サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. さよならクリストファー・ロビン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さよならクリストファー・ロビン

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 51件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/26
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-450802-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

さよならクリストファー・ロビン

著者 高橋 源一郎 (著)

【谷崎潤一郎賞(第48回)】いつの間にか、いつものように、暗闇の中で、ぼくはお話の中に入りこんでいる。パパのお話の中には、いつもぼくのいる場所があるような気がする−。子ど...

もっと見る

さよならクリストファー・ロビン

1,512(税込)

さよならクリストファー・ロビン

1,210 (税込)

さよならクリストファー・ロビン

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【谷崎潤一郎賞(第48回)】いつの間にか、いつものように、暗闇の中で、ぼくはお話の中に入りこんでいる。パパのお話の中には、いつもぼくのいる場所があるような気がする−。子どもたちのために書かれた物語をめぐる新しい冒険。『新潮』掲載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

さよならクリストファー・ロビン 3−26
峠の我が家 27−54
星降る夜に 55−83

著者紹介

高橋 源一郎

略歴
〈高橋源一郎〉1951年生まれ。81年「さようなら、ギャングたち」で群像新人長篇小説賞優秀作、88年「優雅で感傷的な日本野球」で三島由紀夫賞、2002年「日本文学盛衰史」で伊藤整文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー51件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

これは・・・・・・・・・!

2012/08/20 15:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東宮時雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

繊細な文章に、ほんのりとした雰囲気をまとう、不思議な作品でした。
一番好きなのは表題作「さよならクリストファー・ロビン」。
みんなが知っているあのアニメーションからこんな哲学的要素の入ったおもしろみのある短編ができるとは!!・・・・・・・・・・・まさに脱帽です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

明日を生き抜くために今夜しっかり夢を見ること

2012/06/02 11:30

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日毎日砂を噛むように空虚な時間が流れて行き、ともすれば天変地異も勃発し、人々はおのれの存在理由を見失う。慣れ親しんだ友人や物や世界が、気がつけばどんどん失われていくのである。

この明るい崩壊の時代にあって、それでもなお正気を保ったままよき社会人、家庭人として生き続けていくためにはなにが必要か。おそらくそれは毎日ささやかな夢を見ること、どんなに絶望してもあえて見続けることである、と著者は説いているようだ。

表題作の主人公、クリストファー・ロビンも、3.11の衝撃で精根尽き果てたあの吉田秀和翁のように老いさらばえて両手を上げて、静かにあの世へ旅立ってしまった。しかしクリストファー・ロビンも吉田秀和翁も、遥かな遠い世界へ去ったのではなく、きっと私たちの傍にいて私たちのことを温かく見守っているに違いない。

それどころか、著者が「ダウンタウンへ繰り出そう」で書いたように、死んだ人たちは愛犬ムクと手を携えて、遠からずわたしたちの世界へ帰還してくるのかもしれない。死者と生者が現世と来世をお互いに行き来しながら共生するという夢は、誰もが一度は夢見る夢かもしれない。

しかしそれが他ならぬ高橋ゲンちゃんによって組み立てられると、ある朝君が目覚めたら、ベッドの隣に鉄腕アトムが眠っているような驚きとリアルな相貌、そして一抹のノスタルジーを帯びてくるから摩訶不思議だ。

大切なもの、偉大なもの、愛しいもの、壊れやすいものはどんどん消えてゆくが、著者が力説するように、わたしたちが消えるまでになすべきことは、まだたくさん残っているのである。

明日を生き抜くために今夜しっかり夢を見ること 蝶人

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

【物語】を愛する全ての人に読んで欲しい一冊

2016/01/14 14:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何故私たちは本を読み、毎週ドラマを録画予約し、映画や芝居を観に劇場へ足を運ぶのか。
【物語】の持つ力を強く感じられるところがボルヘスやPオースターにも通じるように思います。
いつか話題が死んでも私の愛した【お話し】は存在し続ける、多分、世界の終わりまで。
それはとても大きな救いなのだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静かで、ちょっと物悲しくて、穏やかで優しい

2015/08/31 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うおざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌「SIGHT」のインタビューや対談で、
我が家ではすっかりお馴染の「源ちゃん」だけど、
そういえば、源ちゃんの小説って、ちゃんと読んだことないや、
と図書館で借りた「さよなら クリストファー・ロビン」

なんつーかね。

面白いとか、面白くないとか、
わくわくするとか、感動するとか、
そういう表面的な読書とは、
なんか全然違う体験をした感じがする。

ストーリーを追うとか、
登場人物に感情移入できるとか、
お話の中の事象のつじつまがあっているとかいないとか、
そういうことは、読んでいるうちに、全部どーでもよくなっちゃう。

通常「物語を読む」時に使う層とは違う層、
頭じゃなくて、心だか魂だかの層、
普段使う表面とは違う奥の層、
「わたし」の奥の、しんと静まりかえっているところに、
じわじわと物語が届き、響き、ゆらぎ、波紋が広がって行く感じがしたよ。

書いてある言葉は、全然小難しくなくて、
むしろ、とってもやさしいのにね。

どれが面白かったか、とか全然言えない。

だけど、何故か一番泣けたのは「峠の我が家」だった。
それも、悲しいとか、可愛そうとか、そういう感じじゃなくて、
自分がなんで涙を流しているのか、わからないんだけど、
心の奥の方から、泉が湧き出すように、静かに泣けちゃった。
何かが、響いたんだろうなあ。

全体を読み終わっても、
なんだか何かの「終わり」に立ち合っている感じ。
静かで、ちょっと物悲しくて、穏やかで優しい。

うーん、不思議な読書体験だった。
源ちゃん、おそるべし。



第48回谷崎潤一郎賞授賞だそうで、おめでとうございます
 → http://www.asahi.com/culture/update/0828/TKY201208280676.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろいろな物語を借りての語り。

2016/10/18 21:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

彼の作品あまり読んでいないので偏見めいてくるが、「子供」や「親子」の書き方はかなりあざといなぁ、と感じる。わかりやすくセンサイで、理解力の高いこども。ファンにはそこが魅力なのだろうけれど。
 ハウスの管理者のフォスター夫人は「アリス」かなと思ったのだが、もし彼女ならハーグリーヴス夫人らしい。読み間違ったか。
自分はアトムの基本設定の知識があまりないので、どこからが独自設定部分なのかが実は判然としない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/06/28 21:32

投稿元:ブクログ

タイトルと、帯の「お話の主人公たちとともに『虚無』と戦う物語」という言葉に惹かれて手にした1冊。

子どもの頃から『くまのプーさん』が大好きだった。
クリストファー・ロビンが、プーさんにお願いする場面がある。
「ぼくの変わりに『何もしない』ってことをしてくれる?」と、そうお願いする場面で、子どもながらに、大人になるってそういうことなんだろうなと思った。それをすでに知っているクリストファー・ロビンはすごいな、とも。そして愛すべきぬいぐるみたちと、クリストファー・ロビンの別れがそう遠くないことを感じていた。
ただのハチミツが好きな呑気な愛すべきおバカさんのお話じゃない。わたしがプーさんを好きだといい続けているのは、この場面があるからこそだ。

表題作『さよならクリストファー・ロビン』では、タイトルの通り、プーさんとクリストファー・ロビンの別れが描かれている。
そこにあるのはやはり「虚無」だけれど、クリストファー・ロビンが「プーのおばかさん」っていうときの、悲しいような切ないような、でも愛おしくて優しい。そんな気がした。

そして。
生きること、死ぬこと。
忘れるということ、忘れられるということ。
そんなようなことを考えられずにはいられなかった。

2014/02/27 20:54

投稿元:ブクログ

夢を小説にしたような短編集~さよならクリストファー・ロビン。峠の我が家。星降る夜に。ダウンタウンに繰り出そう。アトム~意味があるようでない夢の世界だ。今朝も高橋源一郎さんを新聞で見たけど、どこかの大学の先生もやってるんだね。クリストファー・ロビンとは,くまのプーさんの男の子

2013/01/04 03:39

投稿元:ブクログ

高橋源一郎の連作短編集。バラバラに書かれているように見えるが、実はつながっている。
タイトルになっている『さようならクリストファー・ロビンソン』は3.11の前に書かれたものでもあるのだが、他は3.11以降に書かれている。『恋する原発』と並行して書かれたであろうこれらの連作に3.11の影響を見るべきなのだろうか。「アトム」がモチーフとして取上げられているのは関係があると見るべきなのだろうか。一方そこに余計な関係性や時間性を見ることは避けるべきなのかもしれない。いずれにせよ高橋さんの小説について上手く説明する自信はないのだけれど。

いずれにしても、どれもこれも実在と喪失について書かれているように勝手に思われる。かつていた人、これから来たる人、それら不在の他者に対する倫理について考え感じることを望んでいるのだろうか。

引用文献にも興味を惹かれた。
プラトンの「国家」、ヤスパースの「哲学」などが挙げられている。自分には見つけられなかったが、どこにその影があるのか探すのも一興かもしれない。

2012/05/27 23:21

投稿元:ブクログ

自分とは何か、なぜ生きるのかそんなことを考える一冊。きっと誰もが一度は考えたことのある虚無感が通底するテーマ。
あらすじはかけない。帯にある「お話の主人公たちとともに 「虚無」と戦う物語」が一番うまく表現した一言。

2012/07/19 18:52

投稿元:ブクログ

6話の短編集。

表題にもなった、さよなら クリストファー・ロビンは、第1話目。
物語の主人公が主人公となっている。
ネバーエンディングストーリー2を彷彿とさせるような話。
こちらのキョムは如何に。
2話目は、ちょっと1話目ともリンクしてそうな、してないような話。
忘れられた、存在が失われたというテーマが似ている。

この喪失感は、どの話にも顔を出しているかもしれない。

4話目と6話目も、リンクしてるような話で、どこか破滅を前にした静けさ、といった感じがあり、やはり、何かが欠けている。

その4話目は、わりと好きで、地の文はなく、父子の会話形式のみで進んでいく。
こんな会話をする親子いるのかってくらい、哲学的な会話だった。


読後感は、どうなったんやろう?という、よく言えばその後を想像して楽しめるが、逆だと、もやんとした感じが残るため、そういうのが苦手な人は、やめたほうがいいと思った。

2012/07/06 00:00

投稿元:ブクログ

お話というか空気を読んでいるみたい。
(よく言う空気を読むじゃなくて)
ええと、風景をもぐもぐする…というか
情景をもぐもぐするというか…。
お話に入り込むのではなく
そこにあるお話に触れているような感覚になる1冊でした。
こういう感覚になる本、私にとってとてもとても大事なのです。
出会えてよかった!

2012/05/14 08:37

投稿元:ブクログ

物語の終焉についてのあまりに美しい小説。あらゆる物語へのオマージュ。世界は人間がいなくても成立するが、人間が知覚しない世界は人間にとっては無意味。そんな哲学の根本を思い出すけれども。不条理の中で人間というものと向かい合う。そんな小説がいくつか。短編集。

2013/10/10 00:19

投稿元:ブクログ

ものすごくすきだ、ほんとうにすばらしい、と思う部分がほとんど。高橋源一郎の既読の小説作品のなかでは「『悪』と戦う」がいちばん好きかなあと思ってたんだけど、これも大好きだなあ。
ただ、「ほとんど」と書いたのには理由があって、前から思ってたんだけど、高橋源一郎はわりと下敷きになっている思想が見え易い。あっこれってあのことかな、みたいなのを考えてしまう自分がいて、ちょっといやだった。ある思想や理論が社会に影響力を持つ場合、社会で生きている人間はそれから逃れることが出来ないとわたしは考えていて、思想性を感じ取れてしまう部分が出てくるのは仕方の無いこととも言えるんだけど、でも本当の物語とは、そういう理論や思想の影響下にあったとしてもそれの道具に陥らず、それ自体としてあるような、そんなものではないか。それ自体としてあるような物語性を感じられるすばらしい部分と、物語にまだ落とし込みきれてないんじゃないかなあと思える部分とがあって、後者が消滅すればもっと善きものが現れるに違いないのに。

2013/06/05 00:45

投稿元:ブクログ

この連作短編集は、父子関係が至るところに浮上してくる。しかも、父と幼い子。
だものだから、いくら「物語」を裏切ろうとする小説であっても、一陣の風のように、どうしたって感情に触れていく。
とはいえ、いわゆる月並みな感情をかき乱そうとする何ものかがある。

そこで地震。高橋源一郎が、地震が起きたとて、手のひらを返したかのように物語につくはずがない。しかし地震は起きた。それが小説にまったく影響を与えないはずはない。

地震が起きたことで、「月並みな感情をかき乱そうとする」必要がなくなったのだと思う。現実こそが、月並みな感情をかき乱すような、想像を絶するようなものだったから。

そんな現実がふいに現れたことによる戸惑い。それを読みながら感じた。

2012/07/29 23:51

投稿元:ブクログ

春樹嫌いかつ高橋好きの層がよく理解できない(・・・が、わたしもか)。比喩ー構造セル一緒じゃん。言ってる中身なのか。

さよなら:『ウエッ! まずい!』言ってる!
こう語る高橋は実在している(語る以上は)。

峠の我が家:かつての子どもの「お友だち」がたどりつく「ハウス」。源ちゃんの父性にはぐっとくる(…そのベクトルに共感できないことあるが)。

星降る夜に:重松清もびっくりタイトルだが、先生にささげたい設定だ!朗読はどうしても母親の記憶(というルール)、泣きたくなるな。
ここから、震災後掲載ということに注目したい。書いたのは前かもしれないが、単行本化にあたり加筆修正、の記がない以上、高橋氏には無視できない事実だったはずで。

お伽草紙:「ぼく」ランちゃんの弟「キイちゃん」と「ママ」は亡くなっている。「けいほう」のなか、「退避室」から逃げて、ランちゃんは「かんがえる」。
アトムは原子だものなあ。ラストのパパの言葉は祈りみたい。

アトム:「お伽草紙」につながって。ていうかつながって「いた」(動作じゃなくて状態、というか)。

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む