サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コミックエッセイ
  4. シブすぎ技術に男泣き! 3 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ第3弾

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シブすぎ技術に男泣き! 3 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ第3弾
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.9
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:21cm/141p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8061-4179-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

シブすぎ技術に男泣き! 3 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ第3弾

著者 見ル野 栄司 (著)

世のため人のため、どんな困難にもめげず、男たちは作り続ける! 元メカトロニクスエンジニアの漫画家が、力強い底力をもった日本の技術者たちを取材し、漫画で紹介する。【「TRC...

もっと見る

シブすぎ技術に男泣き! 3 ものづくり日本の技術者を追ったコミックエッセイ第3弾

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

シブすぎ技術に男泣き! 3

1,028 (税込)

シブすぎ技術に男泣き! 3

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世のため人のため、どんな困難にもめげず、男たちは作り続ける! 元メカトロニクスエンジニアの漫画家が、力強い底力をもった日本の技術者たちを取材し、漫画で紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

見ル野 栄司

略歴
〈見ル野栄司〉1971年生まれ。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置やアミューズメントゲーム機などの設計開発の会社に勤務した後、漫画家としてデビュー。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

2011/12/04 22:54

投稿元:ブクログ

なんかスケールが大きくなっている。。。
そして絵がうまくなっている。
この作者、ついに『ロッカク』という技術系フィクション少年マンガを出したらしい。
今度読んでみよう。

2012/01/04 13:49

投稿元:ブクログ

二巻目&工場虫がいまいちだったので三巻目は買わないつもりでしたが買って良かった面白かった。
具体的には、熱処理の話で「火花で元素が分かる」ところとか、酸化膜の色で鋼を見分けるところは読んでて確かに「渋い」なと思いました。
T芝営業で上司殴って会社辞めて自衛隊入隊とかも「渋い」

2011/12/23 22:26

投稿元:ブクログ

今回において、一番驚いたのはエレベーターです。
扉が色塗りされてるのは気が付いていましたが
まさかそれが高級車に匹敵…それ以上だったとは。
ボタンについてもすごい、と思いましたけど。

すごいな、と思ったのは、視覚障害者が『見える』機械。
興味が無駄にあったのは、自衛隊ヘリコプター(笑)
こんなものが、こんな所が、と驚きっぱなしでした。

2013/02/08 21:11

投稿元:ブクログ

担当変わって最初から説明しなくちゃいけなくても、テンション変わらない。
いや、さらに上がってるし! シブい人たちに熱い話満載でした。
日本のものづくりの話、このノリでまだまだ続けてほしいです。

2012/02/10 20:42

投稿元:ブクログ

ものづくりに携わるいろいろな職人たちの生き様が描かれていて、「ものづくりとは90%が苦しく、10%が気持ちいいのです」、「結局オレたちは人間と仕事してんだ」などという名言に感銘を受けます。

2013/08/30 08:21

投稿元:ブクログ

やはり細かいところまでは伝わりきらなかったですね。 実際にものを見ないと凄さが分からないなぁと思いました。

2012/11/13 13:10

投稿元:ブクログ

1、2も読んだけど、やっぱ日本の技術者はスゴいと感じます。漫画ですが、そのモノづくりにかける情熱は伝わってきます。、

2011/09/29 23:56

投稿元:ブクログ

ホリエモンおすすめの本ということで1巻を購入してからずっと購読してる本。
正直3巻までくると惰性じゃないかと不安になりましたが、個人的に一番面白かった!てか熱かった!
マンガとして映えるような人生を送ることなんて、生半可な努力じゃできないんだろうけど、そういう人生を送れている人が製造業にもたくさんいる。そのことが自分の中ですごいモチベーションになります。
あと終わり方的にこれまだまだ続き出そうw

2012/02/02 13:08

投稿元:ブクログ

今回も熱く語る日本の技術

「とろ鉄」では過去の物のように言われていたリベットがヘリに使われている。
押し出したアルミの先端部分で金型の調子を判断する
熱処理専門会社(冷やしですべてが決まるそう)の存在など初めて知る

変わらぬものもあれば、CGから実物加工への
シームレスなつながりなど時代は進んでいる

あと、いろいろな人間ドラマ。
あくの強い、変な人が多い気がする
アルミになってみたいという、定年退職間近の技術者が印象に残った

17 削ったときの火花で何の合金元素かわかる
40 エレベーターの扉の塗りは高級。押しランプが明るいのはレンズ効果
73 押し出して作るアルミフレーム

87 インクジェットにおけるインクは血液そのもの
93 ヘリコプター、溶接ではなくリベット
96 ジョウバンにも調子のいい場所と悪い場所がある

108 機械組み立てはヤスリがけ勝負。20本ほど使う
133 組み立て部署に工作機械があると現場で直す→設計の甘えにつばがる

2011/12/01 14:34

投稿元:ブクログ

日本の技術は世界に誇れるものばかりです。
そう胸を張って言いたくなる本です。
ものづくりの情熱は、自分の仕事に対する姿勢なども見直す
きっかけともなりました。
職人魂、ここに見たり!

2012/10/02 13:18

投稿元:ブクログ

量的なモノの時代は終わったけれど質的には限界は無いので、日本がこれだけの技術力を持っているということに頼もしさを感じた。

2013/12/01 00:13

投稿元:ブクログ

3作目
字が読みやすくなった!!
1.2作は本人の手書き文字で、悪いけどとても汚い字で
特に1作目は誤字が多すぎ、2作目は苦情があったせいか少しましに。
この作品は、本人の字の特徴を捉えてフォントを作ったのでしょうか。
そのあつらえたらしいフォントでの文字でした。

で、中身ですが、
素晴らしいエンジニアの紹介がされていますが
残念ながら、薄いというか、もう少し突っ込んで欲しいなと思いました。

それにしても、日本の技術はすごいな、と思います。
一番スゴイと思ったのは、視覚障害者でも、見える機械!

2013/10/25 21:21

投稿元:ブクログ

素晴らしいエンジニアさん達がたくさん紹介されています
昨今のメイカーズブームにも心構えとして相通じるところがいろいろありました

コミックエッセイ ランキング

コミックエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む