サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 超訳論語 孔子に学ぶ処世術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

超訳論語 孔子に学ぶ処世術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/03/29
  • 出版社: 彩図社
  • サイズ:19cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-88392-846-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

超訳論語 孔子に学ぶ処世術

著者 許 成準 (著)

偉大なリーダーの条件、仕事と上手に付き合う方法など、論語の中から今日の私たちに意味のある部分を抜粋して「超訳」し、現代のビジネス・シーンでの実例と共に解説する。書き下し文...

もっと見る

超訳論語 孔子に学ぶ処世術

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

【期間限定価格】超訳 論語

378(税込)

【期間限定価格】超訳 論語

ポイント :3pt / 紙の本より918おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

偉大なリーダーの条件、仕事と上手に付き合う方法など、論語の中から今日の私たちに意味のある部分を抜粋して「超訳」し、現代のビジネス・シーンでの実例と共に解説する。書き下し文と篇名も付記する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/08/26 22:03

投稿元:ブクログ

超訳だけに、分かりやすく、実用的な一方、超訳なので、孔子のいう深みがなくなっている。
あっさりと読める。

2015/12/08 15:04

投稿元:ブクログ

孔子の言葉を今の現代社会の状況に合わせた解説をしていて、どんなシーンでも孔子の言葉を心に留めておく価値があることを知ることができた。フレーズを切り抜いているので、覚えやすく反芻して読む必要があるなと感じた。

2012/11/04 11:11

投稿元:ブクログ

孔子の論語を具体的事例を交えて書かれた本。
上司が部下に対する態度など、学びが多い。
君子は三つの顔を持つ。
遠目に威厳があり、近づくと温かく、言葉を聞くと厳格だ。

2012/10/27 20:24

投稿元:ブクログ

ローソンの雑誌コーナーに置いてあるのを見つけて買った。
まさか、コンビニでサンドウィッチといっしょに「論語」を買う日がくるなんて、孔子も(その弟子たちも)そして私自身も想像だにしなかっただろう。

論語について書かれた本は、佐久協先生の「高校生が感動した論語」、「論語が教える人生の知恵」や森哲郎さんの書かれたものなど複数持っているが、本書はその中でも面白さの点で上位にランクインする。

なにより解説が読んでいて楽しかった。
紀元前に書かれた論語を、現代の日米のトップ経営者になぞらえて説明する手法は新鮮でとても興味を持てた。
たとえばウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、スティーブ・ジョブズに始まりGEのジャック・ウェルチ、IBMを復活させたルイス・ガースナーなど登場する人物は幅広い。
日本でも京セラの稲盛和夫さん、OKWaveの創業者の兼元謙任さん、ブックオフの社長橋本真由美さんなどビジネス書をよく読まれている方にはおなじみでもある有名人が例として多数引用されている。

その著者の見識の幅広さにはただただ驚くばかりである。