サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円(集英社スーパーダッシュ文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2012/06/20
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社スーパーダッシュ文庫
  • サイズ:15cm/343p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-08-630680-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

著者 アサウラ (著)

半額弁当争奪バトルに青春を賭けるHP同好会は、正月明けに冬合宿へ向かう。槍水仙の妹・茉莉花も同行し、佐藤の心は密かに躍る。しかし、その合宿地では、元HP部の「大厄の闘牛士...

もっと見る

ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円 (集英社スーパーダッシュ文庫)

679(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ベン・トー 9 おかずたっぷり! 具だくさん! 香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円

562 (税込)

ベン・トー 9 おかずたっぷり! 具だくさん! 香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円

ポイント :5pt / 紙の本より117おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ベン・トー 9 おかずたっぷり!具だくさん!香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる305円」が含まれるセット商品

商品説明

半額弁当争奪バトルに青春を賭けるHP同好会は、正月明けに冬合宿へ向かう。槍水仙の妹・茉莉花も同行し、佐藤の心は密かに躍る。しかし、その合宿地では、元HP部の「大厄の闘牛士」と呼ばれる秋鹿雅が待ち受けていて…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

ベントー

2012/06/23 23:09

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:教授 - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずのギャグセンスの高さ、そして胸が熱くなるバトル展開、オススメです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ロリが走りすぎ

2015/09/17 16:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

著莪あやめがイタリアに行っているお正月。佐藤洋は槍水仙と妹の槍水茉莉花、白粉花と共に、冬合宿で雪の東北へと赴いていた。貸切のロッジに女子三人と男子一人。もはや天啓がなくともやることは一つしかないだろう。
 しかしここで問題なのは、女子の一人が腐っていて佐藤自身の貞操に危機がありかねないことと、白梅梅による遠隔監視が厳しいと言うことだろう。だが、その白梅梅にも、正月らしく、ちょっとした気の緩みがあるらしい。佐藤の眼福だ。

 半分お遊びとは言えど、一応は合宿。当然、半額弁当争奪戦にも参加する。だがその前に雪山にスキーをしに行ったHP同好会だったが、茉莉花に誘われた佐藤洋は、二人で崖下に転落してしまう。それでも、骨の髄まで叩き込まれたサバイバル術でビバークに成功。かまくらの中で体温を逃がさないために茉莉花とピッタリと抱き合った佐藤は、彼女が10歳であることを頭から追い出し、わずか一個の飴を分け合うために、境界線上で死闘を繰り広げるのだった。

 そんな彼らの活動とは関係なく、かつてHP同好会に所属していた秋鹿雅は、氷結の魔女を、そして魔導師を打倒するために、東北のスーパーを決戦の地に選ぶ。そこに、ギリー・ドゥーこと禊萩真希乃やサラリーマン企業戦士レッドも関わり、複雑な戦いが繰り広げられることとなる。

 いざ佐藤がコトに及ぼうとなった時に電話をかけてくる著莪の無意識の行動や、色々とアウト気味なグレーゾーンでの佐藤のセクハラなど、もどかしさに溢れるエロさが今回も冴え渡っている。そこに、様々な思惑をもった狼が関わり、閉店間際のスーパーと言う場所に、全国レベルでの勢力争いを持ち込んでしまうのだ。
 著莪がいるときは自嘲気味だが、今回はロリが走っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

残念ながら、イマイチ。

2012/07/17 13:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:giwatake - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は、私には合わなかった。
途中からこの作品を読んでみたのでイマイチなのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/07/04 19:42

投稿元:ブクログ

ラストはこの作品らしくアツいガチバトルでした。それまでの変態の変態たる所以が消し飛んでしまうくらい。最後まで読むと秋鹿さんはウルヴァーの方が似合うね。柴乃さんGJといわざるを得ない白梅様の挿絵。欲を言えば慌てる白梅様も見たかったところか。あとはまさかのレッド再臨。これは遠征の度に出てくるフラグなのか?(笑)

2013/03/16 09:25

投稿元:ブクログ

大厄の闘牛士・秋鹿雅がとにかく渋くて格好良い! 彼が鑓水との戦いに固執する理由とは。カナリアは思っていたよりアレなキャラ。そしてまさかのレッド(笑)

2012/10/07 22:55

投稿元:ブクログ

HP同好会の冬合宿。
1日目のスーパーで元HP部先輩の秋鹿=大厄のマタドールと出会い、佐藤は敗れる。2日目スキー場で佐藤と茉莉花は事故に遭う。サラリーマン・レッドに助けられるものの、スーパーへは誰も行けなかった。
このことで、氷結の魔女が逃げたと言われることを避けるため、また茉莉花が気にかけたHP部の過去の因縁のため、1人残り、ギリー・ドゥーと共に秋鹿へ挑む。佐藤は合わせ技で、秋鹿を倒し、その意図を知る。
今回は、茉莉花のセクシーさに驚愕。

2012/10/03 08:52

投稿元:ブクログ

今回も争奪戦が熱かった!
後半は目が離せなかった…。

白粉さんの奇行は、相変わらずのクオリティーで安心w

2012/09/26 22:29

投稿元:ブクログ

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける人たちの、庶民派シリアスギャグアクションの第9巻。
今回は冬合宿で狙う弁当は「おかずたっぷり具だくさん、香り豊かな欧風カレー弁当すぺしゃる」

情景描写はいつも通りのクオリティで読んでいるだけでそこに住む人間たちの生き様がわかってくる。
それなのにやっていることが相変わらずのバカさで、最初から最後まで変わらずのテンションで笑わせられた。
特に今回は佐藤(主人公)のリビドー全開で逮捕されてもいいレベルだった!
そして、佐藤の生い立ちがわかる表現が各所に散りばめられていて、どうして今の人格を形成してきたかわかって、なんとなく、ホントになんとなくだけど佐藤が好きになりそうだ。
もちろん白粉先生的な意味でなくてね!
あっ、白粉先生は相変わらずです(笑)

それと、花火チラシ弁当のときに出てきたギリー・ドゥこと真希乃も登場していい味を出していますね!
333ページのイラストはかわいいのなんの。
ぐへへh…取り乱しました。
「東京都」がこないことを祈ります。

2013/12/20 16:51

投稿元:ブクログ

シリーズ9巻目、正月明けに冬合宿で夏にも訪れた東北の地へ向かったHP同好会一行、その地で彼らを待ち受けていたのは「氷結の魔女」と闘わんとする元HP部所属エコバッグの使い手「大厄の闘牛士」こと秋鹿雅という名の狼だった。
また一歩HP部の過去に踏みこんだことで今後の展開の布石にもなりそうなエピソードだった。表紙も飾っているが真希乃も久しぶりに登場し、終盤の共闘展開もなかなか熱いもので楽しめた。スキー場での茉莉花などなかなかの破壊力だったが、個人的には思わぬ形で再登場し新たな姿も見せてくれた企業戦士のインパクトが大きかった。

2012/06/27 07:45

投稿元:ブクログ

主人公成長への布石。そしてまさかのロリ展開。話は安定のクオリティ。ただ今回は少し盛り上がりに欠けたかな。

2012/08/29 17:27

投稿元:ブクログ

相変わらず熱い!
そして弁当描写のハイクオリティよ…当然、近所のマイホームスーパーへカレーを買いに走りましたよ。オレにカレーを食わせろ!!

しかし…茉莉花とのアレは……アウトォォ!(笑

2012/07/08 21:46

投稿元:ブクログ

佐藤、アウトー!

相変わらず食べ物の描写は素晴らしいし、家族ネタもクスリとできるし、セガネタも面白いし、HP同好会の過去話なんかも出てくるけど・・・
終わってみると、茉莉花とイチャイチャしてたところしか覚えていません←
ロオォォォォリィィィィィ!!

2012/06/23 01:51

投稿元:ブクログ

変態としては行きつく先を通り越した佐藤洋。今作ではいくらかの主人公力の増強に成功した模様。
元HP部メンバーが登場、目的が微妙にぼかされているが、いそうでいなかった狂言回し的キャラクターのおかげでキャラはぼけてない。作者の描写力は重々感じ入ってるが、敵方の演出が非常に巧みだと思う。
個人的にはシリーズでも3番目くらいに好き。

2012/06/30 01:49

投稿元:ブクログ

やー、なんかすげえ久しぶりに読んだ気がするけどw
でも、今までで一番読みやすかった(軽かった)気がします。

まあ、にしても茉莉花はやばいですね。
小学生ってキャラ設定には無理がある…w

肝心の内容の方は平均的なクオリティ。
いつも通り面白かたけど、
ギャグパートは弱めかな??

これぐらいは当たり前ってなってる
このハードルが恐ろしいと

2012/10/30 09:50

投稿元:ブクログ

 この一言に尽きる「ロリは、やめとけ・・」 著莪さんが佐藤に対してほぼ嫁状態。あんた、エスパーか・・ 
 今回は、著莪がイタリア旅行中なのであまり活躍が見られませんでしたね。いつもの、ニヤニヤが止まらないやり取りが見れない・・かと思いきやしっかりと佐藤の嫁をやってました(笑)。表紙を見ての通り久しぶりの真希乃の登場です。今回も終始欠かせない役となっているので期待してください。

 気になったネタと言えば、とうとうというべきかジョジョネタ入ってましたね。ガチなネタは控えめ?な感じでしたが「Please play my pocket monster,if the next time!」 なかなかツボでした。ネタの意味は本文を参照してください(笑)。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む