サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黒鋼の魔紋修復士 1(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/02
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-727926-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黒鋼の魔紋修復士 1 (ファミ通文庫)

著者 嬉野 秋彦 (著)

“神聖同盟”に12人しかいない、憧れの“神巫”に任命された少女ヴァレリア。しかしその美しい肌に刻まれた“魔紋”を委ねる紋章官は、よりにもよって男、かつ超性格の悪い少年ディ...

もっと見る

黒鋼の魔紋修復士 1 (ファミ通文庫)

648(税込)

黒鋼の魔紋修復士1

463(税込)

黒鋼の魔紋修復士1

ポイント :4pt / 紙の本より185おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「黒鋼の魔紋修復士 1」が含まれるセット商品

黒鋼の魔紋修復士 (ファミ通文庫) 13巻セット(ファミ通文庫)

黒鋼の魔紋修復士 (ファミ通文庫) 13巻セット

商品説明

“神聖同盟”に12人しかいない、憧れの“神巫”に任命された少女ヴァレリア。しかしその美しい肌に刻まれた“魔紋”を委ねる紋章官は、よりにもよって男、かつ超性格の悪い少年ディミタールだった。純潔の肌を男にさらす乙女心と、各々の立場から対立してしまう二人だが、そんな彼らに初仕事となる任務が与えられる。それが“贖いの主”たる神、レドゥントラを巡る壮絶な争いへ続くとも知らず…。妖艶な“紋章魔法”が世界を彩るファンタジーアクション。【「BOOK」データベースの商品解説】

“神聖同盟”にたった12人しかいない“神巫”に任命された少女ヴァレリア。しかしその美しい肌に刻まれた“魔紋”を委ねる紋章官は、超性格の悪い少年ディミタールだった! 妖艶なファンタジーアクション。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

高密度のファンタジー

2013/04/07 20:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とある図書便り編集長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

魔法という概念が「魔紋」と呼ばれる刺青みたいなものから出てくるというのはちょっと新しくて、読んでしまった。

 話は世間知らずで傲慢な神巫(ドミナス)とクールな紋章官(ドミナス専用の従者みたいなもん)の出世話みたいな感じ。……まあ、こうやって言うと政治っぽい感じがするけど、初仕事が潜入捜査なのでなかなか見もの。
 謎の黒衣の女などがいて、読後感もよく、続きが気になる作品でした。

 ただ、異世界ファンタジーなのに現代語がちょくちょく使われていて、世界観が壊れてしまっているのが残念。その為、星四つということで。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/04/28 21:45

投稿元:ブクログ

“「これはこれはヴァレリアさま、お目にかかれて光栄ですぅ!」
「あ、はぁ……」
「わたくし、王国軍第三工廠技師長キケ・アルビオールの姪で、ベッチーナ・アルビオールと申します〜。今回、ヴァレリアさまの従者として任務に同行させていただくことになりました!どうぞよろしくお願いいたしますう!」
「た、確かに女性の従者をってお願いはしたけど、あ、あなたがそうなの……?」
「はい!身の回りの雑用から護衛まで、すべてこのベッチーナにお任せください!」
「あなた……ホントに女の子なの?」
ヴァレリアが疑わしげに尋ねると、ベッチーナは地団太を踏んで憤慨した。
「どうしてみなさんそんなこというんですかあ!誰がどう見ても女の子、ぴちぴちの十三歳ですよう!ほらほら、この声で判るでしょう!?」
「ぴちぴちかどうかはともかく、あの変人技師長の姪っ子って話は本当だ。馬鹿力もあるし、ポーターくらいにはなるだろ」
ディミタールは横から口をはさみ、もう一枚のマントをベッチーナに引っかぶせた。”[P.62]

表紙のデザインに惹かれて。
あまり読んだことない雰囲気。
ベッチーナちゃんの素顔早く早く。

“「これだけ出血すれば、倒れるのが、ふつうだ……」
「い、いまさら何いってるのよ?信じられないし!無責任!」
「おれがここで死ぬのはかまわんが、おまえに死なれるのはまずい。だから、どうにか逃げられるように、最低限の魔法が使えるようにしたんだろうが……いいから、早くガチャピンクと合流して、逃げろーー」
「あっ、あなただけ置いていけないでしょ!?」
「そうするのが、おまえの義務だ……」
「あなた……おっ、おかしいんじゃないの!?」
ふたたび気に寄りかかったディミタールの襟首を摑み——そこもすでに血で濡れているみたいだった——ヴァレリアはいった。
「どうしてそこまでするわけ?気に食わないんでしょ、わたしのことが?」
「それとこれとは、別の問題だ」
ディミタールの口から弱々しくもれる吐息が血なまぐさい。
「理屈ではそうかもしれないけれど、実際にはそうはいかないのが人間でしょ!?」
「綺麗ごとをいっていないでさっさと逃げろ。……おまえだって、おれのことが大っ嫌いなんだろ……?」
「……っ」
死にぞこないの少年に屁理屈でやり返され、ヴァレリアは絶句した。”[P.220]

2013/03/12 21:25

投稿元:ブクログ

嬉野さんの作品は戦争妖精以来でしたがこっちの主人公もヒロインに対してクールだなぁ(笑)ディーの場合はクールを通り過ぎてる気もするけど。まぁ作者の性癖なら仕方ないな(ぇ 本編で解決した任務+α(むしろαの方がメインになってたが)には裏がありそうな上に、ディーの過去等謎がいろいろ散りばめられてこの後どう展開していくかな。まぁ一番気になるのはガチャピンクの素顔だがな!(笑)

2013/03/19 16:53

投稿元:ブクログ

中世風ファンタジー。
クーデレ兄さんとツンデレちゃん。
男>女な力関係のラノベて最近少ないから新鮮だわー

2013/07/04 17:22

投稿元:ブクログ

詳しくは二巻のレビューで書きましたが、作者の性癖がところどころにチラチラするのと、ヒロインの扱いが悪いので読んだ感じは余りよくない。
絵はいいんですし、話もしっかりしてると思うんですが……。

2013/04/11 12:25

投稿元:ブクログ

我が儘な新米神巫と、生意気無礼な修復士コンビ。ヴァレリアのあまりのアレさに読んでいてつらい部分もあるけれど、物語としては程良い。

2012/11/10 23:10

投稿元:ブクログ

高慢な少女と無愛想な少年.
よくあるあの,高慢でわがままで貧乳な少女が
お人好しな,しかし実はすごい能力を隠してるかもしれない少年を
尻に敷いてなんだかんだする話,ではない!
確かに少女の声は釘宮嬢がぴったりかもしれない.
しかしそんな少女の相棒になるのは
能力はあるがコミュニケーション能力に不備がある?少年.
淡々と事実を告げ,少女をバカにしているかのような口調.
良いね!

2012/06/15 01:21

投稿元:ブクログ

ヒロインが主人公的な立ち位置で、それに感情移入して読むことになると思うんだけど、
ひたすら相方にやり込められるのが地味にキツイ。

全身刺青とかエロくて良い。
映像化すると映えそう。

2013/09/14 17:34

投稿元:ブクログ

電子書籍にて。
作者の嗜好は結構分かるかも。
ビシバシいってほしい。でも最終的にちょいデレがないとなーとは思います。もうちょっと読んでみる。

2014/04/05 23:30

投稿元:ブクログ

12人しかいない神巫に選ばれた少女ヴァレリア。
紋章官の超性格の悪いディミタールと壮絶な争いへ挑むファンタジー。

世界に入り込めるかどうかで決まるかな。
個人的な好みの問題だけど、戦いに挑む人間はもう少し緊張感を持って欲しいしね。
それに神巫と紋章官の立ち位置・位置づけを序盤でしっかり書かないと物語の核を見失う気がします。
ファンタジーはキャラより世界観重視なんで合わなかった。

2012/10/02 02:58

投稿元:ブクログ

わがままな神巫・ヴァレリアとそのお供・ディミタール(従者的立場?)の少年の話。
ファンタジー色のある小説が読みたくて手に取ったものでしたが、一気に読み進められました。

2012/12/02 17:11

投稿元:ブクログ

剣と魔法の世界、魔法は体に魔紋と呼ばれる刺青のようなものを書き記すことで使えるようになる設定。主人公(♂)はぶっきらぼうだけど優秀だけど他の作品の主人公よりかなり性格は悪目に設定。主人公(♀)は実力のある高飛車お嬢様。この2人が物語の中心となって進むのでわかりやすく読みやすいのですが、設定など目新しさがちょっと足りなく感じました。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む