サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドS魔女の×××(このライトノベルがすごい!文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.9 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドS魔女の××× (このライトノベルがすごい!文庫)

著者 藍上 ゆう (著)

千人の処女を発情させると願いが叶うだって?面白い。ドSな魔女・クレアが、お嬢さまたちをいじめてやる。だけど、わたしの魔法が効かない!正義感の強いボクっ娘に、ツンツンなおこ...

もっと見る

ドS魔女の××× (このライトノベルがすごい!文庫)

700(税込)
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

千人の処女を発情させると願いが叶うだって?面白い。ドSな魔女・クレアが、お嬢さまたちをいじめてやる。だけど、わたしの魔法が効かない!正義感の強いボクっ娘に、ツンツンなおこちゃま。さらにはクール系巨乳娘に、恐がりな無口っ子。見た目はふつーなのに、中身はヘンタイだというのか!?えーい。わたし、どうなっちゃうの!?第2回『このライトノベルがすごい!』大賞・優秀賞作品はちょっとえっちなコメディ。【「BOOK」データベースの商品解説】

【『このライトノベルがすごい!』大賞優秀賞(第2回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エロさを感じさせる要素とは?

2015/08/21 14:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤ん坊の頃、親に捨てられ、サキュバスの女王メアリーにより魔界で育てられた灰崎紅愛は、特級魔女となった。そんな彼女の願いは、恩人のメアリーと同じ悪魔になること。その願いを叶える魔法を発動するには、処女の女子高生を千人、発情させる必要があるらしい。
 そのために人間界の女子高、空百合女学院に教師として赴任したクレアは、教師を眠らせ、体育館に集まった生徒を発情させる魔法を発動する。ひとりでイクもの、誰かにイかされるもの、体育館が嬌声の渦が巻き起こる中、その魔法にかからない生徒たちがいた!

 コスプレ好きのボクっ娘、色川桃音。ロリ弓道少女、知名麻子。クールな才女、折居怜奈。臆病で無口な前里千尋。この4人を何とか発情させるため、あの手この手をクレアは使うのだが、ドSな彼女のウルテクにも、この4人は簡単には発情しない。
 そしてそのうち、クレア自身も、生徒として4人と行動を共にすることになってしまった。果たしてクレアは自分の願いを叶えることができるのか?

 イラストを見れば分かるように、とてつもなく肌色がいっぱい。冒頭でもサキュバスをねちっこく攻めてイかせる描写からはじまる、エロエロ展開…のはずなのだが、なぜか文章が全くエロく感じない。描かれている行動はとてもエロいはずなのに、ちっともエロく思えない。なぜだろう?
 結局、エロさというのは、同意であれ、拒絶であれ、恥じらいであれ、攻める側と攻められる側の相互作用により生じる感情なのだと思う。ところがここでクレアが行う攻め方は、ほとんどの場合、魔法で遠隔操作だったり、透明になって相手が認識できない状態にして攻めたり、相互作用が発生する状況にない。そしてその感覚のままで後半に進むので、相手が認識できる状態になったとしても、何も感じないことに慣れてしまうのだと思う。

 エロさを強調したいのだとしたら、全く強調できていない。人間に憎しみを抱く魔女が同年代の人間と交わることで感じる何かを描きたいのだとしたら、肌色の多さははっきり言って意味がない。総じて、何をメインにしたかったのかが、個人的には全く伝わってこない作品だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/04 02:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/19 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/17 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る