サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 英国メイドマーガレットの回想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英国メイドマーガレットの回想
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-20582-3
  • 国内送料無料

紙の本

英国メイドマーガレットの回想

著者 マーガレット・パウエル (著),村上 リコ (訳)

1920年代、英国。華やかな上流社会の陰に隠された家事使用人の暮らしぶりを赤裸々に、詳細に、ユーモアを交えて元メイドが語りつくした、真実の記録。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

英国メイドマーガレットの回想

1,836(税込)

ポイント :17pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1920年代、英国。華やかな上流社会の陰に隠された家事使用人の暮らしぶりを赤裸々に、詳細に、ユーモアを交えて元メイドが語りつくした、真実の記録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マーガレット・パウエル

略歴
〈マーガレット・パウエル〉1907〜84年。英国生まれ。キッチンメイドになり、裕福な家庭の住み込み家事使用人として働く。数多くの回想記、旅行記、小説、料理書などを書き、テレビコメンテーターとしても活躍。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

メイドは見た、キッチンメイドの一代記

2012/02/03 14:08

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:書痴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 日本のメイドブームも、落ち着いた感のある昨今、本家英国のメイドの回想録としては、先駆的ともいえる作者の代表作、その邦訳がついに、刊行!
 本書は、小説や映画で私たちがよく目にする、雇用者と接触の多いハウスメイドではなく、主に台所の雑用をするキッチンメイドとコックを勤めた作者の半自叙伝です。
 日々の重労働、上司や主人たちの人を人とも思わない態度に、心身ともに疲労困憊になる作者に対し、似たような境遇にありながら、『おしん』や『小公女セーラ』のような隠忍自重で、お涙頂戴とならないのは、作者の反骨精神や前向きな姿勢に共感し、ユーモアと皮肉をまじえた語り口の読みやすさにあります。
 仕事内容、まかない(食事)、住み込みの部屋、役職の違う他のメイドたちとの対人関係、上司(コック)、雇用者およびその家族、自由時間の使い方、恋愛そして結婚と、作者がその都度体験し、感じた事を率直に述べた文章からは、作者の「階級差別」と「食への強い関心」や、20世紀前半の英国社会の縮図(女性の置かれた社会的立場)を読み取る事ができます。
 靴紐までアイロンをかけ、根気のいるマヨネーズ作り、女主人に銀の盆を介さず物を直接手渡すのはご法度、自分達のことは棚にあげ一方的にモラルを押し付ける雇用者の独善などを、メイドと主人側の独特で旧弊的な世界が提示される一方で、料理に関しては、作者は懐古的です。作者の目標が、自由裁量の高いコックにあるので、当然最大の関心は、上司のコックや自分のつくる料理にあります。ポテトチップをこしらえるにも、実に手間の込んだ調理方法が紹介され、昔は、新鮮な食材の流通もあって、不味い英国料理というイメージを覆すようでした。
 キャリアアップと労働条件の向上を求めて、変わる勤め先の家庭の事情は、それぞれ違い、まるで『家政婦は見た!』のノリで面白く、作者が一番ほめられた料理の失敗談「本物の味を出したければ、まずはゴミバケツでかき回せばいいのよ」は、最高でした。
 ジェンダー

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/02 14:01

投稿元:ブクログ

新聞の書評で知った本。キッチンメイドから上層のコックへと、少女がいかにのしあがったかというサクセスストーリーだと思いこんで読み出したら、意外と英国の生活歴史的資料本だったので驚いたりして・・・

著者のマーガレットさんは1907年生まれ。15歳の時にキッチンメイドになり、以降いくつもの裕福な家庭を渡り歩き、住み込み使用人として働くのですが、若いわりに冷めた目線で、雇い主一家や先輩メイドを観察し、ばっさりと痛快に斬るお茶目さ、ふてぶてしさはお見事!なかなかの女性とお見受けしました。

失敗は数えきれず、料理もなかなか覚えない(のに、上手なごまかし方はどんどん身につけていくの・・・)けど、めげることなく常に野望を胸に抱き、もっと上を、と目指していく姿はあぶなっかしいけど読んでいて爽快。

当時の裕福とされる家庭での暮らしや、メイド職の見つけ方、転職方法。雇い主と家事使用人との関係性や距離、料理技術に関することや結婚相手の探し方。その頃の生活文化が興味深く書かれているのもこの本のおもしろさだと思います。

マーガレットさんは、少女の頃にできなかった学問をするために、50 歳を過ぎてから専門学校に通い、討論番組でBBCのプロデューサーに見いだされたそう。それがきっかけでラジオ番組に出演、そしてこの本を 書くことになったのだそうです。
いかにも海外らしい、サクセスストーリーの形に最終的はなっている、というオチも。。。

2012/03/09 15:34

投稿元:ブクログ

リアルなメイドの姿がよく分かる。上流階級のことについ目が行きがちだけど、労働階級はこんなのだったんだな〜と勉強になる本。

2012/11/22 07:58

投稿元:ブクログ

オースティンまみれの私には随分現代的な文章だなぁと思ったら、著者は1984年までご存命だった。
貧乏な一家で育ち様々な家で働き、コックになるまでが描かれていて、モニカディケンズの「なんとかしなくちゃ」よりは切羽つまって生きている。

2012/06/02 23:03

投稿元:ブクログ

ちょっと想像していたのとは違ったけど、おもしろかった。
卒論を書いている頃に、こういう本があればよかったのにな~。

2012/04/28 00:54

投稿元:ブクログ

英語の先生に借りた本。とてもおもしろかった。痛快!でした。

とにかくメイド時代にものすごく苦労したこと。労働階級というだけで人として扱ってもらえずぼろぼろ泣いたこと。ありえない仕事量。お金がなくて嫌な仕事をやり続けたこと。転職活動の苦労。でも、同情を誘おうだとか教訓を残そうなんて書き方は一切していません。

仕事が好き、役に立った、なんてこともまったく言わない(より良い生活を求める力になったとは言うけれど)。
自分が貧しかったからと言って、貧しさを賛美することもない。かと言ってお金持ちに対する盲目的な羨望もない。豊かさも貧しさもひっくるめて人間なんだと思わされます。
――裕福な人々はもっと分け与えるべき、なんて絵空事。だってお金があったら、私もそれにしがみつくと思う――なんて言っちゃう強さ。現実的なまなざしと、人情。
経験に裏打ちされたしたたかさなのだと思う。

現代日本人のわたしとは、境遇も何もかも違うのだけれど、
地下に降りてきた二歳年下の「お嬢様」との無言の対面で、なんだかすべてわかったような気がしました。

「火かき棒を使って魚の頭をぶんなぐる」なんて、本当におもしろくて。

あの小説のあの場面に出てきたメイドさんも、こんなふうに考えていたのかなあ、なんて思いながら。
今後英国小説を読むときも、おもしろいかもしれません。

2012/02/27 23:12

投稿元:ブクログ

マーガレット・パウエルという女性の、家事使用人として過ごした日々を綴った回想記。
表紙のイラストは森薫さんが描かれていて、これがまたよい雰囲気で素敵。
そして訳者はアニメ版『エマ』で時代考証をつとめた村上リコさんで、解説も随所にありとても読みやすかった。
もちろん著者自身の、ピリリと辛いユーモアや、読書で得た知識を使っての指摘、英国らしい風刺や皮肉が多彩な文章力もあってのことだと思う。
キッチンメイドからコックへと転身した著者の、その過酷な労働環境には目を背けたくなるくらい辛いものがあったが、それだけに読み応えがあった。
やっぱり当事者の生の声というのは迫力がある。
村上リコさんが書かれた、『図説 英国メイドの日常』と併読して読むとさらに楽しめそうな1冊。

2012/12/24 15:37

投稿元:ブクログ

19世紀から20世紀ごろの貴族社会の裏側にいる労働者階級の人々の生活を知ることが出来ます。
普段表に出ることのない彼らの生活を知るのは面白い。

2012/08/12 15:18

投稿元:ブクログ

第一次大戦と第二次大戦に挟まれた時代に、キッチンメイドとして働き始めたマーガレット・パウエル、本書では母の旧姓であるラングリーを名乗る女性の回想録。

ゴスフォード・パークを思い出しつつ読んでいたのですが、この本はゴスフォード・パークの原点の一つになっているらしいです。
日本生まれ日本育ちの私には英国の階級社会は理解しにくいのですが、この本でその世界の一端くらいは理解できたかもしれません。

文章も読みやすく、英国の階下の世界に興味があるならおススメです。

2012/04/08 13:50

投稿元:ブクログ

 読んで良かった。不思議な読書だった。英国だから。約100年前の話だから。
 関係ないと思う。気付かされたことは、私は学業を修める機会を無碍に剥奪
 されることなく、きちんと修められたこと。を忘れかけていること。当の世に
 いたら、あなた、戦えましたか。戦いましたか。戦えなかったと思いますよ。
 だから、苦しかった日々も、甘受すべきなのに、不埒な態度。良くなかった。
 なぜ、今この時代にこの書を日本で出版したのか、という疑問を持っていた。
 多分、私に読ませるためだったのだと思う。そうでしょう。そうでしょうとも。

2013/08/17 01:55

投稿元:ブクログ

今から80年ほど前。
まだ栄華の余韻残る英国でキッチンメイドからコックにのし上がった女性の回顧録。

英国を舞台にしたミステリで見知っている当時のメイドの生活を、当人の筆により側面から補完してもらった感じ。
惜しむらくは階下の人々の労働環境がどの様な社会状況で変化して行ったのかが分からないところ。
まぁ、これは社会学的な本じゃないので仕方ないけど。
何気に、上に立つ人間の心得が描かれてるんだよなぁ。
サクサク読めてl面白かった。

2012/09/29 23:19

投稿元:ブクログ

図書館の外国文学の棚で発見。ただし小説ではなく、ある英国人女性の回想記です。

彼女の名はマーガレット・パウエル。15歳でキッチンメイドになり、苦労をしながらコックとしての腕を磨き、のちに物書きとしてたくさんの作品を残しました。

上流階級の家で働く家事使用人の日常が、いきいきと描かれます。どうしようもない階級意識や、気難しい上司のもとでイヤな思いもするわけですが、常に前へ進むことをやめないマーガレットの姿は、読み手に元気を与えてくれます。

2012/02/27 17:12

投稿元:ブクログ

気骨のある1907年生まれのフェミニスト(過激ではない)の女性の物語。本を読むこと、勉強することの大切さも教えてもらえます。
O.ヘンリーの本名がウイリアム・シドニー・ポーターであることを始めて知りました(p.157より)。

2012/01/25 16:19

投稿元:ブクログ

森薫さんの表紙に引っ張られて。
メイドさんの回想、そのままズバリでありました。
結構あけすけです。
どうなったか知らない、ということばが
頻繁に出てくる……。
ちょっと読みにくいかなぁ。

2012/05/13 14:26

投稿元:ブクログ

 まず、文章がとても読みやすい。ちょっと気になる言い回しもあったにはあったけれど、それは翻訳本だから仕方ないかな。
 
 読み始めてすぐに頭に浮かんだ言葉は「懐古主義」だった。もちろん、このお話はマーガレットの回想なんだから、昔を思い出し、あるいは懐かしむ趣旨であるからして、当然の印象といえばそれまでなんだけど。ドーナツのくだりやビールのくだりでは、昔は良かった、っていうある種の粘着質な懐古の念を感じずにはいられなかった。
 壮絶な家事使用人時代だったのだろうなあとももちろん思った。でも、彼女だけが特別に苦労していたわけじゃなくてこの時代の女の子たちはみんな似たような境遇だったろうし、マーガレットは強かで賢かったから、そういう性質を持っていた点で「生き抜く」ということについて、彼女はむしろ他の女の子たちより恵まれていたとさえ思う。もちろん本当の過酷さは経験した彼女自身にしか分からないことだけれど、この文章を読む限りでは、マーガレットに同情の気持ちは浮かんでこなかった。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む