サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く(ちくまプリマー新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2012.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくまプリマー新書
  • サイズ:18cm/210p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-480-68878-1
  • 国内送料無料
新書

紙の本

系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く (ちくまプリマー新書)

著者 井田 茂 (著)

銀河系で唯一と思われていた生命の星・地球が宇宙にあふれているって、どういうこと? 論理物理学によって、太陽系外の惑星のスリリングかつドラマチックな研究の最前線に迫る。【「...

もっと見る

系外惑星 宇宙と生命のナゾを解く (ちくまプリマー新書)

907(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

銀河系で唯一と思われていた生命の星・地球が宇宙にあふれているって、どういうこと? 論理物理学によって、太陽系外の惑星のスリリングかつドラマチックな研究の最前線に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • まえがき−宇宙を学ぶこと
  • 1章 宇宙の理を知る−重力
    • 1 天動説を覆した惑星
    • 2 星たちのみかけの動き・実際の動き
    • 3 万有引力の法則
    • 4 ケプラーの法則
    • 5 ダークマターの発見
    • 6 定常宇宙論から膨張宇宙論へ
    • 7 重要な「負の比熱」
    • 8 恒星の進化と元素の合成−惑星や生命の源

著者紹介

井田 茂

略歴
〈井田茂〉1960年生まれ。東京大学大学院理学系地球物理学専攻修了。東京工業大学理学部地球惑星科学科教授。著書に「異形の惑星」「スーパーアース」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/03/28 12:14

投稿元:ブクログ

科学的に解明されていないことがしっかり指摘されているので、私のような人間は心躍る。しかし、記述は結構難しい。イメージがわかない箇所がある。これはちゃんと数式やモデルで勉強すべきなのかも。

・科学の中で厳しい批判は最終的にその説を深く掘り下げ、強固なものにする。
・恒星が「負の比熱」をもっているから、100億年も核融合反応を安定に続けることができる。
・地球からは太陽と月が偶然同じ視直径になっていることで、両方が潮の満ち引きに同じ位の強さで寄与して、潮の満ち引きが単純な振動ではなくて、同じ満潮・干潮で大潮があったり、小潮があったりと独特のリズムが作られている。
・重力のせいで大きな天体(直径10キロメートル)では必然的に球体になる。
・海や大気は重さで言うと、地球全体に比べたら、それぞれ0.02%、0.0001%でとてもちっぽけ。
・宇宙背景放射。絶対温度3度。これは観測上。実際は高い。4000度。
・赤方偏移
・1メートルの壁。塵から微惑星になれない。
・月の巨大衝突説。
・地球質量の壁。
・太陽系では地球と水星が磁場をもっているが、この理由は分からない。
・太陽系地球型惑星で、プレートテクニクスがあるのは地球だけ。この理由も分からない。
・地球の材料物質にもともと水はなかった。
・オールトの雲は想像しているだけで、誰も観測していない。
・全休凍結のおかげで生物は飛躍的な深化を遂げている。
・ドップラー法、トランジット法も得意不得意がある。
・直接撮像法。
・地球生命の奇跡の条件(P204)

2014/09/28 14:40

投稿元:ブクログ

2014年5月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
通常の配架場所: 1階文庫本コーナー
請求記号: 445//I18

【選書理由・おすすめコメント】
宇宙について、今の地球がどのような境遇で生み出されたのか、物理的に説明されていて興味を引かれたから。
(化学科2年)

2014/02/14 21:33

投稿元:ブクログ

系外惑星、というタイトルですが、
実は系外惑星については主に最後の5章でしか触れられていません。
しかし、系外惑星を理解するための地球科学、太陽系科学の基礎がしっかりと書かれています。
たしかに書名の系外惑星については若干物足りなさを感じてしまうかもしれません。
が、ぜひ読んで欲しい一冊です。

井田さんは文章も上手いと思います。
わかりやすい例えもあれば、二乗三乗といった苦手だとやや引いてしまいがちな説明もあり、硬軟織り交ぜて書かれています。
それがいいトレーニングになると思います。

2012/08/15 20:51

投稿元:ブクログ

近年急速に発展しつつある、惑星探査。惑星は恒星とは異なり、自ら光を発さないため、技術の進歩が重要となってくる。どういった方法であがされているのか、そして、精度の「1m」の壁・・・。太陽系の惑星に関する記述から、もちろん題名にあるような「系外」惑星まで。
天文は専門でないため、少し内容理解に努力を要したが、「地球外生命」、「第二の地球」への期待から、最後まで読み切った。関連書籍と合わせると、さらなる理解が得られるだろうと思う。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む