サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

自由論(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/06/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75250-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

自由論 (光文社古典新訳文庫)

著者 ミル (著),斉藤 悦則 (訳)

個人の自由への干渉はどこまでゆるされるのか。反対意見はなぜ尊重されなければならないのか。なぜ「変わった人間」になるのが望ましいのか。市民社会における個人の自由について根源...

もっと見る

自由論 (光文社古典新訳文庫)

1,145(税込)

自由論

1,069(税込)

自由論

ポイント :9pt / 紙の本より76おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

個人の自由への干渉はどこまでゆるされるのか。反対意見はなぜ尊重されなければならないのか。なぜ「変わった人間」になるのが望ましいのか。市民社会における個人の自由について根源的に考察し、その重要さを説く。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

自由論/ミル

2016/09/12 16:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NAOKI - この投稿者のレビュー一覧を見る

功利主義・他者危害原則など、政治経済学のテキストに必ず登場するJ.S.ミルのキーワードを理解したく古典を読んでみました。民主主義の発展を背景に、国家権力(国王や教会など)から多数派の世論へ、「個人の自由」を抑圧する対象が変化したこと。個人の私的領域(自由)がなぜ守られなければならないのかが丁寧に記されている。百年以上昔のミルの自由に関する主張は、現代の民主主義社会の在り方を考える際にも重要な示唆を与えてくれる。日々の当たり前(前提)を自由な発想で問い直すことができれば、個人、社会もきっと良くなるはず!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/15 23:54

投稿元:ブクログ

みんなと同じタイミングで、同じことに興味を持ち、同じように進学、就職、結婚...という道を歩まないと、ちょっと変みたいな風潮がまだまだあるけれど。そうではなくても、自分の必要なことを必要なタイミングで必要としても、まったく問題ないし、それが許される社会であってほしいと思う自分としては、とても心強い。

2014/05/29 22:20

投稿元:ブクログ

だいぶ昔の本なのと、時代背景が
禁酒法があった時代のときなので、
相当自由が狭められている、
というのを理解して読まないとつらいかも。

それと一部分に
矛盾するのでは?
という部分も見受けられます。

ですが、この本は昔の本ですが、
批判している部分は、
今でこそいかして欲しいものだと思います。
特にネットという時代があって
誰しもが情報を発信できる時代ならば。

そして、自分を持つことって
こういう本を読むと、大事だなと感じました。

2014/04/22 21:29

投稿元:ブクログ

なぜ国家が個人の自由を侵してはならないのか、人が自由であることの有益さ、どのようなときに自由が制限されるのか、が読んでいるだけで賢くなったように錯覚しそうになる文体で整然と書かれている。

2014/12/18 07:37

投稿元:ブクログ

宗教(主にキリスト教)の知識がほとんど無いので、そこについての記述はある程度割り切って流してしまったが、社会と個人という関係性についての名著であることに間違いはない。原著、岩波文庫版等を読んでいないのでどこまで”意訳”なのかが定かではないが、光文社古典新訳文庫の訳はとてもわかりやすく、かつメモしておきたくなるフレーズが非常に多い。

2016/08/28 16:54

投稿元:ブクログ

読みたかった。JSミルの自由論が新訳で読みやすく
なって、文庫本で読めるということが、少し衝撃的な
ことではないかと思います。
自由に関しての考察と、現代にも通用する論理とその
論理展開における思考の流れが読んでいて非常に
気持ちのいいものでした。
自由に対する社会政治的、哲学思想的、慣習的、道徳的
それぞれにおける切り口においてのある意味
考えつくされているバイブルのようなものであるような
きがします。
公私の区分の原理に結びついた思想と言論の自由によって、
世論=多数派の専制を抑止し、多様性を持った民主主義を
成熟させることの有用性を再認識させられる内容です。

2013/06/30 19:57

投稿元:ブクログ

「自分の意見をもつ自由、その意見を率直に表明する自由、それは人間にとって絶対に必要なものである」19世紀の哲学者。個人の絶対的な自由の保障こそが、国家の活力につながる、として、思想の自由や自由さによって生み出される幸福、社会がどんな場合に自由を抑制してもいいかを考察している。平均的な人間ばかりを集めた大衆世論の専制を述べた第三章がよかった。

2015/12/19 21:31

投稿元:ブクログ

J.S.ミルの自由論は,学生時代からHarm Principleとの関係で注目して読んでましたが,岩波文庫の訳がなかなか読みにくくて文意がとれないところもありました。この新訳は,長々としたミルの文章を適宜分説するなどして読みやすく翻訳してあり,非常に新鮮な感じを受けました。ミルの大胆だけれども,いちいち頷かされる思想に存分に触れることができます。

2014/03/19 09:11

投稿元:ブクログ

ヘイトスピーチは言論の自由か?。それだけではないが自由についての古典を読まねばと手にとった。意外と具体例を挙げなから自由を述べているので、想像しやすい。また、文体はも平易。今、気になっている言論の自由についても一章が設けられている。自由について考察するときまずは読むべき一冊だと思う。(もっと早く読むべきだったかも)

2012/09/29 14:22

投稿元:ブクログ

・個人の自由、思想、反対意見の必要性、社会を構成するために必要な仕組みの根源について徹底的に考えた一冊。
・150年前のイギリスという異なる時間と場所でも決して古びない思想だが、当時の歴史的背景がないとわかりにくい部分もあり。
・読みやすくなっているのだろうけど、やっぱり難度はあるのでこの評価ですが、読み返して理解が深まれば更に上がるかと。

2016/01/02 01:28

投稿元:ブクログ

20数年ぶりに再読。新訳のおかげで当時よりはるかに読みやすい。今読むと教科書的な説教臭さが若干鼻につくが、やはり自分の軸の一つとして揺るがせに出来ない一冊だ。

2016/12/08 10:34

投稿元:ブクログ

こんなに読みやすい哲学書は初めて!というくらい読みやすかったし、ミルの時代は尖った意見だったかもしれないか、今の時代に求められてることも書かれており、必読だと。

2013/01/12 03:42

投稿元:ブクログ

非常に読みやすい新訳。友人とかにもオススメしたいくらい。
著者が反対意見についても触れているのがとても良い。

2012/11/28 10:01

投稿元:ブクログ

自由は個人と人ひいては社会との間で揺れ動く。

他人の自由を制限できるのは、その他人の行動がまた違う個人に害を為す行動である時だけである。

自身の自由もまた他人に害を為さない範囲で可能となるが、加えて自身を律さなければならない事もある、律するには如何に社会性というものを自身に内包しているのかという事が問われるのだろう。

また社会という枠でとらえた場合、自由であるためには強制の中に身を置いてはならない。

強制の中に身を置く事は一時的にしろ自由を手放すという事だ。

力をどのように制限するのか、法律を犯したものにどういった罰を科すのか、どのように共通の利益を実現するのか、これらに対して能動的な姿勢を失った時、それは自由ではなく隷属となる。

例えそこで自由を手に入れたと感じても、それは個人の自由であり社会の中での自由ではない。

また社会の権力に動かされていると感じるのであれば社会の権力は一体どのように成り立っているのかを考え、少なくとも自身の考えから変えていくべきであろう。

社会の中では自由より権力に固執されがちであるが、権力は使い方を誤れば人の自由を制限するものとなる、故に権力を扱うものは自由がなんたるかを、その対人間性から全てを鑑み、理解し続けれる存在でなければならないのではないだろうか。

2014/12/23 22:28

投稿元:ブクログ

言論の自由、多数派の横暴への抵抗、多様性の尊重、個性の尊重、公的権力の制限、小さな政府、自主性、自己責任…現代でも声高に叫ばれるこれらの自由主義的価値観の基底にあるのは、真理への欲求と進歩への衝動である。なぜ自由主義は必要なのか?それは真理を目指して進歩し続けることが、人類全体の幸福を増加させ、最大多数の最大幸福の実現に近づけて行くからだ。自由主義は功利主義的な価値を実現するためにベースとなるイデオロギーである。ミルの論理的で、熱く、説得力のある議論は、現代の私達が学ぶことができる最高の模範の一つである。