サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-305004-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

著者 金井 美恵子 (著)

物語とドレスと映画と記憶と夢に祝福された言葉の宇宙。“読む快楽・書く快楽”に充ちた前代未聞の小説。【「BOOK」データベースの商品解説】あたしとまだ3つだったあんたを置い...

もっと見る

ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

1,555 (税込)

ピース・オブ・ケーキとトゥワイス・トールド・テールズ

ポイント :14pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

物語とドレスと映画と記憶と夢に祝福された言葉の宇宙。“読む快楽・書く快楽”に充ちた前代未聞の小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

あたしとまだ3つだったあんたを置いて、とうさんは家を出て行った−。記憶と描写の重層的なコラージュが織り成す物語。『新潮』に掲載したものを単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ピース・オブ・ケーキ 6−22
152−167
愛欲の谷 168−182

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

反ラノベ

2012/03/11 13:53

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソネアキラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終えてから、はじめて作者の処女作『愛の生活』を文庫本で読んだときの感慨を思い出した。改めてネットで作者のプロフィールを読んでみたら、19歳のときに『愛の生活』でデビューだそうだ。じゃあ、書いていたのは18歳くらいの頃か。共感とか女子高生の等身大とか、そんなんじゃなくて。日本語によるヌーヴォーロマン。退屈じゃないヌーヴォーロマン。恐るべき文学少女だ。

この小説も、いつものように、ページをめくると、改行がほとんどなく、しかもフレーズが長い。アナウンサーが朗読したら、窒息しそうなほどに。漢字、しかも難しい漢字が多く、件の小説のスタイルに馴染んだ読み手には極めてとっつきにくいかもしれない。どうする。簡単なこと。ゆっくりと読めばいい。幸い、短篇連作だから、ちょうどいい。ゆっくり味わうように読めば、次第にこの世界に浸ることができる。

この本の断片が触媒となって過去のことが甦ったり、新たなことを想起させてくれる。

主人公の母親の洋裁室。生地やミシン、裁縫道具などの細やかな描写は、中学時代ぼくが夏期講習や冬季講習に通っていた塾を思い出す。そこは、ふだんは小さな町の洋裁学校、ドレメだった。すると、目抜き通りの映画館の入口にあったパン屋の同級生の女の子から文藝同人誌の誘いを受けたことが、記憶の底から浮上した。恥ずかしくて断ったけど。

絶版になっていた、ロブ・グリエの『消しゴム』を神田神保町の古書店で見つけた。二階のガラス戸の書棚に鎮座ましていたが、ビンボー学生には、手が出にくい値段だった。同じクラスの江古田君(仮名)が、秋吉久美子がナタリー・サロートのファンだと教えてくれたことも…。ビュト-ルの『時間割』やソレルスの『ドラマ』にはシビれた。

久々に日本語の持つ豊穣さ、小説の醍醐味を愉しんだ。ひょっとして新たな境地へと作者は入ったのかもしれない。あ、これ上から目線ではありません。

カバーと扉のおしゃれなフォト・コラージュ。姉上の作かと思ったら、岡上淑子という人のもの。こちらにもひかれた。図録が図書館の蔵書にあったので、借りて眺めている。マン・レイの実験映画を見たときぐらいに、シビれている。

小説を読んで読み手なりの感想を再構築する。それが「トゥワイス・トールド・テールズ」だとか。部分を組み合わせる。絵画だとコラージュか。

あとがきの表題である「読む快楽(よろこび)・書く快楽(おののき)」とは、蓋し名言なり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まるでコラージュのような小説

2012/02/26 23:06

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BH惺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 なかなか読む人を選ぶ、もしくは好き嫌いの分かれる作品だなあ、というのが読了後の素直な感想。
 21の章から成るそれぞれのエピソード。この作品を小説と言っていいのかどうか? 内容にもあるとおり、それぞれの章がまさにコラージュされたような、つぎはぎ切り貼りしたような印象を与える作品。
 かろうじて根幹をなすストーリーというのが、とある男性作家(おそらく)の幼少期の回想録であるらしいこと。
 戦後間もない時代、ある日突然父親が失踪し、残された母親と男性は祖母と伯母と暮らすことになる。その多感な幼少期の生活での強い印象などが、濃密な描写と改行のほとんどない文章で綴られてゆくので最初はかなり違和感。
 主語がなく唐突に文が始まり、さらに一文が長く一体誰の語っている言葉なのか途中で判然としなくなる。まるで学生時代に習った古文のような感じ。

 父親が母と自分を捨てて愛人の許に走ってしまったという事実。父親が死に、語り手の男性の許に父親の愛人から手紙が届く。それを受け取った男性が意外にも愛人に対して負の感情を抱いていないのがまた男性心理の複雑なところ。父の失踪の原因は何だったのか? ほんの少しミステリーっぽい香りもしたりして。

 かなりアンニュイでノスタルジックで独特の雰囲気のある作風と文体。
 はっきり言って小説として明確なストーリーはありません。いや、小説として捉えちゃいけないのかな?
 この作者の他の作品を読んだことがないので、普段どのような作風なのか分からないのですが、実験小説のような印象受けました。
 万人受けする作品では決してないと思います。こんな作品もあるんだ! と目からウロコ状態で読了。
 読んでがっかりするか、未知の作品との出会いに感動するか。どちらかに分かれる作品かと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/11 14:52

投稿元:ブクログ

時間ではなく場で記憶を語る。何度でも語る。
時に巧妙に逆らう小説。

タイトルがまた素晴らしくて。

ピース・オブ・ケーキは最初に慣用句的な意味を発想してしまったけどそれは山椒のようなもので直訳で受け取ったほうが素直に読めます。

場にとって「私」とはうつろうものだ。

2012/12/03 20:19

投稿元:ブクログ

アマゾンで購入。
読書会課題本。


やっと、やっと読み終わり。
つかみどころがなくてはじめはものすごく苦戦。
文章を浴びるのですと教えてもらったら
これが気持ちよくて。

くるくるとあらわれては消えていく鮮やかなイメージ。
まるで万華鏡みたいだった。

パズルのピースをあてはめてひとつの絵をつくっていくのではなくて、
ただだだ感じる物語は初めて。

いい体験をさせてもらった。
満足。
(13.07.04)

2012/05/19 19:16

投稿元:ブクログ

著者の知性・教養・品位を強く感じる。
たゆたう流れに身を任せているうちに、
いつの間にか捉えられている自分を発見する。

作家の生姿を拝見できるのは貴重。
「金井美恵子×朝吹真理子 
読む快楽(よろこび)・書く快楽(おののき)」
http://bit.ly/JZTQrg (YouTube)

2015/05/17 23:02

投稿元:ブクログ

本文中にあった次の一節、「……様々なシーンの断片がどっちがどっちの映画の中でのことだったのか、ごっちゃになってしまう。」が、本作を言い当てているんじゃなかろうか。
この、登場人物がぼやけて、語られる話のほうが肥大した小説はずっと読んでいられそうだけれど、夢中で読む、という感じではなくて、これから読む人は最後まで読む必要がないし、どこから読み始めてもいいと思う。

2012/06/07 21:34

投稿元:ブクログ

夢の中で夢を語られるような不思議な文章と
どこまで一気に読んでいいのか分からないような
不思議なリズム感の虜になった。
美しいイメージの連続を思い描くのが難しくて
なかなか一気には読めなかったけれど、
それがまた楽しくも幸せだった。

2012/05/17 19:24

投稿元:ブクログ

きらきらさらさらとした、美しい文章たち。特に中身があるわけではない、だけども魅了される、魅力的な連作短編集。

2013/05/19 16:05

投稿元:ブクログ

abさんごと文体が似てる・・
おしゃれな雰囲気なんだけど読みづらかった。
句読点でずっと文がつづくから、読んでると息がつまるような・・

2014/09/08 15:09

投稿元:ブクログ

頭に入ってこなかった。なんとなく、だけど、文体変わった…?おそらく、自身の集中低下もあるので、また読もう。母と伯母と祖母と暮らした、昔を語り直す、これまで読んだ金井美恵子の灰色のイメージに加え、黄金色とかセピア色とか、暖色が感じられて好き。

2012/03/11 20:50

投稿元:ブクログ

おぉ~!金井美恵子さん、好きだぁ~!「噂の娘」男性版とでも言うべきり濃厚な香りは、一つ一つの章がまさにピース・オブ・ケーキ。パクパク食べるなんてもったいなくて、ゆっくりゆっくり味わいながら読みました。


語り手は誰なのか? 
語られている人たちと語り手の関係は?
語られている時は昭和のかなり初期のようだけど、語っているのはいつなのか?

全てが曖昧模糊としたまま、語り手の目線&語られている人々のあっちこっちに飛ぶ話で物語は進んでいく。状況がよくわからないのに、ドレスの仕立てや当時人気だったらしい映画の話などは詳細でそのアンビバランスに眩暈がするほど気持ちいい。(*^_^*)


で、段々に明らかになっていく大筋は、語り手は今現在作家であるらしい男性で、彼が子どものころ、父親が突然愛人の元に失踪。残された彼と母親は、母親の姉、母の元に身を寄せて、その中に届く愛人からの手紙・・・。

twice told tales のタイトル通り、ある時に語られた話が時を置いてまた別の語り手によって再現されるその不確かさもまた面白いし。

大好きな大好きな金井美恵子さんだけど、トラー亡き今、体調もよろしくないはずなのにこんなに重厚な物語をファンの前に提示してくれるなんて驚いてしまう。

どうもありがとうございます。
大事にしますね!と申し上げたいです。

2012/04/17 10:09

投稿元:ブクログ

はぁ~、もうただただため息が出るばかり。金井さんの世界にどっぷりつかってなかなか現実に戻ってこられない。こういう読書ができることの幸せよ!

二十一もの掌編を連ねた構成で、一人の男性の回想という形であるが、はっきりした筋立てがあるわけではない。一貫して流れているのは「失われたものへの痛み」であるように感じた。ただ、この作者のこと、そこに「ノスタルジー」などという甘ったるいものは一切ない。読者としては、克明に語られるディテールにそのような感情を揺さぶられずにはいられないのだが。

いや実に、この小説の細部の描写には参った。「ケースについている人絹のひもをクルクル回すガラスの体温計」とか「鉛筆の芯が折れないように脱脂綿がしいてある筆箱」とか。もちろんこういうものは少しも「重要な小道具」として登場するわけではないのだが、そういうものたちによって、確かにあった(すっかり忘れ去っていた)過去の「手触り」が蘇ってくるようだ。そういう意味でこれは金井版「失われた時を求めて」である、と言ってしまおう(おぉ、大胆!)。

描写として圧巻なのは、「伯母」の縫うドレスについてだ。繰り返し繰り返し語られる衣服のディテールは、作者(と姉の金井久美子さん)の美意識をくっきり反映して、うっとりするほど華麗だ。その衣服をまとう女性達たちへの、意地の悪い辛辣な評も金井ファンにはおなじみで楽しい。

読み終えて、タイトルの妙にも心底唸った。これはまさに「ピース・オブ・ケーキ(ケーキの一切れ)」であり「トゥワイス・トールド・テールズ(語りなおし)」である。あとがきで作者は「本書は意味的には、『楽々とできる語りなおし』という、あざといタイトルを持って」いると書いている。確かに、ここにあるのは切り取られた一かけらのものに過ぎないし、登場人物達はまるでなぞったようによく似た道をたどる。それは何度も何度も語りなおされてきたありふれた物語である。でも、それだからこそ「語られずにはいられない物語」であり、それ以外に人生に何があるというのか。そしてまた、「ピース・オブ・ケーキ」はこの上なくおいしいのだ。そんな思いが潜ませてあるのだと、勝手に一人で納得している。

2012/05/19 15:14

投稿元:ブクログ

金井さんは、しばらく小説はお休みしているのだと思っていたので、久しぶりに本屋で金井さんの本を見かけて、心の中で小躍りしてしまいました。
最近は、ハウトゥー本とかマンガみたいな小説が流行ってるけど(否定しているわけではありませんよ!!)、こーゆーのがやっぱイイよね★
と、自分の好みを再確認。
小説に、なにかの答えを求めてる人や、意味とか筋を求めてる人にはオススメできません。布教しちゃうけど(笑)

2012/03/24 19:54

投稿元:ブクログ

とにかく一文が長くて長くて、主語と述語は結び付いてないし、時制もめちゃくちゃだし、まあそういうのを狙って書いてるんだろうけど、作文の試験だったら間違いなく大量の添削が入るはずで、そんな文章を読まされた挙げ句、結局何が言いたいのかさっぱりわからなくて、ストレスが増大して嫌になるのに、こういうときに限って図書館が次の本を貸してくれない、このレビューは何なのかただの文句をつらつら書くな、つまらんと思った人は絶対に読んではいけない。

2013/01/12 10:52

投稿元:ブクログ

タイトルと表紙の優雅さに惹かれて借りたけど、
昔の洋裁の話で、主人公が誰なのかもわからず
私には向かない作品の為、途中で読むのやめた。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む