サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リヴァトン館 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リヴァトン館 上 (RHブックス+プラス)

著者 ケイト・モートン (著),栗原 百代 (訳)

老人介護施設で暮らすグレイスのもとに、ある日映画監督が訪れた。貴族屋敷で起きた70年前の悲劇的事件を映画化するため、唯一の生き証人であるグレイスに取材をしたいというのだ。...

もっと見る

リヴァトン館 上 (RHブックス+プラス)

950(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

老人介護施設で暮らすグレイスのもとに、ある日映画監督が訪れた。貴族屋敷で起きた70年前の悲劇的事件を映画化するため、唯一の生き証人であるグレイスに取材をしたいというのだ。グレイスが語り始めた驚愕の真実とは…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/05/23 01:04

投稿元:ブクログ

悲しい。苦しい。でも少し嬉しく、やっぱり切ない。
こういう形のミステリは初めて読んだかもしれません。20世紀初頭にイギリスのリヴァトン館で起きた悲劇の真相が大きな謎になるのですが、その詳細がなかなか出てきません。どうやら詩人の自殺する瞬間を姉妹が見てしまった、それだけ。読み進めるうちにちょこちょこ謎に関する手がかりが出てきて、さらには小さな謎も出てきて、かなり終盤になってすら新しい謎が出てくる。そのすべての謎の内容と答えが一気に明かされるラストは、登場人物たちの感情も状況も重なって、ただただ圧倒されるばかりです。もう起きてしまったことなのに、歴史は変えられないのに、なんとかして止めたい。グレイスにも、ハンナにも、エメリンにも、ロビーにも、もっと違う結末があってくれたら。その秘密を70年以上も語らずにいた、忘れようとしていたグレイス。その葛藤を想像することすらできません。
「秘密」「ゲーム」「想像力」など、キーワードの使い方が効果的。諸刃の剣でもあるのだけれど、とても魅力的な言葉として描かれています。

2013/05/06 00:57

投稿元:ブクログ

もっとどっぷりリヴァトン館に入り込めるのかと思っていたら、意外とそうでもないかも。現在の時間とリヴァトン館の時間とを行き来しているからかな。
私の好みとしては、リヴァトン館での時間にどっぷり浸れるほうがいい。
ともかく、下巻も読まなきゃ。

2012/08/05 10:43

投稿元:ブクログ

なんともほの静かな物語だった。じんわりと面白い。そして彼女が自らのこころを殺してまで血の絆を絶ちきらなかったことが理想だった。この物語において。
上下、2巻。

2012/12/18 11:37

投稿元:ブクログ

武田ランダムハウスジャパン倒産されたそうです。。。

武田ランダムハウスジャパンのPR
「ある英国貴族の館で起こった悲劇。
美しき姉妹に仕えたメイドが語りはじめた衝撃の真相とは?
『忘れられた花園』の著者の衝撃デビュー作、ついに文庫化!
全世界のミステリファンを魅了した美しくも悲しい物語。

老人介護施設で暮らす98歳のグレイスの元へ、新進気鋭の女性映画監督が訪れた。
「リヴァトン館」という貴族屋敷で起きた70年前の悲劇的な事件を映画化するため、唯一の生き証人であるグレイスに取材をしたいと言う。
グレイスの脳裏に「リヴァトン館」でメイドとして過ごした日々があざやかに蘇ってくる。
そして墓まで持っていこうと決めていた、あの惨劇の真相も……。
死を目前にした老女が語り始めた、驚愕の真実とは?
気品漂う、切なく美しいミステリ。 」