サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

どこいったん
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 111件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: クレヨンハウス
  • サイズ:29cm/33p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-86101-199-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

どこいったん

著者 ジョン・クラッセン (作),長谷川 義史 (訳)

くまがだいじなあかいぼうしをさがしています。いろんななかまにききました。いろいろさがしました。…だけどちょっとまって。【「BOOK」データベースの商品解説】【ニューヨーク...

もっと見る

どこいったん

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

ジュンク堂書店三宮店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「どこいったん」が含まれるセット商品

クレヨンハウス新刊絵本セット2012 6巻セット

クレヨンハウス新刊絵本セット2012 6巻セット

  • 税込価格:10,15294pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

くまがだいじなあかいぼうしをさがしています。いろんななかまにききました。いろいろさがしました。…だけどちょっとまって。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ニューヨークタイムズベストイラスト賞(2011年度)】【ドイツ児童文学賞絵本部門(2013年)】ぼくのぼうし、どこいったん? 大事な赤いぼうしをなくしたくまが、動物たちに聞いて回ります。すると、ひとりだけ、様子のヘンな動物が…!? 絵本作家・長谷川義史が初めて翻訳に挑戦した、大阪弁の絵本。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・クラッセン

略歴
〈ジョン・クラッセン〉カナダ生まれ。長編アニメ映画、ミュージックビデオ、社説のイラストレーターで活躍。カナダ総督文学賞受賞。「I WANT MY HAT BACK」は自身ではじめて文と絵を手がけた絵本。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

だいじなあかいぼうしをなくした くま。

ジュンク堂書店岡山店さん

だいじなあかいぼうしをなくした くま。
「さがしに いこ」
道中で出会ういろいろな動物に
「ぼくのぼうし どこいったん?」
「しらんなあ」「みてへんで」
でも途中で「ん?あれ?」・・・

海外の作品をまさかの関西弁で翻訳。テンポ良く紡がれる簡潔な言葉。
一文ごと一ページごとに含まれる絶妙な間。
読み聞かせで読み手の力量が問われそうではありますが、聞き手の
想像力もかなり養われそうな絵本です。
関西弁はユニークなイメージなのに、まったく表情の読めない登場
キャラの目をジッと見ていると、なんだかちょっとゾッとなる不思議な
感覚に襲われます。

児童書担当 渡辺

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店

ある日くまが大事な赤...

MARUZEN&ジュンク堂書店札幌店さん

ある日くまが大事な赤い帽子をなくしてしまい、いろんな仲間に帽子の行方を聞いて回ります。けれど帽子を見たものはおらず・・・。
諦めかけたその時!あれ?そういえば・・・!

ユーモア絵本でおなじみの長谷川義史さん初の翻訳絵本。長谷川さんらしい味のある関西弁が魅力です。
主人公のくまと関西弁の語り口がピッタリ!

ハッ!と息をのむラストにも注目!!

児童書担当

みんなのレビュー111件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

はじめての感覚の絵本

2016/05/03 09:06

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまたま本屋で見かけて手に取ったのですが、気付けばがっちり心を掴まれていました。
関西弁というのも、関西人の私にとってはなじみやすいし、言葉のニュアンスが身体に馴染んでいるので気持ちも馴染みます。
くまの表情が簡素なのも、なんとも言えないシュールさ(?)を醸し出していて、本当に面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みえなくなったのは、ぼうし?うさぎ?

2016/06/27 09:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Otto - この投稿者のレビュー一覧を見る

お気に入りのぼうしを、「どこいったん」とさがしまわる。物を大切にする心があり、好感がもてる。そして、最後、悪いことをした者に罰を与えたのかもしれない、という終わり方も好きである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どさいったべが

2016/01/17 12:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平岡 - この投稿者のレビュー一覧を見る

生まれてこの方東北圏内に住んでおりますが、最高でした。どうしてこう、軽妙なんでしょうか。
訳者が関西弁絵本マスターの長谷川さんということで、関西圏から遠く離れた地に住む者の思う、関西弁だからできることが遺憾なく生かされています。
テンポのよい掛け合い、嫌味でないはぐらかし方、そして詰め寄り方。
ぜひ本場の語圏の方に読みきかせをしてほしいと思うと同時に、自分の地域の言葉に直したらどうなるかな、とも思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帽子を探して聞いてまわるくま

2015/10/01 12:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M77 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もうお話の面白さ以前に、虚ろな目の動物たちに笑ってしまう。
お前ら目ぇ見て話せやと。

会話の細かいニュアンスが伝わらないと面白くない本なので、これは翻訳の勝利なんだと思うけど、関西弁でなくてもこんなに面白いのかと、ちょっと気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関西弁がいい!

2013/06/04 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リクママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷川さんらしいコテコテな関西弁で子供達が喜びます。
子供にラストのシュールな部分が理解出来てるかわからないけど、読んでて大人も楽しい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供が楽しめる 大人になっても楽しめる 絵本

2013/02/05 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もちもちもち - この投稿者のレビュー一覧を見る

こどもが帽子のありかを見つけて、「あ~っ」と楽しめる絵本です。
そして、大人は最後の場所に「あっ!」と声を上げてどきどきする絵本です。

こどものころは「どこいったん~?」「どこいったんやとおもう~」と親子でほのぼの読んで、もうちょっと大きくなった時に一人で読んで、(あれ?あれあれ?これってまさか?!いや、でも何も書いてないし、深読みしすぎ……?)と楽しめれば最高かと思います。

面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関西弁

2016/03/02 13:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

終始一貫して、ずうっとのんびりした空気で物語が進みます。
物語と言っても、ぼうしを探すという行動一点に尽きますが。
ゆったりした関西弁もまたそんな空気に合っていると思います。
ただ、最後だけちょっとドキッとさせられます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

訳がぴったり

2017/04/23 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しましま - この投稿者のレビュー一覧を見る

訳が関西弁絵本作家の長谷川義史さんだったので手に取りました。関西弁ならではの間合いが絵にぴったりでした。標準語じゃこうはいかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

シュール

2016/12/03 21:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

動物たちが「どこいったん?」「しらんわ」とか関西のおっさんみたいな言葉遣いをしているのがとってもシュール。一生懸命帽子を探すくまさんに共感しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなか・・・

2016/03/20 16:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

単純なお話、けれど結末はなかなかブラック・・・。そもそも作家さんの絵も日本の絵本にあるような子供向けのカワイイ絵じゃないし、最初からどこかあやしい雰囲気をかもしだしている。大人がよりドキっとさせられる絵、内容かも。ただ、あやしさを中和させている関西弁の訳がまた絶妙です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関西人に音読してもらった。

2016/01/21 20:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:咲耶子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

とぼけた顔のくまがお気に入りの赤い帽子を探しています。関西弁で。
関西出身の同僚に音読してもらいました。爆笑でした。
でも、結果は衝撃的。みんなで「ん?」ってなった。
原書も持ってきて読んだら「やっぱり・・・」ってなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とぼけた味わいの絵に、大阪弁がぴったり。

2015/10/28 09:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

帽子をなくしてしまったくまが、「ぼくのぼうしどこいったん?」と他の動物に訊いて回る。「しらんで」「みてへんで」などと言われて「そうか おおきに」と引き下がる。基本的にこの繰り返し。シンプルで愛嬌のある絵がとぼけたユーモアを生む。
色んな動物の中で、あれ?うさぎの頭の上に赤い帽子のようなものが乗っていない?と思ったら、くまは後から気づく。そうしてうさぎに迫りー。と、ここまでで終わるなら、この絵本の後味はほのぼのとしたものになる。ところが、実はこの後、「え?一体どういうこと?」と戸惑うような展開になる。具体的に書きはしないが、ブラックユーモア落ちなのだ。私はおもしろいと思ったが、これは読み手を選ぶんじゃないだろうか…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

大きなくま

2017/04/24 19:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

”ぬっ ” と大きなくまのお話。
表紙の感じから愛らしい印象がなく、ちょっと怖い感じがしていたのですが、
まさかの関西弁でのストーリー。関西弁になじみがないので少し読みづらい。
そしてなかなか見つからない感じに悲しくなりますが…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ラストが怖いです。

2012/04/02 00:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆる - この投稿者のレビュー一覧を見る

関西弁なのはいいとして(関西人なので)、ラストをどう解釈すべきなのかわかりませんでした。

話はとても簡単で、くまが大切な帽子をなくして探しています。
そしていろいろな友達にたずねてまわり、ようやく帽子を盗った子を見つけます。
そこまではよくある感じの絵本なんですが、ラストがちょっと曖昧で
不気味な雰囲気でした。

絵もほのぼのとしているというよりは、出てくる子がみんな無表情で、くまも無表情。
なので余計に怖く感じました。
帽子を盗った子と対面したときのくまの顔が怖い。
やっぱりくまが○べちゃったのか、○○しちゃったのかと思うと怖くて、とてもじゃないけど子供に読み聞かせは無理かも……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関西弁

2015/10/03 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外の作品にも関わらず何故か翻訳が関西弁でとてもかわいらしかったです。お気に入りの赤い帽子がなくなってしまい探しに行く話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む