サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

闇に煌めく恋人(ライムブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.11
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ライムブックス
  • サイズ:15cm/455p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04421-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

闇に煌めく恋人 (ライムブックス)

著者 ジェイシー・バートン (著),田辺 千幸 (訳)

強大な魔力を持つという伝説の石ブラック・ダイヤモンド。考古学者のアンジェリークは依頼を受け、危険を顧みずに謎の石を発掘した。だが、その依頼主の正体は、石に宿る力を我がもの...

もっと見る

闇に煌めく恋人 (ライムブックス)

977(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

強大な魔力を持つという伝説の石ブラック・ダイヤモンド。考古学者のアンジェリークは依頼を受け、危険を顧みずに謎の石を発掘した。だが、その依頼主の正体は、石に宿る力を我がものにしようとたくらむ、闇の支配者デーモンだった。自分が悪の組織に利用された事実に愕然としながらも、ダイヤを渡すわけにはいかないと、発掘現場から持ち去ったアンジェリーク。次々とデーモンの追っ手が迫りくるも、彼女を守ってくれたのはデーモン・ハンターのライダーだった。過酷な逃亡生活のなかで、お互いの魅力に惹かれずにはいられない二人。しかし、凶暴な父を持つライダーは、自分にも父と同じ血が流れ、愛する人を傷つけてしまうのではと恐れるあまり—。光と闇の壮絶な戦いに巻きこまれた二人の運命は、はたして!?—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/29 19:41

投稿元:ブクログ

伝説のブラックダイヤモンドを掘り出してしまった考古学者ヒロインと闇の支配者デーモンを狩るデーモンハンターのヒーロー。双子の妹を心配するヒロインだが その妹は問題がありダークサイドに落ちたが その後の展開には続きがあるんだろうなぁ。〈光の王国〉と〈闇の息子たち〉の対決もその後が気になるところなんだが いまひとつ面白味にかけているような。続編(あったら)どうするかなぁ?

2012/01/04 20:54

投稿元:ブクログ

説明不足な感じ?デーモンって?デーモン混血って?姿も能力もすごーくあいまい。ヒロインがアンジェリークでも、双子の妹イザベルにも誌面さき過ぎで散漫だし、全部読んでも何の結果も出てない感じ。続きが出ても読みたい気にはならない。第一,、次で終わるとも思えない。付き合いきれません。取りあえず期待感だけで最後まで読み終えたので★3あげるけど、★2でもいいぐらい。

2016/09/15 13:30

投稿元:ブクログ

考古学者のアンジェリークは、伝説の石ブラック・ダイヤモンドを発掘し、「光の国」と「闇の息子たち」との戦いに巻き込まれる。
彼女を守るのはデーモン・ハンターのライダーだった。


ヒロインの考古学者って部分は、物語の中に微塵も出てこないな。
プロローグの部分でもうダイヤも発見してるし、ライダーとの出会いも済んでる。
パラノーマルにありがちな、ヒーローがデーモンだの闇の世界の世界の話だのをし始めると「いやだ、この人こんなに素敵なのに頭がおかしいんだわ」とか「あなたには助けが必要よ。わたしの知り合いで良い精神科医がいるの」とかの、ヒロインに信じさせるために起きる面倒くさいやりとりが無いのは良かったけど、さすがに色々話を飛ばし過ぎでは。
パラノーマルなので、デーモン・ハンター側も人外なのかどうか曖昧で、ダルトンは天使だとか言うし、はっきりした記述もなかなか出てこないので最初混乱する。

「光の国」がどういう組織なのかも曖昧で、それが今後明らかになる謎であるというよりも、「とにかくそーいうことにしよう」という感じがしてどうも入り込めない。

ヒロインの双子の妹が、もしもデーモンの手に落ちたらデーモン・ハンターとしては殺すしか無い…と聞かされたアンジェリークは、動揺するもののスグに立ち直る。
わたしなら、妹を守るって言ってたのに見事奪われ、それで最悪の事態になったら殺すって言ってる人たちとはまともにしゃべれなくなりそうだけど。
たぶん、怒ったりわめいたりするとその後ヒーローに慰められたりとかアメリカ人的に謝罪が入ったりしてページ数が取られるから強引に「妹がデーモンになってしまったのなら殺されても仕方ない」に持ってった気がする。
それにしても、デーモン・ハンターの女性戦士とくすくす笑い合ってる様子は、妹の身を案じているようには見えないな。

色々細かくご都合主義な部分があって、この作家は本当にベストセラーリストに載ったの?と疑わずにいられない。
2011年に出て、続きが出てないってことは、もうおわた…な。

☆は2つかなぁ。