サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. リリエンタールの末裔

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リリエンタールの末裔(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 57件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-031053-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 上田 早夕里 (著)

彼は空への憧れを決して忘れなかった—長篇『華竜の宮』の世界の片隅で夢を叶えようとした少年の信念と勇気を描く表題作ほか、人の心の動きを装置で可視化する「マグネフィオ」、海洋...

もっと見る

リリエンタールの末裔 (ハヤカワ文庫 JA)

734(税込)

リリエンタールの末裔

540 (税込)

リリエンタールの末裔

ポイント :5pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

彼は空への憧れを決して忘れなかった—長篇『華竜の宮』の世界の片隅で夢を叶えようとした少年の信念と勇気を描く表題作ほか、人の心の動きを装置で可視化する「マグネフィオ」、海洋無人探査機にまつわる逸話を語る「ナイト・ブルーの記録」、18世紀ロンドンにて航海用時計の開発に挑むジョン・ハリソンの周囲に起きた不思議を描く書き下ろし中篇「幻のクロノメーター」など、人間と技術の関係を問い直す傑作SF4篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

リリエンタールの末裔 7−77
マグネフィオ 79−129
ナイト・ブルーの記録 131−182

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー57件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

上田早夕里さんによる、人間と技術の関係を問い直す傑作SF4編

2016/12/12 12:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コスモス - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編集「リリエンタールの末裔」は、人間と技術の関係を問い直す傑作SF4編を収録しています。

「リリエンタールの末裔」
この短編集の表題作です。
大規模海面上昇後の陸上世界と海上世界との確執、人間と他生物との共存、人間と人工知性体との友愛などを描いたシリーズ「オーシャンクロニクル・シリーズ」の第3作目です。
長編作品「華竜の宮」の世界の片隅で、空を飛ぶという夢を叶えようとした少年の信念と勇気を描いています(主人公は続編の「深紅の碑文」にも脇役として登場します)。

「マグネフィオ」
人の心の動きを可視化する装置の開発を描いた短編小説です。
人の心の動きを可視化するというのはSF作品でありがちなテーマだと思いまが、その手法について緻密に練られていることが最大の特徴だと思います。また、装置の開発に関わる人達が織りなすドラマにも注目してほしい作品です。

「ナイト・ブルーの記憶」
海洋無人探査機にまつわる逸話を語る短編小説です。
海洋無人探査機のオペレータが、様々な海洋調査をしながら、無人機の人工知能にベテランパイロットの判断や行動を学習させるという小説です。
人工知能はSF作品にありがちなテーマであることは間違いないですが、この作品は人工知能が人間に牙をむくといったような内容ではなく、無人探査機のオペレータの身体感覚の変容が描かれているという点だと思います。
著者が最も得意とする海を舞台とすることで、人工知能を扱った他作品と一線を画していると思います。

「幻のクロノメーター」
この短編集の中での唯一の中編小説です。
18世紀ロンドンにて航海用時計(マリン・クロノメーター)の開発に挑む実在した時計職人、ジョン・ハリソンの周囲に起きた不思議を描いています。
実在の人物を描くため、ドキュメンタリー小説なのかと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。未知の物質が登場するれっきとしたSF小説です。
歴史改変SFではく、歴史の裏側でこんなことがあったかもしれないな、と思わせるような内容になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

幻想的というか魔訶不思議な世界を彷徨った感じです。

2016/11/09 00:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ナミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幻想的というか魔訶不思議な世界を彷徨った感じです。「リリエンタールの末裔」3点、「マグネフィオ」4点、「ナイト・ブルーの記録」4点、「幻のクロノメーター」5点の4話からなる。総合点としては4点。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

若干尻切れトンボ

2015/03/26 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

どの短編もリアリティーがあり、読み応えがあった。ただ、短編だったためか物足りなさも。表題作や幻のクロノメーターは途中までは良かったのに尻切れトンボという感じ。長篇『華竜の宮』は相当なスケールということなので期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リリエンタールの末裔

2016/11/07 13:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:によ - この投稿者のレビュー一覧を見る

SF短編集。
同じ短編集でも<魚舟・獣舟>よりかなり爽やかで明るい気配。
4つともすごく好きだけど、選ぶなら<リリエンタールの末裔>と<ナイト・ブルーの記憶>がお気に入り。

さらっと読めるし休憩本適性高い気がする。
<リリエンタールの末裔>は、<魚舟・獣舟>それから<華竜の宮>と同じ世界ということなので華竜の宮早く読まなくちゃ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/04/22 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/30 19:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/07 22:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/30 18:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/18 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 08:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/09 11:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/01 06:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/30 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/14 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む