サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

真珠は偽りの調べ(ライムブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ライムブックス
  • サイズ:15cm/359p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04420-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

真珠は偽りの調べ (ライムブックス)

著者 アレクサンドラ・ホーキンス (著),竹内 楓 (訳)

19世紀ロンドン。破産寸前の侯爵家令嬢ジュリアナ。母はジュリアナと2人の姉を裕福な貴族と結婚させるべく、社交界にデビューさせる。ところがいざ舞踏会で花婿候補に迫られると、...

もっと見る

真珠は偽りの調べ (ライムブックス)

905(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀ロンドン。破産寸前の侯爵家令嬢ジュリアナ。母はジュリアナと2人の姉を裕福な貴族と結婚させるべく、社交界にデビューさせる。ところがいざ舞踏会で花婿候補に迫られると、ジュリアナは庭園のハシバミの木に登って身を隠してしまう始末。じつは、彼女は姉たちと違い、結婚以外の目的があってロンドンにやってきたのだ。それは作曲家になる夢を叶え、音楽で家族を養うこと—。一方、悪名高い放蕩者の「罪(シン)」ことシンクレア侯爵は異母姉から、ある令嬢をもてあそんで捨てるよう依頼された。その相手こそ、舞踏会の夜に木の上で見かけた、妖精のごとく美しいジュリアナだと知る。さっそく真珠のネックレスを贈り、誘惑のゲームを開始するシン。純真なジュリアナはその贈り物が持つ本当の意味を知る由もなく—。華麗なるロンドン社交界を描く、傑作リージェンシー・ロマンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/20 17:43

投稿元:ブクログ

破産寸前の侯爵家の末っ子ヒロインと意地悪異母姉に尽くす侯爵ヒーローのロマンス。ヒーローの異母姉の嫉妬が酷過ぎてなぁーこれ相手の男にバレたら嫌われるレベルだし。一番腹立つのはヒロインのギャンブル好きの母親だ 自分の過ちのツケをヒロイン一人に背負わせるなんて許せないだろ。これだけは理解不能だったなぁ。ヒロインの今後のためには絶対ヒーローが必要だ いろいろ問題あるけど彼の愛情を信じたいね。

2011/12/11 21:54

投稿元:ブクログ

シリーズ1作目。愛人が山ほどいるヒーローのシン侯爵。性格の悪い異母姉に言われて誘惑するのは、先日に木の上に見つけて気になった、作曲家志望のジュリアナだった。シンと愛人との濡れ場を続けて見るはめになったり、あっさり誘惑されてバージンをささげたり、ちょっとヒストリカルのパターンからずれるが、半端なずれ方で気に障る。シリーズに続くはずの他の男性陣も、活躍はイマイチで魅力的に思える場面も少々。あまり、期待できないかも?