

キッチュ!これに尽きる。読みやすくてサクサク読みすすめられる。
ガジェット満載の楽しいB級文学といったところ。
そんなジャンル存在するのかどうか分からないけど、大好きだ。

例えば映画『唇からナイフ』を観たときの感覚。ワクワクする。
いや待て、そういやこれの映画版観にいったわ。いまはなきシネセゾン渋谷かどっかでやってたような……?
映画もとことんキッチュだった、それだけ憶えている(笑)。
1968年製作だから30年近く経っての日本公開。そしてさらに20年が経過しようとしている今、新訳で原作を楽しむ——なかなか感慨深い。

この物語を完全視覚化するのは難しい。チャレンジングだったろうなー。
アニメと実写混ぜて現代風にアレンジしたら、面白い映像作品になるかもしれない。60年代風ファッションと相まって、これぞまさしくフランス流“kawaii”だ。

もちろんkawaiiだけじゃない。どころか、カラフルなイメージに突如ジャックインするグロテスクなシーン、言葉遊び、青春の儚さ、皮肉、喪失感、執着の成れの果て、斜陽、すべてが灰に帰す絶望などなど、よくよく考えたら全然明るくない。
この混沌とした物語世界に、シュルレアリスムの影響がないっぽいのも興味深い。

優れた作家かどうかはさておき、唯一無二な作品世界を構築した人だとは思う。

他の作品も新訳してくれないかなぁ。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る