サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 魔法使いなら味噌を喰え! 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

魔法使いなら味噌を喰え! 1(講談社ラノベ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ラノベ文庫
  • サイズ:15cm/295p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-375207-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

魔法使いなら味噌を喰え! 1 (講談社ラノベ文庫)

著者 澄守 彩 (著)

「魔法」という不可思議な力の存在が明らかになってから、約100年。人類は科学に匹敵する「力」として、魔法の研究にまい進した。しかし、魔法抑止物質「MISO」—the Ma...

もっと見る

魔法使いなら味噌を喰え! 1 (講談社ラノベ文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

魔法使いなら味噌を喰え!

540 (税込)

魔法使いなら味噌を喰え!

ポイント :5pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「魔法」という不可思議な力の存在が明らかになってから、約100年。人類は科学に匹敵する「力」として、魔法の研究にまい進した。しかし、魔法抑止物質「MISO」—the Material of an Impediment to the Sorcerer’s Ordersが発見されたことで、「魔法」は、特別なものではなくなり、ただの一技術として扱われることになった—。それはそれとして、魔法学校に通う高校生・八丁屋将太が朝、味噌汁を味わっているところに乱入してきたのは、魔法発祥の地・マジエールのお姫様で—。第1回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞作が登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【講談社ラノベ文庫新人賞大賞(第1回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

味噌汁の飲めない世界

2015/08/27 10:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

中央ヨーロッパの小国、マジエール公国がこの世界にもたらした魔法は、その絶大な効果により、瞬く間に世界中へ伝播した。かくして魔法は、国家戦略上、欠くべからざる要素となったのだが、それも、日本が魔法抑止物質「MISO」を開発したことで一変する。
 大豆の発酵食品から抽出されたMISOは、それが散布された範囲では魔法が使えなくなる。ゆえに、世界を席巻するかに思えたマジエール公国は、今も魔法分野で世界トップでありながら、小国のまま存在している。

 そんな世界の魔法高校に通う八丁屋将太のもとに、マジエール公国の第二王女、アルテミシア・ジュブヴィエーヴ・デ・マジエールが降ってくる。将太の母親が彼をアルテミシアの教育係として推薦したらしい。しかし、将太の魔法の実力はかなり低い。それなのになぜ…そう、将太には、他の魔法使いには使えない魔法がひとつだけ使えたのです。
 アルテミシアを連れ戻すためやって来た護衛のマヌエラ・ベシェントリに殺気を向けられたり、アルテミシアの姉のセレスティーヌ・エディト・デ・マジエールには恋人役をさせられたり、セレスの婚約者のタパニ・ピエール=オーギュスト=ルイ・デ・マジエールが引き起こす陰謀に巻き込まれたり、彼の日常はグチャグチャ。それでも今日も、一緒に暮らす担任の田中麗羅や、友人の諸岡武一と共に、この世界から失われて久しい味噌を食う。

 魔法とそれを阻害する物質、そしてその効果を打ち消す力という、いかにも中二的な設定を用いつつも、無難に着地させている。魔法の設定的には「オワ・ランデ!」にかなり近い。あんなエロさはないけど。
 この世界に味噌がない理由と、その効果についてきちんと説明したことには好感が持てるが、クライマックスの後出し設定にはちょっと不満。魔法のインフレーションを起こして解決に持っていくのも中二的な気がする。

 次巻以降は、アルテミシアやセレスを煙に巻く公王が登場して圧倒的な存在感を示すのか、あるいはあくまでも影の存在として物語を締めるのか、そのあたりに注目してみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/12/19 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/16 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/05 07:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/02 12:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/04 07:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/07 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/19 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/30 00:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る