サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

悪の教典 上(文春文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 559件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/07/31
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/467p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-783901-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

悪の教典 上 (文春文庫)

著者 貴志 祐介 (著)

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人...

もっと見る

悪の教典 上 (文春文庫)

756(税込)

【ポイント40倍】悪の教典(上)

751 (税込)

【ポイント40倍】悪の教典(上)

ポイント :6pt / 紙の本より5おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【山田風太郎賞(第1回)】高校教師の蓮実はルックスの良さと爽やかな弁舌で生徒の人気を集める。だが彼は邪魔者を躊躇なく排除する共感性欠如の殺人鬼だった…。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。2012年11月公開映画の原作。【「TRC MARC」の商品解説】

掲載中の特集

サスペンス小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善札幌北一条店

今映画も公開されているこの一冊。

丸善札幌北一条店さん

今映画も公開されているこの一冊。
興味本位で手に取ってしまったのは
間違いだったのかもしれない。

というのも、読み進める内に「どうして読んでいるのだろう。
こんな人を殺していくばかりの物語を…。」
と思うのだが、一度読んでしまうと悪い教師の冷酷さに
惹き込まれていく自分に気づいてしまう。
途中で止められない緊張感。
スピード感溢れる展開も特徴の一つ。

この本で自分の心に潜むもう一人の自分に
出会ってみませんか?

ささもと

著書が映像化されることも多い貴志祐介氏の作品

文教堂 市ヶ谷店さん

著書が映像化されることも多い貴志祐介氏の作品。本作も11月に映画公開予定である。インパクトのある黄と赤の表紙の上下巻を書店で見かけたことのある方も多いはず。

舞台は都内の高校、主人公は英語教師・蓮見(通称ハスミン)。ルックスが良く爽やかで、生徒思いの人気の教師である。というのは表向き。本当の彼は共感性が欠如しているため、円滑に学級運営を進める為なら殺人を含むような罪まで平気で犯すかなり危ない教師。そんな彼がある理由から、文化祭前夜にクラスを巻き込む大量殺人を決行する。まるで害虫駆除でもしているかのようにいとも簡単に生徒たちを殺していく描写は、不快感や恐怖感を覚える隙もないほど淡々としている。それゆえ、残忍で非倫理的、そう分かっているはずなのに、ページをめくる手は止まらず一気読み、さらには頑張れハスミン!と応援までしてしまう。

作中にはハスミンのほかにも問題のある教師が多く登場する。現実の教師でも、結局はただの一人の人間であるし、悪意の一つや二つは持っているだろう。しかし昔教わった優しかった教師たちが、実は裏では凶悪なことを考えていたりしたのかも…などと考えると少しゾッとする。ハスミンのような教師だけには、願わくは現実世界では出会いたくないものである。


(評者:文教堂書店 市ヶ谷店 吉永 文)

みんなのレビュー559件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

悪の経典

2012/10/29 20:52

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

上でも既に驚愕の展開なのに、下に行くと信じられない。もう小説のレベルを超えたサイコホラー&バイオレンス。格闘技の知識と武器の知識と、人を殺すテクニックの凄さ。しかしながら、読み手を飽きさせない技を持ち合わせた作者には脱帽。下の後半からの分刻みの展開が見もの。しかし、寸分の狂いも無い完全犯罪に落とし穴が。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テンポ良い

2012/11/27 12:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画を観る前にと思って、原作を手に取りましたが、非常にテンポ良く読めました。人間が本来持っている能力を考えさせられました。皆仮面を被って生きている訳で、紙一重ということはあります。小気味良く進んでいくので飽きはないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み!

2013/03/22 11:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あむたん - この投稿者のレビュー一覧を見る

現実世界にこんな先生がいてくれたら最高!と思うような、生徒思いで指導力もあり、問題を次々解決していく人気教師。 しかも、授業も面白いとなれば、まさに教育現場のスーパーマン!
物語のスタートでは本当に良い先生の顔だったので心地良く読んで行くと、やがて問題が起きた時の邪魔者排除の顔が描かれ、そのあまりのギャップに思わずエッ!
でもそれは本当の序章であって、そこから先は、もう唖然呆然、ノンストップで読むのを止められなくなります。 そのテンポの良さと圧巻の筆致に一気読みでした。
息もつかせぬ展開とハラハラ感でしたが、でも一番怖かったのはラスト!
とにかく全編凄過ぎて、『現実には有り得ない!』と思う故に物語として楽しめるのであって、こんな学校やサイコキラーが現実にあったら、たまらないですね。
でも本当に面白かったです。 続編もあり?と思わせるラストシーンに、次なる物語、続編が書かれるのを願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

期待しすぎた

2013/05/11 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MUNINN - この投稿者のレビュー一覧を見る

「脳男」同様、映画見に行けなかったので本で読んでみました。 映画見た同僚からは原作のが絶対良い、と薦められただけに期待して読んだのですが・・・。 非常に期待を裏切られました(笑) 勝手に期待していた私が悪いんですけどね。
 なんかね、私のイメージはもっと崇高な感じだったのです。 殺人に尊さもなにもないんだけどね。蓮実先生があまりにも俗っぽすぎてがっかりしてしまいました。 自分のクラスの生徒とか同僚の教諭に手を出してるとか、とんだただのクソ教師! オマケで巻末についてる話もイマイチどうつながるのか、なんの伏線なのかよくわからないし。 映画見た同僚は、「なんでこんな映画見たかわからない。絶対に人に薦めない」と言っていましたが、 私も同感です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

呼吸をするかのごとく周囲の人を殺していく

2015/03/26 10:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

ざっくりあらすじを知っていてもこの怖さ。笑ってしまうくらい、然もそれが当然であるかのように、呼吸をするかのごとく周囲の人を殺していくハスミン。下巻での幕引きが気になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

主人公が最高です

2015/03/29 23:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は高校教師、蓮見聖司がクラスを統率する様を描いた作品です。

この教師はクラスの生徒達を動物の群れのように考えていて、必要ならば生徒を殺してしまいます。貴志作品最高のサイコホラー「黒い家」に登場する主人公、菰田幸子を彷彿とさせる主人公のイカレっぷりがとても魅力的です。

前編は、クラス統率の序章でしかありません。「統率」から「掃討」に変わる後半はもっとすごいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

エスカレートする蓮見先生

2016/01/04 03:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あした - この投稿者のレビュー一覧を見る

前半は人気もある熱血教師が、生徒のために四苦八苦する話。蓮見先生が徐々にエスカレートしていく様子が面白かった。「先生頑張るなあ」「そこまでやるか?」「この人ヤバイかも」という感じ。ただ後半は残酷な描写ばかりなので、苦手な人にはおすすめしません。続編が読みたい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ハスミン!!

2016/08/30 01:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なーさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に映画を見て、めちゃくちゃ衝撃を受けて、原作はどんなんだろうと思って購入。物語がもっと事細かで、しかも蓮見目線でストーリーが進んでいくので、新鮮で面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

引き込まれる!

2012/08/11 13:05

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makokato - この投稿者のレビュー一覧を見る

貴志祐介は、黒い家以来ほとんどの作品をフォローさせていただいてきた、私のお気に入りの一人だが、今回のこの作品の主人公は、またキャラが一際立っている。実在感もあるし、大津のいじめ事件の底流にも共鳴する。この夏一押しの小説である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

凄い奴が現れた

2012/09/07 21:03

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とっと - この投稿者のレビュー一覧を見る

悪い悪すぎる。
だがそんな奴をいつの間にか応援している自分が怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

悪の教典

2012/10/24 22:10

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:P-mach - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういうのは困ります。本当に困ったものです。それにしても、下巻付録にあるアクノキョウテンって、なんなんでしょうか? いっきに覚めるじゅあないですか。もっとも、それも作戦だったとすれば恐れ入ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

……

2012/11/10 12:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小説大好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

……すみません、好評の理由がつかめません。
何でもできるスーパーマンの「悪」バージョン。
最近の高評価を受ける小説の典型ですね。
ファンの方のは申し訳ないですが、趣味趣向の問題ですのでご容赦下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

最凶ダークヒーロー誕生!

2012/11/12 00:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:961あまねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒーローって(笑)
こんなサイコパスはヒーローじゃないって。
でも、読んでると確かに蓮実聖司に共感している自分を感じてやばい。読んだ人は彼をヒーローって呼ぶのにためらいないと思う。
そのあたり、貴志さん上手いよね。人の心の暗い部分を突いてくる感じ。

蓮実聖司は現代のモンスターだ。
彼には誰もが生まれつき持っている倫理の垣根がない。垣根の存在は知っていて、人前ではあるように振る舞うくせに、実は野放し。
こんな奴近場にいたら怖すぎる。


最期の惨劇は、淡々と進みすぎるから、読んでいて騙される。「木をかくすなら森」って蓮実が惨劇に踏み込むわけだけど、生存者に蓮実も読み手も気付かないのは、キーキャラが呆気なく死にすぎているからだろう。「死にすぎている」から生者が死に隠れてしまう。やっぱり貴志さん上手いよね。
読み終わって惚れ惚れしちゃいました。

このお話、映画が公開されておりますが、どうなの? 文章でこれだけ死に様がグロいなら映画の趣旨も変わっちゃいそうだ。
蓮実がヒーローに見えるのも、彼の完璧な仮面への憧れと賞賛、及び彼の非倫理的行動の現実感の薄さ故かと思う。
グロくなったら話がつまんなくなちゃうだろうと思うと、残念だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ポイントにつられたが、

2012/12/01 13:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アカゴン - この投稿者のレビュー一覧を見る

ポイントにつられ、初めて購入した電子書籍が「悪の教典(上・下)」です。
iPadにDL、画面横に2ページを見ながら、往復の飛行機内で読み終えました。

上巻では、憎らしいほど蓮実の思惑通りに事が運ぶ。
一転、下巻は蓮実の思惑通りに物事が流れず、相手の「力量の読み違い」もあり、
それがエンディングにつながっている。

緻密に洗練された流れの「上巻」から瞬発的に臨機応変に流れる「下巻」という、
上下巻の構成も見事に計算されていて、作者の「力量」に感心した。

まだ映画を見ていないが、監督の「力量」が作者の「力量」を越えるのか、楽しみである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おすすめです

2013/10/20 09:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いち読者 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読んでいて光景が目に浮かぶようでした。
物語に入り込んですぐに読破してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する