サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. おおかみこどもの雨と雪

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おおかみこどもの雨と雪(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 取扱開始日:2012/07/30
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫
  • サイズ:15cm/264p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-04-100392-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

おおかみこどもの雨と雪 (角川スニーカー文庫)

著者 細田 守 (著)

“おおかみおとこ”と愛し合い、「雪」と「雨」の姉弟を授かった花。都会でひっそりと暮らす4人だが、突然“おおかみおとこ”が死んでしまう。花は子どもたちを連れ、田舎に移るが…...

もっと見る

おおかみこどもの雨と雪 (角川スニーカー文庫)

605(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“おおかみおとこ”と愛し合い、「雪」と「雨」の姉弟を授かった花。都会でひっそりと暮らす4人だが、突然“おおかみおとこ”が死んでしまう。花は子どもたちを連れ、田舎に移るが…。角川文庫版に挿絵と部分的なルビを追加。〔角川文庫 2012年6月刊に挿絵と部分的なルビを追加〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.9

評価内訳

2012/07/31 11:29

投稿元:ブクログ

感動した!号泣した!との声が多く寄せられ、大ヒット上映中の『おおかみこどもの雨と雪』原作小説がイラスト満載のスニーカー文庫版が本日発売です!
https://twitter.com/booklogjp/status/230127786403188736

2012/08/29 03:13

投稿元:ブクログ

細田守監督による映画のノベライズ。
絵コンテを原作としてのノベライズなので、基本的には原作通りに余分な話が無く書かれています。

逆に言えば小説として色んな箇所を膨らまされているのかな?とも思っていただけにちょっとそこは残念であり、蛇足にならずホっともしました。

映画ありき、の一冊です。

2012/08/06 18:58

投稿元:ブクログ

オオカミの彼と出逢い、子供を授かり、彼は心の中で生き、母と子供の花、雪、雨は、運命を受け入れ生きていく姿が描かれます。感動は、文章だけでは伝わらず、映像と音楽で増幅されるんだろう。

2012/08/26 23:03

投稿元:ブクログ

劇場アニメでは絶賛されてるみたいだけど、小説版は正直、微妙だった。母一人でおおかみおとことの間に生まれた二人の子どもを育てる話だけど、「いくらなんでもそれは無理じゃね?」と突っ込んでしまうエピソード満載。そしてありがちすぎる設定や描写に「うーん」とうなり、おかげで感動的なはずの子別れのシーンが霞んでしまった。
いちばん違和感を感じたのは、たったの12年で子育てに区切りがついてしまった点。子育てはきれいな思い出なんかではなく、一生背負って歩く荷物みたいなものなんですが。
でも、アニメで見ると、きっと印象が変わってくるのだろう。そして作者の言いたいことがもう少し伝わって来るのではないかと少し期待する。

2012/11/11 20:47

投稿元:ブクログ

おおかみのお父さんと人間のお母さんから生まれたおおかみ子ども。
お母さんは、子供たちがどちらの道(オオカミとして生きるか、人間として生きるか)に進んでもいいように、あらゆる準備をし、愛情を注ぐ。
一人で決断できるようになるまではいろいろと守ってあげなきゃいけないだろうけど、自立し始めたら、そっと見守り、応援することが大切なんだなーって思った。人間のお母さんにも参考になる本では?

2013/03/03 11:21

投稿元:ブクログ

映画を見た後に読むと反芻できます。

最後の雨との別れは、何度読んでも辛いです。
雪の進路に至る経緯は、確か映画では具体的に触れていなかったので、「そうだったんだ…。花はさすがだな…」と感じました。

数ページほどイラストがあったので、読みやすかったです。

2012/10/02 01:45

投稿元:ブクログ

「サマーウォーズ」と「時をかける少女」が好きで読んでみた。
その2作は映画で観たためそのときの印象が強すぎたのか、
読んだ後、やっぱり映画で観るべきだったかなと思った。

“人間とは全く別の体系で組み立てられ、人間の言葉では翻訳できないような動物たちの言葉”ってどんなものなんだろうな~と考えさせられた。

2012/09/16 16:59

投稿元:ブクログ

おおかみこどもの雨、雪が産まれてから、独り立ちするまでの間ドキドキハラハラしました\(//∇//)\

2013/12/21 17:12

投稿元:ブクログ

う~~~ん。高評価が多いけど私はそんなに面白いとは思えないなぁ。それなりのイベントは描かれているけど、それでどうしたのって感じ。何を描き、何を伝えたかったのかあまり伝わってこなかった。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む