サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5(GA文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/07/12
  • 出版社: SBクリエイティブ
  • レーベル: GA文庫
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7973-6971-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5 (GA文庫)

著者 裕時 悠示 (著)

「えーくん、愛してる」「いいこと、鋭太。私はあなたの彼女なのよ」「わたしもギュッとして?」「ねえねえタッくん!あの女とはいつ別れてくれるの?」右に幼なじみ。左に彼女。前に...

もっと見る

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5 (GA文庫)

648(税込)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる5

648(税込)

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる5

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 5」が含まれるセット商品

商品説明

「えーくん、愛してる」「いいこと、鋭太。私はあなたの彼女なのよ」「わたしもギュッとして?」「ねえねえタッくん!あの女とはいつ別れてくれるの?」右に幼なじみ。左に彼女。前に元カノ。後ろに婚約者。この世には神も仏もいないのだろうか?千和からの思わぬ告白で、終わりを迎えた夏合宿。修羅場の鼓動が聞こえる中、二学期に向けて牙を研ぐ少女たちの物語。千和と母校の中学校へ!愛衣を巡って風紀委員と対決!ヒメとお泊まり!?真涼と恋愛脳狩り!?等を収録。裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶ×らぶコメディ第5弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

幼なじみの千和から思わぬ告白を受けた鋭太。夏合宿の修羅場のあと、2学期へ向けて牙を研ぐ少女たち。右に幼なじみ、左に彼女、前に元カノ、後ろに婚約者…。この世には神も仏もいないのか? 甘修羅らぶ×らぶコメディ。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

夏休みが終わる前に

2015/09/18 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

伯母の桐生冴子の仕掛けを切っ掛けにして、春咲千和は季堂鋭太に告白した。未だ彼女のことを幼なじみとしてしか見れないという鋭太に、千和は女の子として見てもらうための努力を開始する。一方、鋭太は遊井カオルに相談して心の平穏を手に入れようとするのだが…もうカオルについてはっきりさせちゃおうよ。
 自演乙を鋭太のハーレムサークルと解釈する風紀委員長の石毛まつりの誤解を解くため、冬海愛衣に連れられて風紀委員会に出向いた鋭太は、委員長の誘惑に耐えられたら合格という奇妙な試験を課せられることになる。

 そんな風に、残る夏休みを幼なじみと婚約者に追い込まれていた鋭太の家を、家出してきた秋篠姫香が訪ねてくる。姉の秋篠優華が、彼女が大切にしていたマンガなどを捨ててしまったのが家出の理由だ。偶然外で出会った夏川真那を巻き込み、非オタクを説得する策を練る3人だったが…。
 そして彼女の夏川真涼は、彼氏の季堂鋭太が他の女の子たちと遊んでいる姿を見て、なにやらモヤモヤした感情を抱えていた。フェイクのはずなのにフェイクじゃ無い。やがて、季堂鋭太を囲む少女たちは、それぞれの想いをぶつけ合うことになる。

 主人公が未だ立ち止まっている内に、ヒロインたちはそれぞれの想いに対するゴールを見据えて動き始めた。出遅れることは即敗北を意味する。しかし、季堂鋭太の前で喧嘩をすることは出来ない。奇妙な連帯感と、相反する利害が軋み合い、自演乙の部室を満たしていくのだった。
 そして、その奇妙な均衡状態は、ちょっとした気の緩みから崩壊していくことになる、かも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ヒロイン達の変化

2015/01/31 00:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざらお - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は前巻での合宿後の各ヒロイン達の変化を掘り下げている感じですね。そのヒロイン中でも特に真涼は前巻の終盤から引き続き「別人ではないか?」と疑うほどの変化でとても可愛らしいです。他のヒロイン達も鋭太への想いを強めていて、さらに激しい修羅場になっていますので次巻以降の物語の進行が楽しみになる一冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/08/13 12:28

投稿元:ブクログ

ヒロインズの立ち位置確認編+カオル参戦。カオルに限った話ではないが、女の子が男で親友でみたいなアホ設定はできるだけネタ消費して欲しいところなのだが、主人公の決断において示唆を与える役になってしまうところがどうも気に入らない。ヒロインズの立ち位置確認編+カオル参戦。カオルに限った話ではないが、女の子が男で親友でみたいなアホ設定はできるだけネタ消費して欲しいところなのだが、主人公の決断において示唆を与える役になってしまうところがどうも気に入らない。

ヒロインズに振った話はタイトル通りの関係にする方向性を示しながらも、真涼にエクスキューズを入れ、主人公に対しこれまで以上に恋愛アンチの言葉を重ねることで、逃げ道を用意しているように見える。結局は動機の部分が大事であるという流れへの下支えなのかもしれない。締めは近いと思われる。

2013/11/09 09:54

投稿元:ブクログ

なんだかんだで普通?のラブコメ化してきちゃいましたね.
チワワの告白とチューによって面倒な事態に.
もにょもにょする真涼さん可愛いわー.
厨二病は卒業しましょう.
恋愛妄想もほどほどに.

2012/07/14 23:37

投稿元:ブクログ

4人の「カノジョ」「幼なじみ」「元カノ」「婚約者w」をそれぞれピックアップした短編+エピローグ。
ジョジョ可愛いカノジョがデレてるのがコワイww
「元カノ」編は、イリヤの夏、UFOの空を思い出し、涙が…w
あっちは「好きな人が、できたから」だったけどな。なける。
いまいち魅力を感じなかった「幼なじみ」と「婚約者w」が超カワイー。
ヒロイン4人が、今、同じスタートラインにつこうとしてる。
今度こそ公平な競争が始まるのか?
果たして「恋愛脳」を克服することはできるのか?
恋愛アンチに明日はあるのか?勝利を掴むのは誰だ?

2013/03/25 22:33

投稿元:ブクログ

ライトノベルって夢も希望も想像も妄想もなんでも盛り込んでオッケーで、それでいて浅くても深くても広くても狭くても良いから面白いんだろうなあ。
疲れた頭を休めるのにはちょうどよかった。

2012/11/07 14:11

投稿元:ブクログ

流れは変わらず、平常運転。真涼さんの人格崩壊がががが・・
 怖すぎだろw 今回は、ヒロインごとの短編集といった漢字だったし、結局のところ流れはいつもっと同じ。真涼さんの感情にいろいろと幅が出てきたので、真涼派の自分としてはこのまま彼女のままでいて欲しい。
 

2013/02/15 00:15

投稿元:ブクログ

・・・ごめんなさい。表紙のチワワが「ヤンデレ」に見えて仕方がありません(笑)
「え~くぅ~ん?」とか言いながら、後ろから首締めているようにしか見えません。るろお先生のファンの方には申し訳ありませんが、表紙だけで一時間ほど腹抱えて笑っていました。ごめんなさい。

 さて。肝心の内容だけど、前半チワワ。中盤中二。後半偽彼女→淑女協定という感じでしたね。
 ただ、前にも書いたけど、やっぱりカオルくんが女の子にしか思えない……このシリーズ。最後にどう「オチ」をつけるのか知らないけど、最後の最後で「カオルくんエンド」を選択したら、ラノベ史上最高の「ラブコメ指定」をしてもいいと思いましたが、無難に終わりそう(曖昧にして終了しそう)なのがコワイ。

 ただ、少しずつ面白くなってきているのも事実。次が楽しみだー!

2017/01/01 18:57

投稿元:ブクログ

 吹き出しと表情の細やかさが光る「おそと走ってくる…」、そして、音喩的に表現された「愛衣ちゃん大勝利」の描術は、マンガにあっているんだなぁ…、と。

GA文庫 ランキング

GA文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む