サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

少女
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 772件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 発行年月:201202
  • 出版社: 双葉社
  • サイズ:15cm/323P
  • ISBN:978-4-575-51483-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

少女 (双葉文庫 み 21-2)

著者 湊 かなえ (著)

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は...

もっと見る

少女 (双葉文庫 み 21-2)

669(税込)

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を考えたことのある敦子は、死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのではないかと考える。ふたりとも相手には告げずに、それぞれ老人ホームと小児科病棟へボランティアに行く—死の瞬間に立ち合うために。高校2年の少女たちの衝撃的な夏休みを描く長編ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー772件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

少女(感想)

2013/02/25 21:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なみうさ - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末に衝撃を受けた!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残念

2015/04/27 16:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坦々麺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読了後ジグソーパズルが完成した様な気がした。登場人物が複雑に絡み合いながら進む展開にいつもながら感心してしまう。想像力と表現力の賜物なのか、生まれもった才能なのか?湊かなえさんの小説はいつもながらぐいぐい引き込まれ気がつけば読了になってしまう。頁をめくる楽しみが5時間ほどで終わってしまうのが残念極まりない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女

2015/08/29 12:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

湊かなえ著書の告白をやんで面白かったので読んでみましたが、なんとなく予測が出来てしまい少し残念でした。期待せずに読んだら面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

キャラクターが

2015/11/05 12:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラクターがそれぞれ興味深く、共感させられたり、いらいらさせられたりした。登場人物どうしの関係性もうまく描かれていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死とは

2015/12/10 23:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

死という一つの言葉や死を体験してみたいなどの人間の気持ちがかかれている本で命の大切さについて深く感じられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白いんですけど。

2016/06/21 00:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栞ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな伏線がはられていて、それが最後にはきちんと収束していて、相変わらずうまいんですけど、いろいろ絡め過ぎて、ちょっとやりすぎって感じです。
作者らしい、最後まで救いのないストーリーです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

10代の頃を思い出す

2016/08/08 17:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:gomdon - この投稿者のレビュー一覧を見る

10代の少女だった頃に感じていた、大人との境界線や畏怖すべきものへの好奇心、衝動によって行動する力、そんなものを思い出す作品です。
死体を見たい、見ることで死を感じたい、理解し、他の子と違う存在になりたい。
そんな好奇心から始まった少女たちの体験。
仲良くしているように見えても自分のことしか考えていない、相手への思いを上手く伝える術を知らない、伝わらない、時には残酷で時には甘美な時間を共有する10代の少女たち。
様々な出来事が交錯し、それぞれが繋がることで重要な事柄であったと最後には全てがパズルのようにはめ込まれていく。
結末は予測通りではあるが、描かれている少女たちの心の変化、成長に過去の自分を重ねてみることで、心を震わせる人もいるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かな物語でした。

2016/09/26 18:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読んでしまいました。言葉の選び方の一つ一つにはっとさせられます。因果という言葉が一気に立体的に感じられる物語でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白かった!

2016/11/17 00:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かずちやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても読みやすくて、すぐに読みきることができました!最後にはあっと驚く展開があって是非オススメしたい一冊です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

女の子の甘くて毒々しい世界。

2017/02/25 17:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼぶ - この投稿者のレビュー一覧を見る

女の子たちの、どうしようもない、救いようの無い世界。私も”女の子”だった時があったからか、女子校の空気やにおい、雰囲気から鮮明によみがえってくる何かがあった。
由紀も敦子もお互い大事に思っているのに、そこがこじれてしまっている感じが切なかった。
女性の登場人物が多い中で、高雄さんの出てくる場面にほっとできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女感想

2017/07/11 22:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:右ソルデ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった。因果応報をキーワードに二人の少女のそれぞれの目線から交互に語られていく。しかも結末の断片の匂いを漂わせながら。匂いは時にドキドキするほど強く、時にほのかに。
余談だけど、最後の書店員の星真一さんの解説もお洒落で本当に面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少女版現代版スタンドバイミー

2012/04/05 10:17

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

かの名作映画を知っている人なら、読み始めてすぐに「スタンドバイミー」へのオマージュ的作品かな?と感じるはず。そこに現代の社会的な問題や風刺、少女たちの悩み等も取り込んで物語に仕上げてある感じ。
転校してきた同級生に、以前の高校で友人が自殺した所を目撃したと聞かされた敦子と由紀は、自らも死体を見てみたいと強く願うようになる。やがて訪れた夏休み、それぞれが人の死に立ち会う為に、行動を起こすのだが・・・。
基本ストーリーはそんな感じで展開していくのだけど、その中に、少しだけすれ違ってしまっている二人の友情物語がある。小さいころから、お互いを思いやるがあまり大事にするがあまりに言ってしまった事してしまった事。それがまた誤解を生んで、二人の間に出来てしまっている薄い壁。それが「死」を追いかける二人のそれぞれの状況から、また違う展開を迎えて行く。交錯する二人の少女の、心境や状況。これを「*」(アスタリスク)をうまく使う事で表している。ここらへんは非常に面白いと感じた。
ただ・・・こんな女子高生がそうそういるのか、という違和感が少々。それと最後の最後に、ちょっと盛られる毒。これが微妙に後味を悪くさせられた。
それとこの物語を一言で表すなら、「因果応報」という事になるだろうけど、登場人物の相関関係がちょっと無理くり。パズルのような推理小説とかなら良いのかもしれないけど、こういうヒューマンな面も持った物語では、ちょっとやりすぎな感じもしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/03/23 08:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/04 17:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/08 08:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

双葉文庫 ランキング

双葉文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む