サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

私が、生きる肌(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

私が、生きる肌 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者 ティエリー・ジョンケ (著),平岡 敦 (訳)

国際的知名度を誇る形成外科医のリシャールは、愛人のエヴを連れて今宵も出掛ける。美貌のエヴに自由はない。すべてリシャールの言いなりだ。上級のパーティへ、高級なレストランへ、...

もっと見る

私が、生きる肌 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

国際的知名度を誇る形成外科医のリシャールは、愛人のエヴを連れて今宵も出掛ける。美貌のエヴに自由はない。すべてリシャールの言いなりだ。上級のパーティへ、高級なレストランへ、だが時には…読者の意表を衝き、次々に明らかにされる謎と衝撃。縺れあう物語の迷宮の果てに待つものは?本国フランスのみならず英米でも高く評価され、巨匠ペドロ・アルモドバル監督に映画化された著者の代表作。【「BOOK」データベースの商品解説】

国際的知名度を誇る形成外科医のリシャールは、愛人のエヴを連れて今宵も出掛ける。美貌のエヴはすべてリシャールのいいなりだ。上級のパーティへ、高級なレストランへ、だが時には…。2012年5月公開映画の原作。〔「蜘蛛の微笑」(ハヤカワ・ミステリ文庫 2004年刊)の改題新装版〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2012/06/17 14:01

投稿元:ブクログ

映画観てきた。

ぶっ飛びすぎ!
映画監督ってクレイジーじゃなきゃできないのかも。
ゴルチエの服も見物。

2013/05/09 08:45

投稿元:ブクログ

映画を観て、その設定にビックリしたので、原作を読んでみることにした。
うーん、狂ってる外科医である映画の方が面白かったかな。復讐がいつの間にか歪な愛になってる外科医と罪は未遂だったからこそ狂気から逃げ出すことが出来、でも、軽はずみな行動によって人生が変わってしまった青年の話が映画。
小説では青年は罪を犯してるし、外科医も青年への復讐はやりすぎだけど純情だし。どっちが悪いかと言ったら青年でしょ。もともとの題が「蜘蛛の微笑」なので、毒蛾が蜘蛛の巣にひっかかり絡めとられましたとさ、という話だった。

2012/06/13 15:34

投稿元:ブクログ

書評本をつうじて知った一冊。アルモドバル監督で映画化されると知り、早々に読了。確かに監督さんらしい題材・無いようだけど、これ、、どんな感じで映像化されるのかちょっと興味深々。
「歪んだ愛の形」そんな言葉が浮かんだ。でも、なかなか面白くさっと読んでしまったけど、作家さんが既に故人だというのはちょっと残念。

2012/06/17 00:34

投稿元:ブクログ

映画を観た足で原作を探しに本屋へ。勢いで読了。

原作は復讐の話。
だからリシャールがエヴに優しくする意味が明確じゃない。
その辺りを映画ではオリジナルの設定があることで愛の話になっていたな、と比較しながら読み進めてみた。

2016/10/01 15:21

投稿元:ブクログ

謎と衝撃、というほどのカタルシスなく
思っていた通りの話だった。
娘、極端過ぎでは…
フランスにはロクな精神科医がいないのだろうか。

ハヤカワ・ミステリ文庫 ランキング

ハヤカワ・ミステリ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む