サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 科学予測は8割はずれる 半日でわかる科学史入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

科学予測は8割はずれる 半日でわかる科学史入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/05/01
  • 出版社: 東京書籍
  • サイズ:19cm/239p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-487-80515-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

科学予測は8割はずれる 半日でわかる科学史入門

著者 竹内 薫 (著)

そもそも科学はどこから始まったのか? 欧米と日本の科学には質的な差があるのか? 科学と宗教の関係はどうなっているのか? 現代日本が抱える諸問題を科学史という観点から分析し...

もっと見る

科学予測は8割はずれる 半日でわかる科学史入門

1,512(税込)

科学予測は8割はずれる

1,210(税込)

科学予測は8割はずれる

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

そもそも科学はどこから始まったのか? 欧米と日本の科学には質的な差があるのか? 科学と宗教の関係はどうなっているのか? 現代日本が抱える諸問題を科学史という観点から分析し、日本がこれから歩むべき道を考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 薫

略歴
〈竹内薫〉サイエンス作家。マギル大学大学院卒。理学博士。著書に「99.9%は仮説」「科学嫌いが日本を滅ぼす」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店岡山店

サブタイトルに『半日でわかる科学史入門』とある通り...

ジュンク堂書店岡山店さん

サブタイトルに『半日でわかる科学史入門』とある通り、今一般に科学と言われているものが、どう生まれどのような変遷をたどってきたかを、分かりやすく説明してくれている。解説というよりも説明と言ったほうがしっくりくる易しさで、とても読みやすい。
 科学というと、とかく無機質というか合理的なように思えるが、そもそもは《神》という存在ありきで、その神がどのように世界を創ったのかを解き明かす学問だったというのに新鮮な驚きを覚える。このような考え方は主に西洋で発展してきたものであり非常に長くて深い歴史がある。
 ではそのような根幹を持たず、ある程度熟成された状態で輸入することになった日本での科学とはどういうものなのか。昨今のノーベル賞フィーバーや、今なお継続している原発問題に絡めて、具体的な見解を述べている。
 漠然と科学を信じている身には大上段に振りかぶったように思えるタイトルも、最後には納得させられる内容。(自然科学担当 加藤)

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.3

評価内訳

2012/08/06 15:49

投稿元:ブクログ

欺瞞タイトルはいけません。
科学史の本は売れないからといって、本文で触れてない内容をタイトルにしてしまうのはルール違反でしょう。 東京書籍って、教科書を出している会社でしょう。 こんないい加減な商売をしている会社が教科書出してていいのか? この欺瞞をゲラ刷り段階で指摘しなかった竹内氏に科学史を語る資格があるのか?

サブタイトルの半日でわかる科学史入門、これを素直に出せばいいのに。サブタイトル通りにギリシャの哲学者から素粒子論までの科学通史は面白かったし、日本での科学=工学の現状への批判も的を得たものだと感じた。分類された百科の学が科学となったとはね。

ところで、コマ大数学の解説の方だったのね、竹内薫って。

2012/06/06 19:28

投稿元:ブクログ

科学史を勉強するスタート台に、どうぞ。
科学文化史かもしれません、この本は。

科学を「鑑賞する」厚い層が必要だとも感じました。
(2012年6月6日)

2014/01/27 23:05

投稿元:ブクログ

地球温暖化や原子力等科学への信頼が大きく揺らいでいる現代日本が抱える諸問題を、科学史という観点から分析し、これからの日本が進むべき道を模索する。


なんだか面白そうなタイトルだと思ったのだけど、副題の『科学史入門』というのを見落としていた。科学史なんてあまり興味のわかない分野だったのだけれども、これはこれで知らないことがたくさんあるのだと驚かされた。元々欧米での科学は哲学に源流があるのだとか、『ガリレオ』は意外とヤな奴だったとかね(笑)。
何だってそうなんだろうけど、物事には正と負の両面がある。科学もまた然り。それをどう利用していくのか、日本もそろそろ真剣に考えなくてはならないのだろう。

2013/02/12 21:25

投稿元:ブクログ

半日で分る科学史入門とあるように
ソクラテスの時代から21世紀まで
科学の発達をざっと概観していく。その中で
単に科学の実践的な応用的な価値だけではなく
哲学の理解の必要性が日本では欠けているのでは
ないかという問題提起がなされている。これからの
科学の有り様を考えさせられる。

2013/09/29 14:55

投稿元:ブクログ

科学に関連する話だが、非常に広範な取り扱いをしていて面白く読めた.科学史の経緯を軸に様々なトピックが出てきて、目移りしそうな感じだが、どの話題も重要な部分を含んでいると感じた.相対性理論と量子論の解説がよく書けていると思った.

2012/08/16 16:51

投稿元:ブクログ

科学史入門の方が、内容を正しく現していると思う。タイトルになっている最後の対談が、最も興味深い内容だった。科学コミュニケーターが必要なこと、教養が必要なこと。

2012/06/24 16:02

投稿元:ブクログ

センセーショナルな題名で思わず手に取りました。題名とは裏腹に、科学史に関する御本でした。
日本が科学の表面的な部分しか輸入しなかったのが、今の日本がおかれている国際的な立場をよく表していると。でも、日本人根性を引きずり外国企業との戦いを生き残りをかけて戦っていかなくちゃいけないんですね。きつそう。

一方では、アジアの国々の方とは同じ土俵にいるような気もしますけど、何でこんなにもコテンパにやられちゃってるのでしょうかね。

2012/05/25 13:52

投稿元:ブクログ

科学史とはいえ、大半は宗教・哲学史。なぜなら、科学は神に近づくためのものだったからだ。日本に科学が輸入された時、その「根っこ」の部分は置いてきぼりになり、実用的な部分ばかりが発達してしまった。著者はこう指摘する。
難解になりやすい「相対性理論」「エントロピー」などの題材をごくごく簡単に解説しているのが、ド文系の私としてはとてもありがたかった。理系からすれば、強引で物足りないのかもしれないが。
小学生、中学生の頃読んでいたら、科学に対する苦手意識も少しはなくなったかもしれない。数式、記号ばかりのイメージが強かった科学に少し親しみがわいた。
一応話題の原発事故に関して触れているが、基本的には科学全体の経緯について語っている。

2012/07/23 01:16

投稿元:ブクログ

科学発展の通史をコンパクトに知ることが出来る。

 著者の持つ日本、日本人の科学知識、意識、哲学の脆弱さに対する危惧に同感。

2015/02/18 19:22

投稿元:ブクログ

20150218
副題にあるとおり科学史入門。
ほんとに入門で足早に触りだけだが、楽しく読める。
次はもう少しボリュームのある内容の本を読みたい。

宗教と科学。
日本における科学の成り立ち、立ち位置。
は面白かった。

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む