サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選(光文社古典新訳文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/07/07
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75253-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選 (光文社古典新訳文庫)

著者 デュレンマット (著),増本 浩子 (訳)

日常が突如変貌する「トンネル」、自動車のエンストのため鄙びた宿に泊まった男の意外な運命を描く「故障」、粛清の恐怖が支配する会議で閣僚たちが決死の心理戦を繰り広げる「失脚」...

もっと見る

失脚/巫女の死 デュレンマット傑作選 (光文社古典新訳文庫)

1,132(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日常が突如変貌する「トンネル」、自動車のエンストのため鄙びた宿に泊まった男の意外な運命を描く「故障」、粛清の恐怖が支配する会議で閣僚たちが決死の心理戦を繰り広げる「失脚」など、本邦初訳を含む全4編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

トンネル 9−31
失脚 33−112
故障 113−207

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

デュレンマットを読もう!!

2013/03/01 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:一茶茂ン太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書を読んで、こんな面白い作家を知らなかったなんて、損してたな。
まだまだ素晴らしい作品で好みに合う作家は沢山居ると思うけど(笑)
さて短編が4つ収録されている。
1.「トンネル」・・最後はどうなるうだろうと読み進んだ。書かれた背景、意味するところが判らず、解説を読んでなるほど。訳者がデュレンマットを卒論に選んだ(留学して)だけのことはあり、翻訳と解説とも素晴らしい。
2.「失脚」・・・・今でもありそうな状況の国があると思わせる。ソ◎◎◎だけじゃなく、近い国もね。しかし登場人物がA~Pで表記されていて斬新なのか?私の理解力じゃ確認するのに付いている栞(登場人物記載)は必需品!
3.「故障」・・・・主人公は最後どうなるんだって読み進めさせられる。このオチ、想像と違ったな、色んなオチがありえるなと思った。ウ~ン、清廉潔白なんて無い、正義なんて見方、立場でで変わる、グレーを知ってしまった現代に生きてることを考えさせられる。
4.「巫女の死」・・・オイディプス王のお話、ギリシア神話に疎いので大変面白く読んだ。蜷川さんの舞台はネットで見たんだけど。望んだ正反対の結末とは皮肉なのか悲劇なのか。
兎に角、デュレンマットは読むべき作家と思う。
初読みで直ぐに他の作品も読みたいと思った作家は久し振り、取り合えず書店にあった『判事と死刑執行人』(同学社)を入手、早速読書中。また、リサイクルで『約束』早川文庫)を入手しました。古本屋さん回り復活!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中短編4編収録

2017/06/05 20:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:igashy - この投稿者のレビュー一覧を見る

トンネル:短いはずのトンネルが、地球の中心への落下孔へと変貌してしまった話。葉巻の名前がブラジルなのは、地球の裏側だから?(舞台はスイスなので違うと思うが) 失脚:革命後の権力者たちの会議。書記長Aを頂点とする噂と疑心暗鬼が渦巻く集団で、核開発大臣Oが会議に姿を現さないことをきっかけに始まる心理戦。部屋から出たら逮捕されて銃殺されると危篤の妻の元に向かうことも拒む大臣。ラストは真っ黒。 故障:ちょっとした故障で運命が変わる世界で紡げる物語とは?で2部にそのお話。車の故障で民家に泊めてもらうことになった営業マンが、元は司法界にいた老人たちの裁判ごっこ(死刑執行人まで)につきあった結果。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/03 00:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/07 01:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/26 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/14 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/06 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/27 23:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/23 23:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/12 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/29 20:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/08/13 06:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/23 20:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/18 16:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む