サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

みんなのなやみ 2(よりみちパン!セ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2011.12
  • 出版社: イースト・プレス
  • レーベル: よりみちパン!セ
  • サイズ:19cm/210p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-7816-9026-1
  • 国内送料無料

紙の本

みんなのなやみ 2 (よりみちパン!セ)

著者 重松 清 (著),100%ORANGE (装画・挿画)

この気持ち、どうしたらいいんだろう…。作家・重松清が、自分自身、家族、学校と友だちなど、10代とその親から寄せられたさまざまな質問に答える。〔理論社 2005年刊の再刊〕...

もっと見る

みんなのなやみ 2 (よりみちパン!セ)

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「みんなのなやみ 2」が含まれるセット商品

図書館版 よりみちパン!セ スペシャルセレクション6 6巻セット

図書館版 よりみちパン!セ スペシャルセレクション6 6巻セット

  • 税込価格:7,56070pt
  • 発送可能日:購入できません

図書館版 よりみちパン!セ スペシャルセレクション6 6巻セット

図書館版 よりみちパン!セ スペシャルセレクション6 6巻セット

  • 税込価格:7,56070pt
  • 発送可能日:購入できません

よりみちパン!セ セレクション6 7巻セット

よりみちパン!セ セレクション6 7巻セット

  • 税込価格:8,96483pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

この気持ち、どうしたらいいんだろう…。作家・重松清が、自分自身、家族、学校と友だちなど、10代とその親から寄せられたさまざまな質問に答える。〔理論社 2005年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

重松 清

略歴
〈重松清〉1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。小説家。「エイジ」で山本周五郎賞、「ビタミンF」で直木賞、「十字架」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

子供と親

2016/09/09 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

子供と親からの質問に答えます。
けっこう重い質問も多く、著者が荷が重いと言った意味が分かります。
それでも真摯に重松さんの答えを出してくれてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/14 13:00

投稿元:ブクログ

重たい悩みが多くて
正直 まいった

良い子になろうと 親の前で緊張してしまうとか
再婚家庭で 自分の居場所がないとか
障害者の妹と生きていく将来が不安とか
突然に母を亡くした友人のこととか
親が死亡事故を起こしてしまったとか

本当に 重い現実を背負ってしまった子どもたちの声
呻きと言うべきか

それに 重松さんが きっと真剣に向き合って
応えようとしているのだろう

でも 彼自身も 何度も繰り返すように
キレイゴト になってしまう答え
どうにも答えようのない現実の重さだから

彼以上の答えが出せるなんて思えないけれど
でも、これを読んで 子どもたちは気持ちが楽になっただろうか

重松さんをもってしてもできない
言葉の限界だなぁ・・ と思った
近くにいれば ぎゅっと抱きしめてあげられるのに

言葉じゃなくて 身体、
存在そのものなんだろうね
最後は

2013/04/02 08:40

投稿元:ブクログ

「親の期待を裏切れ」これが一番いいアドバイス。逆に言えば「親は子供に期待するな」って事だろうけど。あと「(子供には)失望させよ」というアドバイスも中々。失望を繰り返す事で結果的には絶望しない強い人間に育つんだろうとと思う。
それにしてもよくこれだけの悩みのパターンを集めたなという印象。特に親にカルト的宗教を強要されてる子供へのアドバイスはテクニカルで他の悩みに対する精神論・教訓めいたものとは異色の回答になっているのが興味深い。これが安易な新興宗教批判に陥らない文学者としての矜持だろうか。あとは妹が障害者である姉の悩みは小説が書けるんじゃないか?と思えるほど泣けてくる。

知る・学ぶ ランキング

知る・学ぶのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む