サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

海賊とよばれた男 下
海賊とよばれた男 下 海賊とよばれた男 下 海賊とよばれた男 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 711件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/07/12
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/362p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-217565-4
  • 国内送料無料

紙の本

海賊とよばれた男 下

著者 百田 尚樹 (著)

この男の戦いは0から始まった――敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本・メジャーたちだった。日系石油会社はつ...

もっと見る

海賊とよばれた男 下

1,728(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

この男の戦いは0から始まった――敵は七人の魔女、待ち構えるのは英国海軍。敗戦後、日本の石油エネルギーを牛耳ったのは、巨大国際石油資本・メジャーたちだった。日系石油会社はつぎつぎとメジャーに蹂躙される。一方、世界一の埋蔵量を誇る油田をメジャーのひとつアングロ・イラニアン社(現BP)に支配されていたイランは、国有化を宣言したため、国際的に孤立し、経済封鎖で追いつめられる。英国海軍が警戒する海を、一隻の日本のタンカーがイランに向けて航行していた――。「日章丸事件」に材をとった、圧倒的感動の歴史経済小説、ここに完結。

油田をメジャーに支配されていたイランは、国有化を宣言したため国際的に孤立、経済封鎖で追いつめられる。1953年春、鐡造は極秘裏に1隻のタンカーを神戸港から出港させた−。「日章丸事件」に材をとった歴史経済小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

百田 尚樹

略歴
〈百田尚樹〉1956年大阪生まれ。同志社大学中退。関西の人気番組「探偵!ナイトスクープ」のメイン構成作家を経て、「永遠の0」で小説家デビュー。ほかの著書に「ボックス!」「風の中のマリア」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー711件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

感謝

2017/11/18 12:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の経営理念や仕事に対する情熱には百パーセント共感はできないけど、今の自分の生活はどこかでその恩恵に預かっているような気がする。私の知らないところで頑張った人、頑張っている人に感謝したい気持ちになった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んでよかった!

2017/03/06 16:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Hide - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読んで、下巻が楽しみで仕方なかったが、期待通りだった。当時の産業にとって非常に大事な石油の確保に奔走し、情熱を傾ける主人公がとっても泥臭く、でも格好良く思える。平成には現れないであろう人物だう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

かっこいい男の生き様に涙

2015/12/15 22:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:けんたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

出光興産創業者・出光佐三の伝記です。下巻に,本書のクライマックスである,『日章丸事件』が載っています。
戦後,イランの油田をイギリスが支配していたのですが,1951年,イランが石油国有化法を制定し,イギリスを追い出します。怒ったイギリスは世界に向けて,「イランの石油は買うな」と警告します。
そのような状況下で,出光は,石油タンカー日章丸をイランに向かわせます。
イギリス海軍に撃沈される危険の中,61歳の老船長(当時一般企業の定年は55歳)の新田の凄腕により,無事日本に帰還できた時には,感動で涙が出ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動しました!

2013/10/10 11:32

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:こころ - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読んでしまいました!

企業家とはどうあるべきか?
日本人とはどうあるべきか?を考えさせられる1冊でした。

久々、心が震えました。
日々の生き方が変わります。おすすめです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

海賊とよばれた男

2013/08/11 17:12

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮ちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本人とは?真面目に働くとは?全ての働く日本人に読んで欲しい感動の本

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕事っていいよね

2013/07/13 16:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リゲル - この投稿者のレビュー一覧を見る

男の仕事は、こうでなきゃ。自分の仕事に使命感を持ち、ゆるがない・ぶれない主人公に憧れます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

海賊とよばれた男 下

2013/07/08 00:11

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ken - この投稿者のレビュー一覧を見る

一気に読み進んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

みやべ の こと

2014/04/13 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしくん3 - この投稿者のレビュー一覧を見る

宮部は、男らしくない 弱い男の象徴のように描かれていたが、周囲がどういう状況であっても、自分は、どう生きていくのかをしっかりもっている芯の強い人だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

取材力

2016/01/12 02:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

放送作家特有の書き方で、多分、多くのリサーチャーを使い、書き手本人は足を使っていないのではないか。底の浅さは、それゆえという気がしてならない。タンカーを調達してイランから石油を運び、様々な試を乗り越えたから「海賊」と呼ばれたのだろうが、所詮は「出光佐三」という傑物の魅力に引きずられたに過ぎない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まっすぐに

2016/05/22 11:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あとむん - この投稿者のレビュー一覧を見る

すごいという感情がただただひたすらに。

でも本人にとってはその意志しかないから、そもそも諦めるとかという選択肢がないわけで、、頑固とは違ういわゆる軸と呼ばれるものが一切ぶれることがないのだなということかなと。

何かを成し遂げるということ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/05/07 06:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/06 06:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/20 17:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/08 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/05 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る