サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

雲をつかむ話

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 27件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/04/25
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/255p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217630-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

雲をつかむ話

著者 多和田 葉子 (著)

「破産出版」という会社、「海老の地下室」というレストラン、「助ける手の家」という宿泊施設…。突然届いた犯人の手紙から、「雲づる式」に明かされるわたしの奇妙な過去。【「BO...

もっと見る

雲をつかむ話

1,728(税込)

雲をつかむ話

1,404 (税込)

雲をつかむ話

ポイント :13pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「破産出版」という会社、「海老の地下室」というレストラン、「助ける手の家」という宿泊施設…。突然届いた犯人の手紙から、「雲づる式」に明かされるわたしの奇妙な過去。【「BOOK」データベースの商品解説】

【読売文学賞(第64回)】突然届いた犯人の手紙から、「雲づる式」に明かされる、わたしの奇妙な過去。鱒男、鷹先生、双子の片割れ、マボロシさん…。雲日記をつける女性作家の、雲に導かれる記憶の旅。『群像』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

多和田 葉子

略歴
〈多和田葉子〉1960年東京生まれ。82年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。「犬婿入り」で芥川賞、「尼僧とキューピッドの弓」で紫式部文学賞、「雪の練習生」で野間文芸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

流れに乗って運ばれるような文章が魅力的。

2015/09/07 10:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

タッチがいい。すごくいい。多和田葉子独特の、読ませる文章というか表現というか、濃密な言葉の世界に浸っていられる。起伏のあるストーリーなわけではなく、ひと続きになった筋があるわけでもない。むしろ、「私」の思考の赴くがまま、場所も人間も時間も変わっていく。そういう描き方だとぶつぶつと切れる落ち着かなさを味わってもおかしくなさそうだが、そんなことはなく、雲から雲へやわらかく運ばれていくようにそれぞれのエピソードの中へ意識を沈めていける。不思議な魅力なのだ。
ただし、最後がよくわからない。意味ありげなひとことで終わっているが、それをどう解釈するのか。自我の緩やかな崩壊のようにも感じたのだが、自分の読み取りにいまひとつ自信が持てない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/19 19:38

投稿元:ブクログ

+++
人は一生のうち何度くらい犯人と出遭うのだろう――。
わたしの二ヵ国語詩集を買いたいと、若い男がエルベ川のほとりに建つ家をたずねてきた。彼女へのプレゼントにしたいので、日本的な模様の紙に包んで、リボンをかけてほしいという。わたしが包装紙を捜しているうちに、男は消えてしまった。
それから一年が過ぎ、わたしは一通の手紙を受け取る。
それがこの物語の始まりだった
+++

なんだか不思議な感触の物語だった。物語というよりも、エッセイのような語り口で、長い長い日記を読んでいるようでもある。語り手の「私」の心の底でいつもうごめいているのは、「禁固刑」とか「犯人」とかで、人生で何人の犯人に出会ったかと考えてみたり、狭い独房に入れられる自分を想像してみたりしている。そのせいか、そんな話題や出来事を引き寄せ、引き寄せられたりもするのである。夢と現の境目もあいまいなことがあり、現実のことかと思って読んでいると夢の中の話だったりして驚かされながらもほっとさせられることが幾度となくある。実際のところ雲をつかむような一冊である。

2013/10/30 09:44

投稿元:ブクログ

不思議なあじわい本でした。
この作者さんのほかの本も読んでみたいです。
起承転結とか、きっちりとした筋とかそういうことを求めてはダメなんでしょうね。

獄中から手紙をくれた人はどうなったのか?
愛憎?なマヤと紅田さんの詳細、
女医とジョイする関係は結局どうなったのか?とか気になる。

表現の面白さ、限界にチャレンジ的な面白さを堪能する文章でした。

2012/07/01 11:24

投稿元:ブクログ

初めて読む多和田葉子。
新聞の書評で興味を覚えて読んでみたのだが、いつもこんな不思議な話を書く人なのだろうか?

ドイツ在住の小説家の語りだったので、あら?これはエッセイだった??とはじめ戸惑った。
時間の流れや場面の変化がわかりにくく、ふわふわした浮遊感を感じながら必死に追いつこうとするが、夢の話だったり、現実の話だったり。
タイトル通り「雲をつかむ」ような話で、ちょっと苦手…。
つまらない、とかではなく、苦手なので星2つにしちゃいました、ごめんなさい。

他人の頭の中をのぞくとこんな感じなのかも。

2014/02/07 07:02

投稿元:ブクログ

夢とうつつと、過去と今と、世界の各地を錯綜として移動して、雲をつかむような話を「犯罪者」を軸に自由自在に展開していく。
言葉にこだわり、言葉のおもしろさを伝える。
詩小説なのか、エッセイなのか、日記なのか、ひとつのジャンルに押し込めることは難しい。
きっと「書かれたもの」に対する挑戦なのかも。
おもしろかったか・・・といえば、なかなか評価は難しい。

2012/09/08 19:28

投稿元:ブクログ

境界型の精神世界を、
小説という媒体を透してのぞかせてもらった気分。
最後の女医とのやり取りで、
自己同一性に対する不安や混乱が、
寛解に向かえば良いのにと思った。

2013/10/29 21:22

投稿元:ブクログ

夢でよかった、と思った箇所があった。
でも、夢ではないエピソードもある(のだろう)。
それともすべて実体のない“雲”をつかむ話なのか?
境界はあいまい。どちらもそう遠くの話ではないのだと思いながら生きて行かなければ。自分が正しいとか、そんなのちっぽけな判断でしかない世界。

2012/07/05 01:20

投稿元:ブクログ

相変わらずわけわかんなくて元気がわいた。
多和田作品に対して今回読後抱いたイメージ。
散文詩という形式でつけられた日記。
言葉が先を走っている。そこに時々記憶が追いつき、火花を散らす。そう思わせられる瞬間がスリリング。

言葉遊びとかダジャレもしばしば登場するけれども、そこに生々しい身体感覚がついてくる。けっきょく物語にはならないけれども、物語になりかけては破綻する泡のような運動が、次から次に現れて、けっきょく物語にならないまま途中でぷつりと終わってしまう感じ。癖になる。

2012/07/01 12:19

投稿元:ブクログ

多和田作品は、手元に置いておいて何度でも読み返したい。
レビューを書くのは蛇足で、思うこと多すぎて面倒で、でもそういうあれこれを、ひとつの作品という糸(筋としての物語、ではなく!)でつなぎあわす彼女は素敵だ。すごい。

どのページにぐっときたかだけ書いとく。いつか読み返したときに、同じことを思うかもしれないし、違うことを思うかもしれない。
だけどとりあえずそれは、記録に残さないから、記憶が残っていたならば比較すればいいし、忘れているなら、いちから感じたらいいこととします。

6、9、93、98、100、109、111、126、128、213混乱クレッシェンド、214、222、227、233、254。
「ぐっと」は、かたまりでくるんだな。読み手の意識がいちど引っかかると、どのまま感度のあがった目で読むから。それだけでなくて、そういうなにか「よさ」も、「雲づる式」に立ち上ってきてるんだ。

2012/09/04 13:40

投稿元:ブクログ

この人の的確な表現力がまるで目の前にその情景が広がるような手触り感のある世界を創る。だから現実だと錯覚してしまいそうになるが、物語は過去か現在か妄想か又聞きのゴシップか、人物も出来事も錯綜していて、まさしくタイトルの『雲をつかむ話』に相応しい物となっている。

2012/11/21 22:30

投稿元:ブクログ

『言葉と歩く日記』を読んで、著者の作品をいろいろ検索して、これを借りてみたが、少し読みはじめて(あ、前に読んだな)と思い出す。思い出したが、「雲をつかむ」ような話につるつると引かれて、再読。

(2016/3/23了)

-----
図書館の面陳の棚でみかけて、ふと借りてみた小説。この人の名前だけは知っていたが、本を読むのは初めてかもしれない。いちど借りてきて、途中まで読んだところで返却期限がきていったん返し、それからまた借りてきて続きを読んだ。

913なので小説なのだろうが、主人公の「わたし」がなんだか著者のように思えて、読んでいると「実際にこういうことがあった」話のようで、しかし「えそらごと」の話に思える箇所もあり、ふしぎな読後感。しかもタイトルは「雲をつかむ話」だ。捉えどころがないような、たよりないような感触が残るのは、著者のねらいどおりか。

読みはじめたときに、ちょうど『ライファーズ』や、そこからさかのぼって『アミティ 「脱暴力」への挑戦』、『癒しと和解への旅』などを読んでいたせいか、この小説の「わたし」がひょんなことから出会った男が、その後刑務所に入っていて、その刑務所が刑務所改善促進運動のモデルに選ばれていて、囚人が尊厳をもって扱われている、「もし自分が青少年の時からこんな環境で育っていたら刑務所に入らないですんだだろうという気さえします」(p.16)などと書いた手紙が届く場面で、この刑務所はどんな処遇をしているのだろう、人の命を奪ったというこの男はどのように罪と向きあっているのだろうと思ったりした。

男は手紙で、刑務所内に図書館があって、そこで自由に本を借りられることが驚きでもあり喜びでもあった、と書く。監獄でただ一つだけ耐えられないことは騒音で、金属のきしむ音、重い扉を閉めて鍵をかける音、人間の出す唸り声や罵り声が聞こえてきて、あるいはいつ聞こえてくるか分からないので心が安まらない、という。

▼たった一つ、平和な世界で一人になれるのは、本を読んでいる時だけです。身体は活字でできた壁に暖かく守られ、気持ちは雀のように羽根をはやして、どこまでも自由に飛んでいきます。本を読んでいる間だけは本当に心が静かで、その静けさの中に暖かさが思い出されてくるのです。(p.18)

この、終身刑を受けているという男の話がところどころで出てきながら、ドイツでの「わたし」の話が続いていく。

「電話では何度か痛い目に遭っていたので、たとえ面倒でもできる限り郵便で用件をすませようとした」(p.31)というわたし。電話族に対する不信の念は深い。

▼それと違って手紙は、人の本性を暴き出す。便箋のデザイン、紙の選び方、文字の配置の仕方、文章、サインの字のバランスやスピード感などから、その人の顔が浮かび上がる。…特に言葉の選び方にそれぞれ、その人と文学との関係が見えてくる。手紙から受けた印象と実際にあってみた感じがずれていたことはないが、電話では反比例の関係にあった。(pp.31-32)

どんな小説?と聞かれると、まったくもってタイトルどおりの「雲をつかむ話」というくらいしか言えないが、ときどき、どきっとすることが書いてあった。

まだドイツの永住権をとっていなかったわたしは、年に一度は朝早く真っ暗なうちから外人局の前に並んで滞在許可を延長しなければならなかった。建物は8時に開き、それからわたしの並んでいる列は少しずつ確実に進んでいくが、隣の列はほとんど動かない。その列は、自分の国にパスポートを出してもらえないまま逃げてくるしかなかった無国籍の人たちの列だった。

▼どこの国の人間でも滞在許可を延ばし忘れれば不法滞在になり、犯罪者になってしまう。…犯罪者にされるというのはとても簡単なことなのだ。誰にも危害を与えなくとも、生きているということ自体が不法滞在という犯罪になることがある。(p.50)

「生きているということ自体が」に、胸をつかれる。

路面電車で、乗車券を持たずに乗っていた青年が、高すぎる切符を買う必要はないと主張するのに出会ったわたし。切符を持っているか、抜き打ち検査に乗り込んできた人間に、高いなら乗るなと言われたその青年は、電車はみんなのものだから乗る権利があると言う。わたしは、その発想に、初めは驚き、そのうち納得できてなるほどと思う。

▼それからしばらくの間、路面電車に乗ると、近くにいる人が乗車券を持っているかどうかが気になって仕方がなかった。特にちょっとはずれたことをしている人が気になる。はずれていること自体は許されていても、切符を持っていないという理由で連れ去られて世の中から姿を消してしまうかもしれない。(p.135)

「はずれていること自体は許されていても」に続く後段に、ぎょっとする。

(2012/11/20了)

2013/01/01 22:17

投稿元:ブクログ

多和田葉子の作品は、おそらく講談社文庫の『犬婿入り』以来で、多分10代のころ読んだその作品はカミュに熱狂していたその頃の私にはピンとこなかったのだろう、全く記憶にない。あるのはぼんやりとしたイメージだけで、つかみどころのない作家なのだろうと思っていた。

大晦日になって、2012年最後の読書をどうしようかと本屋で立ち止って、評判になっていたこの本を選んだ。理由は、現代文学で世間一般の文学ファンから評価を得る書き手の最新作に触れたかったから。

ついていけなかった、というのが感想だ。
勿論、とおりいっぺんの内容は理解したつもりだし、作者の技巧を意識して再読し、仕掛けを解きほぐそうとした。ただ、ドイツに長く住む著者の日本語へのこだわりの異質さに寄り添うことができず、ただ単に物語を楽しんだ、という程度に留まっている。たしかに物語は面白かった。だが、なんというか、憧れるほどのものではない。期待しすぎたのだろうか。もしかしたら、群像2012年1月号の沼野充義との対談の印象が強すぎて、作品と向かい合うことができなかったのかもしれない。

章別の「犯人」に関わる内容は以下の通り。(もちろん、この作品は「犯人」をめぐるばかりではない為念)
1.犯人(フライムート)からの手紙
2.文芸誌盗難
3.政治犯Z
4.牧師による殺人
5.マボロシさんのビデオ
6.亡命詩人
7.無賃乗車のオズワルト
8.夫殺しのベアトリーチェ
9.マヤと紅田①
10.マヤと紅田②
11.飛行機の中で私がナイフ所持
12.犬を放し飼い

なお、8章までは実話だと本人が語っている(「群像」2012年7月号)。

2012/08/16 11:37

投稿元:ブクログ

人は一生のうち何度くらい犯人と出逢うのだろう。犯罪人といえば、罪という字が入ってしまうが、わたしの言うのは、ある事件の犯人だと決まった人間のことで、本当に罪があるのかそれともないのかは最終的にはわたしには分からないわけだからそれは保留ということにしておく。

2013/06/01 21:51

投稿元:ブクログ

連想が連想を呼ぶ。
(作中における)実際の出来事と思い出されたこと、妄想、シンクロニシティ。
全てが並列に描かれ、どれが現実でどれが虚構か、境界は曖昧になる。

2014/05/26 23:20

投稿元:ブクログ

タイトルのつけ方は上手いな、と思った。
面白さを感じる部分もあるのだけれど
ちょっと自分にとってはゆる過ぎな感触。