サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 明日から俺らがやってきた 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明日から俺らがやってきた 1(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/302p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886272-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

明日から俺らがやってきた 1 (電撃文庫)

著者 高樹 凛 (著)

推薦入学で大学デビューして女の子にモテようか、それとも将来のために上を目指して大学受験しようか。進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に突然、未来から“俺”が時間を超えて...

もっと見る

明日から俺らがやってきた 1 (電撃文庫)

616(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

明日から俺らがやってきた

616(税込)

明日から俺らがやってきた

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

推薦入学で大学デビューして女の子にモテようか、それとも将来のために上を目指して大学受験しようか。進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に突然、未来から“俺”が時間を超えてやってきた!しかも二人も!!チャラ男とガリ勉の桜井真人…って本当に俺かよ!?でも俺の秘密(エロ本の隠し場所)を知ってるし…どうやら本物。そして、どちらの未来を選んでも最悪の人生らしい…。そんな中、クラスメイトで同じく進路に悩む『氷の女王』こと高瀬涼と仲良くなった俺は高瀬の未来も不幸らしいと聞いてある決断をすることになるが…。ちょっと大人の“俺ら”とおくる、未来系・青春ラブコメ!(…なのか!?)。第18回電撃小説大賞“電撃文庫MAGAZINE賞”受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃文庫MAGAZINE賞(第18回)】進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に突然、未来から“俺”が時間を超えてやってきた。しかも2人も! チャラ男とガリ勉、どちらの未来を選んでも最悪の人生らしいが…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

未来の自分が進路指導!

2015/09/11 16:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

桜井真人は進路に悩む高校生だ。望めば大学に推薦入学も出来る。ただしそこは、不純異性交遊学部などと揶揄されるチャラい大学だ。将来のことを考えれば不安もある。なら受験をして、一つ上のレベルを目指し、一流企業に就職すべきか…。そんな悩みを抱え、進路調査票を前に固まる真人の許に、6年後の自分が二人やってくる。彼らは受験をした未来と、推薦をした未来だった。
 受験を選んでも、推薦を選んでも、どちらも主観的には不幸な人生になる。そう宣言されてしまった真人は、一層、どちらを選ぶかで悩むことになる。そんなとき、同じ様に進路調査票を提出していない、氷の女王と呼ばれ敬遠されている美人の高瀬涼と話をする機会を持つことになる。そして彼女の意外なほどのお人好しぶりを知り、未来の自分から彼女が悪い男に騙されることを伝えられた真人は、彼女が将来不幸にならないよう、彼女が相談できる友達を作ろうとする。

 気の良い友人の寿ゆかりの助けを借り、未来の自分からアドバイスも受けながら、涼の妹の高瀬優も紹介してもらえるほど仲良くなった真人だったが、突然、涼が真人とゆかりを避ける様になる。一体何があったのか?

 あの時に戻ってやり直したいという願望を持つ人は少なくないだろう。でも普通はそれが実現することはない。しかし真人にはそのチャンスが与えられた。厳密には、失敗した未来の自分が、失敗する前の時点に訪ねてくる訳だが。そして失敗を回避しようとする。
 だが、未来を知れば幸福な未来を選べるとは限らない。知っている未来から変化すれば、その先にあることは文字通り未知だ。結局、そこで選択をするのは自分でしかない。望む未来を引き寄せるべく努力をして諦めないことが、幸せを呼びこむ王道のやり方なのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/21 00:33

投稿元:ブクログ

ちょっと前に読んだので記憶は薄れてるのだが。

進路に悩む高校3年生のもとへ二つの可能性を選択した未来からそれぞれ「将来の俺」がやって来て、互いに「この道は失敗だ。悪いこと言わないから他の選択にしろ」と言ってくる。一人は推薦で進学し大学デビューしたが遊びほうけすぎて将来に展望のない『推薦』、もう一人は努力してワンランク上の学校へ進んだが女性と縁がなく就職には困らない代わり学生時代に何の楽しい思い出もない『受験』。

タイムトラベル物には大きく分けて2種類ある。時間移動に科学的な説明が用意されている物と、そういう説明は素っ飛ばし移動した結果のドラマを描く物だ。本書は後者に当たる。過去にした選択への後悔が二人の桜井真人を人生のチェックポイントともいえる場所へ連れてくるのだが、二人と接した現在の桜井真人は当然のように苦悩する。推薦を選んでも駄目、受験を選んでも駄目、だがどちらかを選べと担任は迫ってくる。自分は自分の未来をどうしたいんだろうか。

更にライトノベルなのでそこに同じクラスの美少女も絡んでくる。二人がやって来たことで進路に悩み始めた真人は同じ悩みを持つ同士として高瀬涼との距離を縮める。元の時間軸では接点のなかった二人だが、『推薦』と『受験』が未来からやって来たことで微妙に世界への影響が出ているのだ。高瀬と会話を重ねるうち「氷」と称される態度に隠された“普通の女の子”の面が見えてきて真人は次第に気になり始める。だが未来での高瀬は大学に入るとよくない人間との付き合いから不幸になり音沙汰も聞かなくなると教えられる。真人は自分だけでなく高瀬にも幸せになってほしい。二人の未来を同時に変える方法はないかと模索し始めるのだった。

高瀬涼という女の子は「美人だけど物静かで大人しく印象の薄い、卒業して狭い教室から解放されてしまったら強い印象が残らない」そんな存在として描かれている。自分の高校生活を振り返っても居たな、そんな女の子。野郎が8割5分のムッサイ学校だったんですがね。

本来は接点のなかった二人が交わることで起こらなかったはずのイベントが発生し徐々に未来が変わっていくのだけれど、そのイベントの起き方がストーリーラインに並べられたチェックポイントという感じで乗り切れなかった。文章との相性もあるんだろうが読むのにやたら時間かかった。

未来から来て好き勝手やってるだけかと思った二人もそれぞれに考えるところがあるようで、特に『受験』はなまじっか頭が回る物だから、ある可能性に気づいてしまう。この時代の桜井真人が自分と高瀬の二人を救う第三の道を巻の半ばほどで選択するのだが、その時点で未来は変えられてるはずでなのに自分たちは変わらず存在している。これは既に分岐し確率した世界に新たな桜井真人の選択は干渉しない、新しい可能性の世界が出来るだけで自分たちはやはり救われないのではないか。

過去に戻ればやり直して別な人生を歩めると思っていた二人もまた、現在の真人同様に自分たちの生き方をどうするか迫られる。

青春の葛藤とか恥ずかしいくらいの熱さとか作者の書きたい物は一本芯が通っていた���で物語的には迷子になることなく読めたのだが、読後の印象がそれほど強くないのはやはり全体のリズムとして走りすぎたようなところがあるからか。

2012/02/15 04:20

投稿元:ブクログ

あらすじや帯の紹介文から、てっきりバカコメディだと思って読み始めたら、思いのほかまっすぐな青春ストーリーでびっくりした。「未来から自分が来た」という不思議要素があるとはいえ、ここまでまっとうにティーンエージャーの成長ストーリーを真面目に書いているライトノベルも珍しいと思う。高校生の時にこの作品を読んでいたら全力で感情移入してしまったと思う。
その反面、『推薦』や『受験』よりも年を食ってしまった読者にはちょっと劇薬かもしれない。未来の可能性に臨む主人公の一挙一動がまぶしすぎてなかなか読み進められないことも。私がそのクチだった。

2012/02/13 13:07

投稿元:ブクログ

第18回電撃小説大賞、電撃文庫MAGAZINE賞受賞作品。
ストーリーとしては「未来からやってきた自分と一緒に」という部分以外は非常にオーソドックスな作りとなっており、どんでん返しのような展開は無かったですが、それでいて単調になりすぎないように細やかな配慮が色々となされており、最後まで退屈せずに読むことが出来ました。
ジャンルとしては「SF学園青春ラブコメ」とでも言えばいいんでしょうか…?(笑)個人的に好みの要素が色々と詰め込まれていたので、非常に楽しめました。

2014/12/18 19:57

投稿元:ブクログ

高校3年生.
進路希望調査を前に「推薦」か「受験」か悩む少年.
そんな彼の前に
「推薦を選んだ彼」と「受験を選んだ彼」がやってきた.
それぞれの選んだ生活は碌なもんじゃないから
違う選択肢を選ばせようという事らしい.
そんな感じで,
未来の自分に進路について口出しされながら
うんぬんかんぬん.

選択肢でセーブしてルートを外れると
ロードしてやり直そうと,そういう感じですね.
で,自分がやり直すんじゃなくて
過去の自分にやり直させようとする感じが新しい?

と思ったけど
「やわらかウンコマン」と「カチカチウンコマン」みたいなもんか?

2012/09/07 02:46

投稿元:ブクログ

ようやく消化。読んでみると面白い。まあ面白そうだったから買ってはいるんだけど。
SFのような派手な背景があるのに、それを大学受験だけに留めてしまうのは少しもったいない気もするが、これが最近の流行なのかもしれない。いやしくも商業的。

2014/04/13 17:44

投稿元:ブクログ

推薦で大学に入った未来と受験で大学に入った未来。それぞれの主人公がぜんぜん性格が異なっていて面白かった。しかし、未来の自分が来た理由は語られなかったのが・・・
ヒロインは不器用なタイプでなかなかかわいい。

2013/05/25 14:57

投稿元:ブクログ

受験を控えた主人公の元にがり勉して大学に入った未来の主人公とちゃらく過ごした主人公の二人がやってきて未来は最悪だと言ってきた。
これを受けて主人公はどう動くかという青春ラブコメ。

まったくといっていいほど設定が生きてないし、未来から来た主人公達の目的は?
会話も主人公3人の会話は特徴がないし……。
でも、ヒロインとその妹はかわいいな(笑)

2012/04/15 21:27

投稿元:ブクログ

爽やかなラブコメ
主人公を筆頭に出てくるキャラ全てに好感が持てました。
テーマも明確で良かったです。

2012/06/30 00:48

投稿元:ブクログ

電撃文庫MAGAZINE賞受賞作です。
二種類の未来から自分がやってくるお話。
内容的には全然違いますが、「学校を出よう」の2巻を思い出しましたw

ちょっと会話のリズムとか、
時間の経過とかが肌に合わなくて掴みのあたりで引っかかりました。
なんちゅうか、未来人来ててすんなりうけいれたり
あんなエピソード少なく時間過ぎたりしないんじゃないかと。

最終的には、けっこう面白かったのですが、
そう比べると学校を出ようの2巻のが物語的には面白かったかなw

でも作者のメッセージはいっぱい詰まってて、
中身があるって意味ではかなり良かったです。
ただ詰め込みすぎてて物語自体がいまひとつなのが残念かなぁ。

2013/04/12 09:47

投稿元:ブクログ

評価:☆4.5

進路に悩む主人公桜井真人の元に現れたのは未来の自分だった!勉強して浪人しながらも大学へと進んだ自分:通称「受験」と、遊びまくって青春を謳歌する道を進んだ自分:通称「推薦」。

未来の自分がやってくる、なんてのはよくある話なんだけど、同時に(同時期の)未来の自分が2人くるっていうのはあんまりないんじゃないかな?

3人の桜井真人のやり取りが面白い。
特に受験と推薦は正反対の性格をしてるのが味があっていい。
受験のとりあえず「後学のためだ」で済ますのには笑ってしまうw

未来の2人の自分、そして高瀬に出会うことによって真人はより良い未来を求めて奮闘する。

高瀬は絵を見ると全く「氷の女王」なんて異名を貰う感じには見えないんだけど、初々しく照れる姿が可愛かったからよしとしようw

未来なんてのはいくら考えても分からないもので、その未来が今になったとしても本当にこれで良かったのかなんて誰にも分からなくて。
でも、それでも確かに言えるのは、無駄なことなんて一つもないんだということ。
それは未来からやってきた受験と推薦が示してくれた。彼らは自分の人生に納得していなかったけれども、それまでの経験は確かに自分の糧となっていて、"今"の真人の背中を押すことができたのだから。

そして自分が選んだ未来に誇りを持つために今最善を尽くすこと、それが大事なのだろう。

奇抜な展開は無かったけれども、真人と高瀬のボーイミーツガールとしても良質でした。
ラストのマフラーは反則だ・・・。

良かったんだけどこれ今見たら続編あるのね。綺麗に終わってるだけに読むのが怖いな。

2013/07/10 15:59

投稿元:ブクログ

進路で悩む真人の前に現れたのは未来の自分だった!

推薦を選んだ未来の自分はチャラく、遊びすぎたことを後悔してる。
受験を選んだ未来の自分は冴えなくて、青春しなかったことを後悔してる。

その未来はやめとけ!と現れる未来の自分とのやりとりが面白かった!

未来組はそれぞれ過去を悔やんでるけど、彼らには今の主人公が持ってない長所があって、経験と時間があるんだよね。

主人公が最後に選択を迷わないとこが、凄く好きだなぁ!

ヒロインも可愛かったし、伝えたいことが明確で、熱い話でした。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む