サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

勇者には勝てない(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2012.2
  • 出版社: アスキー・メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/327p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-886276-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

勇者には勝てない (電撃文庫)

著者 来田 志郎 (著)

魔王に次ぐ力を持ち、異世界で人々を恐怖のどん底に突き落としていた三人の魔将たち。だが、勇者にあっさりと破れ去り、今は人間として生まれ変わって平凡な高校生活を送っていた。そ...

もっと見る

勇者には勝てない (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

勇者には勝てない

637(税込)

勇者には勝てない

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

魔王に次ぐ力を持ち、異世界で人々を恐怖のどん底に突き落としていた三人の魔将たち。だが、勇者にあっさりと破れ去り、今は人間として生まれ変わって平凡な高校生活を送っていた。そんな彼らの前に、勇者の証“光の波動”を放つ転校生が現れる。自分たちを始末しにここまで追ってきたのか!と怯える三人組。これは土下座して許してもらうしかないと覚悟するが…。しかし、彼らは知らなかった。その後に勇者より恐ろしい魔王様の“闇の波動”が迫っていることを!勝てない宿命を背負う、中ボスたちのファンタジック学園コメディ。第18回電撃小説大賞“銀賞”受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【電撃小説大賞銀賞(第18回)】魔王に次ぐ力を持つ3人の魔将たちは、勇者にあっさりと破れ去り、今は人間に生まれ変わって平凡な高校生活を送っていた。そんな彼らの前に、勇者の証“光の波動”を放つ転校生が現れ、3人組は怯えるが…。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界征服を捨てた魔族たち

2015/09/11 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

第18回電撃小説大賞銀賞受賞作、来田志郎「勇者には勝てない」。

 最終決戦で魔王を追いこんだ勇者は、魔王復活を阻止するため異世界に追放することにした。勇者自身も犠牲にして…。そこには、魔王の配下だった三魔将も含まれていた。
 そうしてやってきた異世界、つまりはこの世界で、三魔将たちは普通の高校生に生まれ変わっていた。北瀬鉄次郎は元巨人族の軍団長、相羽源治は元悪魔族の大侯爵、浦河克明は元合成獣の親衛軍団長なのだが、もはや世界征服など頭にない。17年も平和な世界で暮らしていれば、警察だって怖いし、社会的に抹殺されることも怖い。しかしそこに、もっと怖いものがやってくる。転校生として来た菅田香澄からは、かつての勇者が持っていた光の波動が放たれていた。

 北瀬鉄次郎のことを追って詩吟部の部室にやってきた菅田香澄に即土下座をする三人だったが、幸いにして香澄に勇者の記憶はないらしい。だが万が一に復活することを恐れ、香澄が悲しい思いをして記憶を取り戻すきっかけにならないよう、三人は彼女に快適な生活を送れる様に気を使う。
 とりあえず平和な学校生活が戻ったのも束の間、中学三年生の少女に転生した魔王・茉那がやって来たことで、元三魔将は震撼することになる。そして、かつての勇者の婚約者であり魔法使いだった女性も、一つ下の少女・君島望未も現れ、勇者の記憶を取り戻そうとする。

 二巡目の世界に来た元ファンタジーの登場人物たちが、何でもない平穏を維持するために、勇者の記憶を封じたままにしておこうとする。そもそも、ゴツイ男性だった勇者が女子高生になっているということで、生理的な何かを感じないのかと疑問に思ったり思わなかったり。
 そして、女子高生となった元勇者の前に現れる、元婚約者の少女。おいおい、そういう展開になっちゃうの?なんてドキドキしたりしなかったり。

 二巡目のファンタジーという点では、「はぐれ勇者の鬼畜美学」の流れだし、異世界の魔王たちが日常を過ごすという意味では「はたらく魔王さま!」に近しい部分もある。
 でも、イベントとして中途半端すぎて、異世界ファンタジーの二巡目という設定は特に生きなかったかな?ただの前世という設定でも十分な展開だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/15 19:57

投稿元:ブクログ

今度の魔王・勇者モノはこうきましたか。まぁメインはどっちでもないけど。悪の権化たちも生き返ると見事に更生されるのは斬新ですね。魔王様なんて丸くなりすぎだろう(笑)ラストの展開は結構好きです。主人公が最後の最後に主人公らしくヘタレなかった感じはいいですね。

2013/12/28 12:08

投稿元:ブクログ

元三魔将の3人が愉快ですね.
そして元勇者ちゃん可愛いわー.
元魔王ちゃんはアレだよね.
「ふふふ」って笑いが似合いそうですね.

で,アレだ.
前世語りをする新入生が気持ち悪いなぁ.
どう見ても邪気眼系厨二病患者ですありがとうございます.

2012/02/14 16:56

投稿元:ブクログ

なんかぱっとしない。

いきなり椅子から転げ落ちたり、土下座したりする主人公を信用する、
ビッチ感あふれるというか、頭のゆるい感じのヒロインで、
「ヒロインに前世の話はNG」という物語上の制約から
ほとんど全篇にわたって蚊帳の外なので、選評で「ヒロインが弱い」と
連呼されるのも致し方ない話でございましょう。

というわけで、この話のピークは全力土下座あたりで、そっからはとくに
盛り上がりもなく、という印象。

2012/08/08 15:22

投稿元:ブクログ

魔王転生モノが数あるなか、中ボスを主役に据えるのが面白い発想。
中二と日常のバランスがすごく良い。設定もきちんとしてるんだけど、くどくない。ギャグ多めということも手伝いすんなり受け入れられた。学園モノにありがちな恋愛・お色気がほぼ排除されているのもスッキリしてて好感触。
終盤の展開がちょっと惜しい。ド定番中のド定番を行くあまり先が読めてしまった。三人組の名前にももうひと工夫あれば。キャラは立ってるのに名前がいまいち結び付かなくて勿体無かった。

2012/03/06 09:35

投稿元:ブクログ

もっとバトル物かと思っていたら、ほのぼの系だった。むしろビクビク系?
魔王と勇者が生まれ変わって、魔将軍3人が怯えながら日常を過ごしていく、感じ。
ぱっと見、主人公が誰か分からないが、特徴の無いのが主人公の法則でなるほどコイツかと。フラグの良く建つ主人公だ。 最近過食気味なので、 エロイベントがほとんどないのが良い。
魔王のデレはいつ来るんでしょうか。てか、この後続けられるか不明

2012/03/18 22:55

投稿元:ブクログ

これも魔王と勇者の話。最近流行りなのでしょうか。
異世界で魔王一派は勇者に滅ぼされるのですが、命を奪われる間際に魔力でもって別世界へと転生し
其方で世界征服を企てようとしますが、それにも勇者が飛びかかる格好で干渉し、
更には魔王配下の3人の魔将までも絡み現代日本に人間として転生します。
転生は果たしたものの、魔王の魔力を持ってしてもそれが精一杯だった様で
人間となった3人の魔将は僅かに能力の名残があるだけの男子高校生に過ぎない存在に。
普通の家庭で育てられ、此方の世界を目の当たりにし、
彼らの魔王の先兵としての世界征服への情熱は萎えざるを得ません。
主人公の位置に立つ元巨人族の魔将は腕力の能力を僅かに残すが勉強意欲の高い高校生。
元魔族の魔将は動物を操る力があるものの、以前の端正な姿と異なる小柄で関西弁を操る高校生。
元合成獣は人ではなかったものが人として転生した為極度のマザコンで、
弱いブレス能力を残す高校生として。


そんな彼らがひっそりと過していた高校に勇者の証である“光の波動”を放つ転校生が現れます。
勇者が追って来た事実に怯える3人の前に現れた勇者の姿は見目麗しい少女でした。
既に魔王の先兵として世界征服を実行に移すだけの力もないと痛感していた彼らは
土下座で命乞いをしますが勇者には通じません。

勇者である筈の少女には事情が飲み込めていない様でした。
会話を交わすうちにどうやら勇者は嘗ての記憶をなくしていた事に思い至ります。
しかしどんな弾みで記憶が戻るかもしれず、元魔王の配下達は
勇者から発せられる光の波動によりダメージを受けつつも、
保身の為に勇者が悲しみを感じることにより記憶が戻らぬよう少女のフォローに努めるのでした。
そこに転生した魔王が意外な形で転生した姿を彼等の前に現すことに。。。


異世界から舞台を移すと言う意味では『はたらく魔王さま!』が既に評価を得ています。
作者も先行作品は意識したそうですが、此方は転生している事を活かそうとの意図が感じられます。
曾て異世界で暴虐の限りを尽くした魔王一派は人間を散々に苦しめ、
未だ覚醒していなかった勇者は、彼等に肉親や恋人を殺されることにより目覚め
魔王を倒すまでの力を得、それにより力を殆ど失った魔将達をして勇者を労る展開に導いてます。
それら設定はとても丁寧に考えられており、綻びは見られませんし、それなりに楽しめました。
何故勇者が記憶を失ったかは魔王の存在にも関わるのですが、
その魔王の転生での位置もなかなか面白いと感じました。
盛り上がりは後半の別の異世界からの転生者の存在でしたが、
その辺りの文章が幾分頭に入りにくい部分がありました。
面白いかなと感じる一方で、どことなく物足りなさも覚えました。
何処がどうと言うのではないのですが。

2012/06/30 00:47

投稿元:ブクログ

なんか前回の銀賞受賞作「はたらく魔王様!」と、
似たようなコンセプトでしたねw

つかみの部分やキャラはなかなかよくて、「あ、面白いかも!!」
って思ったんですが、
なんとなく中盤が長く感じ、
落とし方もまあ、悪くは無いけどざっくりすぎ?

個人的には去年のはたらく魔王様のが面白かったかなと思います。
テイストは悪くないと思うんですけどね。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む