サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 双子と幼なじみの四人殺し 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

双子と幼なじみの四人殺し 1(GA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.8 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/269p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6739-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

双子と幼なじみの四人殺し 1 (GA文庫)

著者 森田 陽一 (著)

高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。そ...

もっと見る

双子と幼なじみの四人殺し 1 (GA文庫)

648(税込)

双子と幼なじみの四人殺し

648 (税込)

双子と幼なじみの四人殺し

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

双子と幼なじみの四人殺し (GA文庫) 全4巻完結セット

  • 税込価格:2,61424pt
  • 発送可能日:購入できません

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高校生、菱川迷悟は、双子の少女、新山一縷と朽縷と同居していた。美しい双子に翻弄されながら日常を送っていた迷悟だったが、ある日、三人は学校で飛び降り自殺の現場に遭遇する。その自殺に関して一縷は、突き落としたやつが見えたという。正義感の強い、いや、正義感が強過ぎる迷悟は、事件を傍観することができなかった。—学校のアイドル、グッズ販売、そして交際を賭けた決闘…。愛憎が交錯する事件の果てにあるものは!?第3回GA文庫大賞“奨励賞”受賞の問題作が登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【GA文庫大賞奨励賞(第3回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価2.8

評価内訳

紙の本

危ういのに確かな絆

2015/08/28 11:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の菱川迷悟は、幼なじみの新山一縷と新山朽縷の双子と同居をしていた。一縷と朽縷は迷悟を、迷悟は一縷と朽縷を好きな、一見すると完全に良好な関係だ。だがその関係には生涯隠し通さなければならない秘密があった。
 そんな彼らの学校にいるいい加減な保健医の三川は、ただの保険医の女性ではなかった。学校中に監視カメラを仕掛け、おもしろいネタを探すという趣味を持っていた。そして彼女は、胡桃沢という校内アイドルに関する騒動のにおいをかぎつけることになる。それには、迷悟や一縷、朽縷も関わることになるのだ。

 お互いを好きな高校生が、一つ屋根の下で暮らしている。甘い、軽やかな、賑々しく幸せな空気が物語に漂うものと思いきや、どこかに陰を感じずにはいられない。それは、彼らの関係に呪いがかけられているからだろう。もはや誰にも解きようのないその呪いは、物語の後半で明らかになる。
 しかし、そんな呪いを乗り越えて、何とか幸せになる形を探し求めてさまよい歩く貪欲さがすさまじい。それはあらゆる障害を力で吹き飛ばし、幸運を手元にたぐり寄せようとするかに思える行為だ。だが結局それは寸前で断ち切られ、また新たな形を求めて試行錯誤を繰り返しているかに思える。

 いくつかの前提が崩れただけで、彼らの生活は一変してしまうだろう。そんな危うい綱の上で、まるで何もないように共同生活を送る奇妙さに、不思議な気分にさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/31 17:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/07 16:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/17 21:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/25 01:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/23 23:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/04 23:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/05 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/06 22:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/30 17:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/22 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む