サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いちご姫・蝴蝶 他二篇(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/473p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-311092-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

いちご姫・蝴蝶 他二篇 (岩波文庫)

著者 山田 美妙 (作),十川 信介 (校訂)

「ああ小、小、男子など何でもない!」公家の姫君から女盗賊へ、戦国末世を流転する美貌の烈女いちご姫。二葉亭四迷と並ぶ言文一致の先駆、山田美妙(一八六八‐一九一〇)はその新奇...

もっと見る

いちご姫・蝴蝶 他二篇 (岩波文庫)

972(税込)

いちご姫・蝴蝶 他二篇

972 (税込)

いちご姫・蝴蝶 他二篇

ポイント :9pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ああ小、小、男子など何でもない!」公家の姫君から女盗賊へ、戦国末世を流転する美貌の烈女いちご姫。二葉亭四迷と並ぶ言文一致の先駆、山田美妙(一八六八‐一九一〇)はその新奇華麗な文体で一躍明治文壇の寵児となった。挿絵の裸体画が論争を呼んだ「蝴蝶」、「武蔵野」「笹りんどう」と同時代評・注を収録。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

武蔵野 5−34
蝴蝶 35−60
いちご姫 61−363

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

はいからさん罷り通る

2017/11/18 21:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本で最初の言文一致体小説「武蔵野」は南北朝時代、「胡蝶」は源平合戦、そして「いちご姫」は応仁の乱と、それも戦乱の時代の悲劇を題材にしている。時代物で言文一致にする必然性はどうか分からないが、ですます調に体言止めなどを多用したこの文体は、講談を書き言葉にしたようにも見える。
円朝の速記本が流行した頃のことだから、文学の世界ではともかく、一般民衆の世界ではさほど違和感を感じられない文体ではないかという気もする。ただ戦乱の世を舞台にしたとて、英雄豪傑の話ではない。南北朝では新田方の侍、壇ノ浦で落ちのびた安徳天皇を守ろうとする女官、そして武家に権勢を奪われた公家の少女が、応仁の乱で荒廃した京の街で武家への復讐に走る。いずれも未来のない生き方、破滅に向かうしかない信条の人々だ。歴史を知っているからそう思うのでなく、たぶん同時代の人々にも先行きを見ようとすれば分かることであるのに、それをせずに突き進んでいく。いや、たとえ忍従の暮らしを続けていても滅びる側の運命にあることはどうしても避けられないのなら、信じる道を進むのが唯一の選択肢なのかもしれない。
「いちご姫」は長編としての長さと起伏を備えていて、読み応えがあるよ。落ちぶれた公家の姫君とて、貧乏ではあるが箱入りで世間知らず、気が強くて誇り高くい。それが公家にとって仇敵とも言うべき将軍義政近習の武士に関わったことで、義政暗殺のチャンスを得るが、見破られて流浪の身の上となる。そこからは策略と美貌を駆使して、武家や盗賊まがいまで様々な男たちを取り込んで勢力を増していく。その無軌道ぶりを生み出す憎悪のエネルギーは凄まじく、ノワールじみてさえいる。高貴な家の姫君といえども、この時代は生活のために身を売る者もいたというのに、決してくじけないプライド、強靭な自我をいちご姫は保っている。それは無垢であるがゆえの野生かもしれないが、時代の約束事を突き抜けて、恋の道にも、義の道にも、欲望を解放していくパワーがあり、室町時代どころか、明治時代さえも突き抜けて、現代をも置き去りにしかねないアナーキーさだ。
文体の話に戻ると、表現方法に色々工夫を凝らしており、新しい日本語を生み出そうと言う意欲が押し出されている。奇をてらいすぎているように思えるところもあるのは、完成した日本語と比べるからであって、作者から読者への語りかけや、独特の用語の多用などは、やはり語り芸を意識しているのではないか。もっとも新しい文体の創出にあたっての題材が時代物というのも、微妙な選択をしているわけで、新しい物語の創生と、二兎を追おうとしていると言えるかもしれない。そしてどのストーリーもラストに残酷テイストが待っているのも特徴で、こちらは講談、落語の世界から踏み出そうという意思の表れではないか。
文体にも、展開にも、作者の世界観にも、古いものから新しいものへの転換を目指す様々な冒険があり、開花期の明治期を動かしていった熱情が、ここにもひしひしと感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/11 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/08 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/15 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/04 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む