サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス(生活人新書)
赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス(生活人新書) 赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス(生活人新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/05
  • 出版社: NHK出版
  • レーベル: 生活人新書
  • サイズ:18cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-088382-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス (NHK出版新書)

著者 竹内 薫 (著)

科学知識を武器に、初子育てに立ち向かう著者。果たして子育てはサイエンスで楽になるのか? 自身の体験を交えつつ、妊娠・出産・育児にまつわる科学研究から「赤ちゃんの不思議」を...

もっと見る

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス (NHK出版新書)

886(税込)

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス

617(税込)

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス

ポイント :5pt / 紙の本より269おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

科学知識を武器に、初子育てに立ち向かう著者。果たして子育てはサイエンスで楽になるのか? 自身の体験を交えつつ、妊娠・出産・育児にまつわる科学研究から「赤ちゃんの不思議」を描く、ユーモアあふれる一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹内 薫

略歴
〈竹内薫〉1960年東京生まれ。マギル大学大学院にて高エネルギー物理学Ph.D.取得。サイエンス作家。著書に「物質をめぐる冒険」「99.9%は仮説」「科学嫌いが日本を滅ぼす」など多数。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/07/19 18:45

投稿元:ブクログ

「ママ→善、パパ→悪という姿勢を貫き、ママさんの心をしっかり代弁したから、ぜひ旦那さんに読ませるのだよ」という主旨の本だったらしいが、これ読んで機嫌悪くならない男性なんていないよなぁ…
ちょっと読ませられないかな。笑

そして、著者が超超物わかりのよい旦那様で、奥さま羨ましすぎる。うちの夫と比較してげんなりしてしまったー

2014/02/13 19:56

投稿元:ブクログ

(2014.02.09読了)(2014.01.17購入)
【育児】
新米パパのための本です。どうやったら子どもができるかとか、男の子、女の子を作るにはどうしたらいいかなども書いてあります。
妊娠すると、女性の身体はどうなるのか、ホルモンによって心理状態はどう変化するのか、パパはどう対応すればいいのか。
出産は、病院か、助産院か、自宅か。(竹内さんの場合は、自宅だったそうです)
陣痛から出産までは、どんなか。出産で、出口はどうなってしまうのか。
母乳は、どうやって出るようになるのか。母乳にこだわるべきか。
出産後、パパは、どんなことができるか。どうやってパパを実感できるようになるのか。
抱っこひもをどう選ぶか。バギーをどう選ぶか。
ベビーシッター、託児所、予防接種、小児科医をどう選ぶか。
著者の体験をまじえながら、至れり尽くせりのアドバイスが記してあります。

【目次】
はじめに
第一章 新米パパ誕生!? プレ妊娠~妊娠初期
第二章 ホルモンシャワー、浴びてます! 妊娠中期~後期
第三章 新月・満月の日はご用心 臨月~分娩
第四章 こんにちは、赤ちゃん 新生児期~生後一ヵ月
第五章 パパの参加が育児のカギ 生後二ヵ月~四ヵ月
第六章 ままはいつだって大忙し 生後五ヵ月~七ヵ月
第七章 赤ちゃんの「世界」があふれ出す時 生後八ヵ月~お誕生
おわりに
オススメできる参考文献

●妊娠脳(62頁)
妻曰く、妊婦さんの著しい特徴は、日付がわからなくなることだそうです。
●母乳が出る(134頁)
昔から「白いものを食べるとおっぱいがたくさん出る」という都市伝説のような話があって、うどんや餅を食べるよう、すすめられる。炭水化物を摂るとおっぱいがたくさん出るようなのです。
●プロラクチン(137頁)
まず赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激があって、そうするとプロラクチンというホルモンが分泌されて母乳が生産され、さらに刺激が続くとオキシトシンというホルモンが分泌されて母乳を射出させるための筋肉が収縮し、ようやくおっぱいが出てくる。
●産後脳(140頁)
出産するとだいたいの女性が痛感するのが、妊娠中の注意力散漫と物忘れをさらに加速させた『産後脳』です。
産後は、日付だけでなく時間間隔もかなり曖昧になるようで、(後略)
●頭がいい(170頁)
「頭がいい」と褒めると、子どもはそれ以上努力しなくなる。
●食物アレルギー(216頁)
離乳食の開始時期が以前に比べてだいぶ遅くなったのは、赤ちゃんに早期からある種のタンパク質を摂取させると、それに対してアレルギー反応を起こす可能性が高くなることが判明したためです。

☆関連図書(既読)
「子育て 小児科医の助言」山内逸郎著、岩波新書、1989.03.20
「0歳児がことばを獲得するとき」正高信男著、中公新書、1993.06.25
「子どもはことばをからだで覚える」正高信男著、中公新書、2001.04.25
「ベビーサイン」リンダ・アクレドロ・スーザン・グッドウィン著・たきざわあき編訳、径書房、2001.03.03
(2014年2月13日・記)
(「BOOK」データベースより)amazon
「妊婦脳はホルモンシャワーのせい?」「出産に立ち会えば父親の自覚が生まれる?」科学知識を武器に、初子育てに立ち向かう著者。果たして子育てはサイエンスで楽になるのか!?知識欲が旺盛でも頭でっかちになりがちな新米パパが、ママのベストパートナーとなるにはどうすればいいのか。自身の体験を交えつつ、妊娠・出産・育児にまつわる科学研究から「赤ちゃんの不思議」を描く、ユーモアあふれる一冊。

2012/06/12 20:28

投稿元:ブクログ

プレパパ・ママがどうやって子どもを産んでいくか、科学的に理解することができる。
また、乳児の子育てのいポイントや、そのときのママの状態を科学的に理解して助けることで幸せな家庭を築く。

3つのポイント
・パパが育児に参加するメリットの傾向
 → 子どもの脳の発達がよく思考力がつく
 → 社会的なつながりを意識・共感力

・ママには「サンマ(三間)の危機」がある
 → 自分の居場所がないと感じてしまう
 → 時間・空間・仲間
 
・育児は責任重大である
 → ママが一人でやっているケース
 → 24時間、自分のことは後回しでやっている
 → 子どもによかれと思ったことをやっているが評価もねぎらいもない
 → パートナーが共感してあげることが大事
 
コラム
・ママの妊娠、子育ては睡眠不足やイライラになってマイナス思考になる
 → すべてがうまくいかないと考えてしまう
 → そうなるとイクメンもストレスになってしまう
 → 女性ホルモンが原因とわりきる
 
・出産は不安なので、ママは情緒不安定になる
 → パパに相談しても「考えないようにしたらいいんじゃないか」で返されてしまう
 → 具体策を出すのではなく、共感してあげることが大事
 
・流産
 → あれをやったから流産したんだろうと言われる
 → ママがそう思わないようパパが支えることが大事
 
・妊娠の検診はパパもいく
 → 一緒に行って、エコーで赤ちゃんの動いている姿をみることでパパとしての参加意識をもつ
・新生児の期間はあっという間
 → 人間になっていくところを見ないともったいない
 → パパが積極的に育児
 
・母乳
 → 吸われれば吸われるほど出るメカニズム
 → でなくても吸わせていると出てくる
 
・産後うつ
 → ママと子どもの発達に影響があるという研究結果
 → 家族が助けてあげること
 
・子育ての悩みはtwitterなどで同じ境遇のママと共有すると気が楽になる

・真のイクメンは自己申告でも客観的な評価でもなく、ママの認定で決まる

・パパは子どもが生まれても生活があまり変化しない
 → ママがSOSを出していても気づかないことが多い
 
・イクメン育て
 → 育児に協力的なパパは少しのことでも、他の人からちやほやされる
 → パパは生まれた時は育児に積極的だが、月日がたつとママが早くなる
 → 赤ちゃんにギャン泣きされる
 → 自分のイメージとかけはなれるのでこたえる
 
・ママにいろいろ指摘されると嫌になる
 → パパはプライドがあって弱い生き物である
 → 3~4か月たつとママはムダがなくなるが、パパはムダだらけ
 → パパも自分ではすごく頑張っているという意識がある
 → ママのお膳立てありきだが
 → ママは新人相手に教育するつもりで対応する

・パパにイライラ
 → ママにこうした方がいいという提案はイラっとする
 → ママだってわかってるし、我慢してやっている
 → ママはパパが指示だけ男にならないよう我慢して褒めて伸ばす
 

2013/08/25 21:02

投稿元:ブクログ

プレパパにぜひぜひ読んで欲しい!
筆者のパパ実体験に基づきつつ、サイエンス的観点の調べられたことが端的にまとまっていて読みやすい!

2012/07/20 08:51

投稿元:ブクログ

さすが竹内薫。凡百の産婦人科医、助産師、発達心理学者、芸能人、漫画家による育児書にはないナルホド感を味わいながら読める。冷たい教育指導でもなく、ベタベタに粘る母性愛の押し付けでもなく、最新の科学知識と先輩パパママのアドバイスがほどよく混ざった感じに好感を持った。
私にも著者とほぼ同い年の子供がいて、育児体験がよく似ている、ということを割り引いてもいい本。
特によかったのが、誰にもわかってもらえない新米ママの辛さが(私の場合は今更だけど)ようやく腑に落ちる形でわかったこと。そうか、そういうことなのか~。もちろん、知識としては知っていたことだけど、生理面からホルモンの働き、心理面から不安感孤独感、進化論も交えて説明されると理解しやすい。
オススメ。

2012/07/28 13:37

投稿元:ブクログ

サイエンス作家である著者が、ご自身の奥さんや子どもの様子を観察し、科学的に分析して(多少怪しいのもいくつかあるけど)記述したもの。

浪人時代、竹内氏の「99.9%は仮説」を愛読していたこともあり、購入しました。

父親と母親の認識の違いは埋めるのは難しい。それを考慮したうえで、最低限の知識を持ち、妊娠・出産・育児で大変な思いをしているパートナーに寄り添いできることをすることが父親の務めだろう、と。そのように解釈しました。

ただ、表題と内容の整合性がよくわからず。何を意図してその表題なのかは残念ながら私の読解力ではわかりませんでした。

ルソーのくだりは、彼が理想を述べて自分では全く実践していなかったのを知っていたので、爆笑でした(笑)

2012/11/10 06:34

投稿元:ブクログ

 いくつかの育児本を読んだけど、この本はお薦め。網羅的に育児でぶつかる壁を集約し、その対策を現代科学の知見に基づき、また著者自身の体験をちりばめながら記載してくれているありがたい本。
 父親の立場を基調にしつつ、母親の時期による精神身体の調子や葛藤、子どもの成長段階における注意事項、悩みをほぼフォローしていて、育児の肝を外していない。人には聞きづらい内容もしっかり記載してくれている。
 著者はサイエンスライターなので、その出典にも信頼がおける。育児本は中には著者の主観をひたすらたれながすものがあり、そういう本は参考にならなくはないが、真似をするとえらい目にあうこともあるので注意が必要(ただし、科学もまた仮説の積み上げであるので、本書で開陳された話も将来否定される可能性があることはリーディング・リテラシーとして身に着けておくべきである。)。
 僕自身も父親若葉マークとして日日を過ごしているが、あえて口外したりはしないけれども、そりゃあまあいろいろある。そのときにどうすればいいか、行動の指針とすることができた。
 巻末には参考文献が取り上げられていて、そういう点でも親切設計。ぜひあたってみたい。
 満点でなく4点にしたのは、読み物だから仕方ないのだけれど、延々と文章というのは忙しいパパ、ママに読んでもらうには辛いのではということ(僕は全然問題ないんだけど。)。もう少し図解ページを増やしたほうが構成上よいと思ったまでのことで、内容についてのことではありません。

2015/04/12 13:59

投稿元:ブクログ

父親の目線から見た妊娠・出産・育児。うちは普通なんだろうかと、これから悩むことがいっぱいあると思う。でもこの本に立ち返って判断できるようにしたい。

2015/08/05 06:44

投稿元:ブクログ

50歳で初めての子供を迎えた新米パパの目線で、
妊娠中から、出産、乳児期の子育てまで、
書かれています。

サイエンスライターの筆者らしく、
客観的に科学的知見も交えながら、
さらっと読める本です。

入門書として男性に読んでもらうと、
妊娠出産育児のイメージがつきやすいかも?

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む